俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



試行
P1030065.jpg 大源太山 (越後湯沢 旭原付近から)  (写真はクリックして拡大して下さい)

 紅葉の進捗具合は如何、と谷川連嶺の北のはずれ 新潟県湯沢町に位置する
大源太山(だいげんたさん 1598m)を訪れた。
上越のマッターホルンといわれる鋭鋒。
遥かな昔、清水峠から眺めた錦秋に染まるこの尖峰は美しかった。

 一か月ほど歩いていないので日帰りで足慣らしをと、湯沢町大源太キャニオンキャンプ場
の奥、旭原登山口から 北沢を渡渉して直登する道を選んだ。

’11.9.27(火) 晴天
 10台ほど駐車可能な旭原登山口、既に新潟や千葉No、2台が駐車。
浦和を出るときは篠つく雨に煙っていたが 三国峠以北は晴天、久し振りの残暑が厳しそう。

P1030032.jpg 8時過ぎ、沢に沿って登山道に分け入る。

 最初の徒渉は 架かっている筈の丸木橋が流され、張り渡されたロープに補助されて渡る。

P1030034.jpg

 シシゴヤノ頭を経て蓬ヒュッテへ向かう「謙信ゆかりの道」を右に分け
さらに北沢を遡る。
ブナの大木とカエデが美しい渓畔林が続く。紅葉にはほど遠い まだ緑の森であった。

P1030039.jpg P1030040.jpg

 再び補助ロープが張られた渡渉点を過ぎ、急登にかかる。

P1030042.jpg P1030062.jpg P1030043.jpg P1030044.jpg
地図上の渡渉点

 弥助尾根と大源太山を繋ぐ痩せ尾根の稜線へのこの直登、
ジグが切って無くほぼまっすぐに登る。
トラロープがずっと垂れ下っているが 登りにはあまり必要は無い。
 この直登路、雨水の流路となっているようで 石は苔が付着、木々の根はむき出し、
石のないところは赤土 とすべてがよく滑る。
下山時に経験するが この補助ロープ、まさしく下山者用であった。

 私の鈍足では休み休み2時間弱の直登をこなし、陽射しの熱い尾根に出て
大源太山の頂を仰ぐ。
この尾根からは 七つ小屋山側から見るあの鋭いマッターホルンと呼称されるような姿
ではなかった。
それでも頂に至る登山道はかなり急登のようだ。

P1030055.jpg 尾根から山頂を仰ぐ

 赤い実のナナカマドの日陰で大休止。

P1030057.jpg P1030061.jpg 陽光溢れる尾根

P1030051.jpg P1030054.jpg P1030053.jpg
七つ小屋山         武能岳           万太郎山方面

 たおやかな七つ小屋山とシシゴヤノ頭の間に、武能岳から蓬峠へ降る笹原の切開けが見える。
三年ほど前の盛夏に 谷川の両耳から一の倉岳、茂倉岳、武能岳を越えて蓬ヒュッテまで
歩いたことが想い出される。(’08年8月 山行クロニクル真夏の谷川連嶺)

 パンとコーヒーでしばらく展望を楽しみ、山頂まで登るかどうか思案していると
銀マットをくくりつけた装備で 私よりは少し若いと思われるご夫妻が到着。
清水峠の白崩避難小屋泊りとのこと。

 先に送り出し、頂への急登に取り付くご夫妻の銀マットが 陽射しにキラキラ輝き
動くさまをずっと眺めていた。
クサリ場にかかると二つの銀マットがついたり離れたり、お二人の労わり合いが
手にとるように見てとれる。

P1030058.jpg 山頂に至る右肩 二つの銀マットが光る

 約1時間、私の代わりのように山頂に立った姿に拍手を送り、下山にかかった。
雨天時は補助ロープがなかったら、流れる水とともに尻もちの連続となりそうな下降路。
沢で涼をとり 3時前には登山口へ戻った。

 この先、私の山歩きはどうなるんだろうと考えさせられた一日であった。

P1030063.jpg                     (写真はクリックして拡大して下さい)



















関連記事


この記事に対するコメント

こんばんは。
紅葉はまだのようですね。
ここのところ冷え込んでいるので来週あたりは
見頃のところが多そうですかね。
紅葉を見たい気もしますが、人が多いので
躊躇してしまいます。

銀マット、けっこう目立つものですね。

山って、自分のペースでのんびり歩くのがいいですね。
【2011/09/28 23:08】 URL | ブル #- [ 編集]

こんばんは ブルさん
 もう立山には雪が来たというのに、上越地方の紅葉は
10月半ば以降になりそうです。

 「自分のペースでのんびり~」、優しいお言葉をいただきましたが
どうも気力の欠如、背中を押してくれる動機づけに欠けてきたようです。
コメントをありがとうございました。

 キラキラと輝く銀マットは、もはやバランスの悪くなった私より
ずっと確かな動きをしていました。
【2011/09/29 00:02】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

今年の紅葉は?
 今晩は 
 大源太山の紅葉は未だ早かった様ですね
 標高は低いけれど、山の形が格好いい大源太山
 10月下旬頃のの紅葉は見事です
 久しぶりに登って見たくなりました
【2011/09/29 21:48】 URL | noyama #B7q/.fmY [ 編集]

こんばんは noyamaさん
 まだまだ夏の残る山でした。
やはり10月下旬ですか。
私のようなフリーの身には 秋はさすらいの季節、
車にシュラフを積んで歩き廻ろうと考えております。
 コメントをありがとうございました。
【2011/09/29 22:49】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

ピークの意味
山歩きの意味を考えると、ピークを踏むことにはこだわる必要もないことに、
最近訪れたある方のブログで気づいたばかりです。
いろいろな楽しみ方があり、ピークを踏むのも一つ、またピークからの眺望も一つだけれど、
歩きたいコースを楽しむ、という生き方の方が、本来の姿なのかもしれないと思っていたところです。
体調に合わせ、自分なりの楽しみ方のできるのが山歩きですよね。
そう考えると、いい趣味だと、つくづく思います。

またいろいろとさすらったいただければ、こちらも励みになります。
【2011/09/30 01:51】 URL | devilman #- [ 編集]

ありがとうございます devilmanさん
 3~4日かけて高嶺の縦走を楽しむのが かっての私の山歩き
でしたが・・・、
日帰りでも 「この峰を越えて ここを歩いてみよう」と
意志を固めないと 怠惰に流れてしまうようです。

 年相応の歩き方、楽しみ方をあらたに身につけ、
この秋の懐に入ろうと思います。
アドバイスをありがとうございました。

P.S ちょっと失意の槍ヶ岳、最終レポを楽しみに待っております。



【2011/09/30 10:52】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

リンクについて
失礼いたしました。
なるべくURLを残すようにしているつもりですが、
つい端折ってしまうことも多いので、ご迷惑をおかけします。
http://cb250rsz.blog104.fc2.com/

こちらは、以前よりリンクさせていただいておりました。
またよろしくお願いします。
【2011/10/01 04:55】 URL | devilman #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/99-7a55d7b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)