俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



荒船山
 群馬県の西部、西上州には特異な岩峰が多い。
鋸歯頭の妙義山を筆頭に 航空母艦のような姿の溶岩台地の荒船山、
緑の中にポコポコと屹立する立岩や鹿岳などなど・・・。

P1020593.jpg P1020581.jpg P1020545.jpg P1020571.jpg
                                        (写真はクリックして拡大してください)

 一日だけ梅雨の晴れ間が覗きそうとの予報に 荒船山(1423m)に向かった。
昨年4月 この地域の星尾の里から立岩に登り、荒船山のピーク経塚山を眺めたが、
その時はこの山まで足を伸ばさなかった。
                                     2010年4月 立岩P1000927.jpg

 今回は 群馬・下仁田から信州・佐久に抜ける信州街道(昔の姫街道)の内山峠から
船の船尾に当たる艫岩に登り、溶岩台地の森を通り抜け、舳先の経塚山まで歩いた。

P1020588.jpg P1020575.jpg 熊情報

「山行クロニクル No.69」 荒船山    単独
’11.6.15(水) 浦和=上信越道下仁田IC=内山峠駐車場
            ~一杯水~艫岩~経塚山~艫岩~内山峠=浦和

 麓の神津牧場への道を分け、2~30台駐車可能な内山峠 8時30分着。
平日の今朝はまだ3台ほど。
のんびり9時、登山道へ。
目線にヤマツツジ、足元にコミヤマカタバミの咲く静かで緑溢れる道を坦々と歩く。
シジュウカラやウグイスなどの小鳥の囀りもさわやか。
谷筋では 久し振りに ポッポ、ポポッ と筒鳥も啼いていた。

登山道 点描
P1020546.jpg P1020541.jpg P1020547.jpg P1020584.jpg

P1020543.jpg P1020544.jpg P1020582.jpg 一杯水

 一杯水で一服。
少し露岩の急登になり標高1350m前後の溶岩台地に立つ。
サラサドウダンの小花、ハルゼミの脱殻、オトシブミなどを楽しみながら艫岩展望台へ。

P1020550.jpg P1020579.jpg P1020574.jpg

艫岩展望台からの眺め
P1020551.jpg P1020555.jpg P1020558.jpg P1020557.jpg

 東西400m、南北1400mの船の甲板のような溶岩台地の森は
小さな沢も流れる樹相豊かで多様な緑に満ちていた。

P1020565.jpg P1020560.jpg P1020572.jpg 台地の森 点描

 船の舳先にあたる経塚山(行塚山)へはちょっとした登り、既に雨雲が低く垂れ込め
しかも木立で視界のない山頂、標識と祠と三角点を確認し、引き返す。

P1020568.jpg 経塚山(荒船山 最高点)

 登山道のあちこちに落ちている緑鮮やかなオトシブミを拾い、その揺籃の見事な
出来栄えに感嘆する。

P1020571.jpg P1020574.jpg オトシブミ (昔の「落とし文」のように見えることから)

 綺麗に巻かれた揺籃の中には 小さな黄色の卵がひとつ収められていた。
よく見ると右捲きや左捲きもある。虫にも右利き左利きがあるようだ。
「落とし文」、この新緑の季節にしか見られない広葉樹の森の風情のひとつである。

 9時~14時の山行で往き交った方々は 10パーティほど、
平日の静かな緑山行だった。

P1020590.jpg                           (写真はクリックして拡大してください)





















関連記事


この記事に対するコメント

こんばんは。

最初の方のつくしみたいのはきのこですか?

オトシブミも知りませんでした。なんかの卵なんですね。

梅雨時期なので雨に降られなければよしですかね。

荒船山はいろいろなところから見ていますが、まだ未踏です。
妙義方面はぜんぜんなので行ってみたいです。
【2011/06/16 22:28】 URL | ブル #- [ 編集]

こんにちは ブルさん
 いつもコメントをありがとうございます。
私もキノコには詳しくないのですが、まだ若いアミガサダケと
思います。(間違ったらごめんなさい)

 若葉でこの揺籃を創るのは 昆虫のオトシブミ科の仲間です。
コナラ、ミズナラ、サワグルミなど、葉を切り取り
葉脈に沿って二つ折りにし捲き上げる という
長さ2cmぐらいの筒状に仕上げています。

 西上州には高い山はありませんが、奇怪な岩峰の宝庫です。
是非 お出かけください。

【2011/06/17 08:31】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

お初です。
何かの縁とでも・・・「山登りできるかな」さんから度々無断で遊びに行っていました。本日遅くなってしまいましたがご挨拶申し上げます。私は4年前から山へ登るようになり「ヨレヨレとぼとぼ」楽しんでいます。今後とも宜しくお願い致します。
【2011/06/18 16:04】 URL | damerabbit #p6CkwyQg [ 編集]

damerabbitさん こんにちは
 遠くオホーツクからのメッセージをありがとうございます。
もはや「山登りできるかな」のRRさんや獅子丸さんのような
ハードな山行はできませんが、いまだ懲りずに山歩きを
楽しんでおります。

 ウエンシリ岳は未踏ですが、「氷のトンネル」でよく知られて
いるようですね。
今月末は「礼文島」の花々を楽しみに訪道する予定です。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
【2011/06/18 16:42】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


荒船山は、見ていると気になる山ですよね。

興味深い自然の観察、楽しく拝読しました。

僕も、4年前の夏に、八ヶ岳に行く途中にちょっと登ってみました。
艫岩の眺めは大変素晴らしかったけれど、それはそれで、穏やかな、静かな、でも暑い山を楽しみました。頂稜に沢が流れているのも、何かユニークです。

でも、その数年後にしんちゃんの作者の方が落ちて亡くなってしまったのは残念でした。

今度、冬晴れの日か,紅葉の季節に行きたいと思っています。

【2011/06/18 21:34】 URL | devilman #- [ 編集]

みつけました。
以前に登った時の記事を探しました。
http://cb250rsz.blog104.fc2.com/blog-entry-805.html
こんな感じで、すごく暑かったのを思い出します。
途中の一杯水で、なにか、ラーメンかなんか作って食べましたが、冷やし中華にすればよかった、と思った記憶があります。
【2011/06/18 21:50】 URL | devilman #- [ 編集]

こんばんは devilmanさん
 この辺りの岩峰は皆ユニークですよね。
早春か晩秋が似合うようにも思えます。山野草より樹木に
関心のある方にお勧めですね。

 艫岩から経塚山への途中、沢を越えた笹藪に
「皇朝最古修武之地」の碑があり、この謂れが気になり
調べております。
「’06年8月のレポ」拝見、ありがとうございました。
【2011/06/18 22:34】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

荒船山
こんばんは

荒船山は険しくも雄々しい山ですね。
こういう岩山は遠くから眺めても壮大な感じがしていいですね。
オトシブミとは、私も初めて見ました!
虫の知恵ですね(笑)
それにしてもやはりそちらの山はクマが出るんですねv-12
看板もだけど、その爪痕!リアルに恐ろしい・・・
けれども、展望台からの眺めや森の緑の木々など
とても楽しめそうないいところですねv-290







【2011/06/20 00:27】 URL | つる姫 #- [ 編集]

九州は大雨、大変ですね
 こんにちは つる姫さん
 春夏秋冬、いつの季節にも見るべき景観があり、
どんな山でもそれなりの良さがありますね。

 谷底の霧の中から低く鼓を打つように湧きあがる
筒鳥の啼き声、半化粧のように白く変色したマタタビの葉が
木洩れ日に光る様は この季節の森ならではの風情です。
 コメントをありがとうございました。
【2011/06/20 09:22】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

俄歩人さん
早々のコメントありがとうございました。昨日のウ・エンシリ岳は途中リタイヤしてしまいました。タイムオーバーでした・・・が・・・快晴の稜線歩きが出来、ミネザクラが迎えてくれて少し満足でした。花の礼文島満喫して下さい。快適な旅でありますように。ありがとうございました。
【2011/06/20 14:31】 URL | damerabbit #p6CkwyQg [ 編集]

西上州
 今晩は ようこそ西上州へ
 西上州の山々は低山ですが厳しい所がありますね
 毎年のように遭難騒ぎあり、私も仲間から単独行を心配されることがあります
 通常ルートを歩いていれば心配ないのですが
 植物に目を奪われたり、油断してよろけたりすると危険な箇所が結構あります

 梅雨の頃、天気さえ良ければ様々な花が楽しめるのですが
 出かけるのに決心が必要で野暮用も重なり焦れております
【2011/06/21 19:43】 URL | noyama #B7q/.fmY [ 編集]

西上州の岩峰は変化がありますね
 こんばんは いつもコメントをありがとうございます。

 確かに、連日の雨で露岩のへつりはツルツルでしたし、
経塚山から立岩へ抜けるルートは崩壊気味で 途中で引き返しました。
今年も艫岩周辺で滑落事故がありましたね。
これからも自重して歩きます。

 尾瀬の自然環境保持に貢献してくれていた東電の施策は
今後どうなるのでしょうか・・・。ちょっと心配です。
 今月末、北海道礼文島へ渡る予定です。

【2011/06/21 21:21】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

俄歩人さん
おはようございます。既に北海道入り?まだでしょうか。突然ですが「俄歩」さんとリンクさせて頂いてよろしいでしょうか?礼文島が晴天に恵まれ花、海の幸を堪能されますように祈ります。
【2011/06/25 05:43】 URL | damerabbit #p6CkwyQg [ 編集]

おはようございます damerabbilさん
 ご丁寧な連絡ありがとうございました。
拙ブログは 基本的にリンクフリーです。
年に一度、サマリー版写真集「岳と花」シリーズを
掲載しております。
 どうぞよろしく。
【2011/06/25 09:08】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

俄歩人さん
早々にご快諾ありがとうございました。早速リンクさせて頂きます。
【2011/06/25 14:10】 URL | damerabbit #p6CkwyQg [ 編集]


 おはようございます。 妙義山と言い立岩と言い、今回の荒船山、
とても魅力的な山が多い地域なのですね。 
どちらかと言うと岩山が好きなので、「行ってみたい・・・」 
と思いながら楽しませて戴きました。
まだ機会の無い山域ですが、いつか出掛けてみたい山です。
【2011/06/28 05:08】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]

こんにちは キレンゲショウマさん
 すみません、北海道 礼文島へ出かけておりまして
御礼が遅くなりました。
 西上州は低山ながら 奇々怪々の岩山の多いところです。
秋の紅葉の頃が、岩肌に広葉樹の錦が映えて美しく
お薦めです。
 
 白い妖精、レブンアツモリソウは残念ながら
もう終わりでした。



【2011/07/02 17:07】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

ブルさん 間違えました
 すみません、「アミガサダケ」ではなく「キイロスッポンダケ」
とのことでした。
キノコは難しく 普段食用にするもの以外、名前が判りません。
【2011/08/05 10:24】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/93-a6f0ff31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)