俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



岳 と 花 Ⅳ
 今年は3000mを超える高嶺を歩くことのない年であった。
隔年訪れていた穂高も好きな北岳へも行かなかった。
が、久方ぶりに越中の剱沢雪渓を歩き奥深い山中の仙人池を訪れ、
「裏剱」を覗いたこと と久恋の山「加賀の白山」を歩けたことが
嬉しい年でもあった。

P1010559_20101215095314.jpg 裏剱・三の窓と八つ峰      (写真はクリックして拡大して下さい)

 還暦を過ぎ病巣を摘出。その後現役を離れ かって友と歩いた学生時代そして
妻と歩いた壮年期を経て、三たび山へ向かうようになったとき、
「自然と向き合える体力、自然を味わえる感性、自然に応えられる知力を大切にしたい」
と念じ、そのことを独り歩きの多い自分と山との係わり方の基本とするように
なって久しい。

 しかし、「秋の落日の如く衰える体調、擦り切れて草臥れてきた感受性、
対応に不精が勝り始めた知識」と山を歩くたびに忸怩たる想いに捉われはじめた
昨今でもある。
それでも山裾に分け入っていくときの淡く期待するような昂揚感、
一服のときの透明な心中、峠や岩や峰に立ったときの静かにこみあげてくる充足感は
いまも変わらない。
                                                 P1010413_20101215101143.jpg

 独り歩きをしていると 山頂で憩うているとき、山小屋の前でビールを楽しんで
いるときなど、同好の方々との会話が増え、
「百名山は幾つ登られましたか?」と聞かれることが多くなった。
今迄、深田百名山にこだわったことは一度もなく、答えに窮することが百々あったので、
あらためて省みると まだ57座であった。
やはり全国に分布する100座すべてを歩くということは目的の如何にかかわらず
大変なものだと想う。

 私自身はピークハントの数が目的ではないので、好きな山は季節を変えて何度でも赴く。
北岳や穂高岳、黒部源流の峰々など幾度訪れたことか・・・。

P1010335_20101215102643.jpg 北穂高 ブロッケン現象

 いつ転移・再発するかも知れないという不如意の中で 身近の小さき者に
「自然を愛する心を育んでもらいたい」「自然の素晴らしさを伝え残しておきたい」
という想いから綴り始めたこのブログも何とか4年続いている。
小さき者も来春は小学生になる。
今年は初登山として高尾山へいざなうことができたことが素直にうれしい。
                                                IMG_1575_20101215103436.jpg

* 年に一度、「岳と花」と題して
 過去1~2年に訪れた山と出遭った花の一部を写真集として掲載しています。
 コンパクトデジカメでの記録ゆえ情緒には欠けますが、クリックして拡大していただければ
 幸いです。


大雪 沼めぐり ('09.6.25)
P1020422_20101215104515.jpg P1020424_20101215104625.jpg P1020426_20101215104739.jpg P1020428_20101215104847.jpg

大雪 白雲岳 ('09.6.27-28)
P1020468_20101215105154.jpg P1020504_20101215105306.jpg P1020519_20101215105421.jpg P1020508_20101215105527.jpg
P1020463_20101215105654.jpg P1020555_20101215105814.jpg P1020556.jpg P1020511_20101215110034.jpg

富良野岳 ('09.6.30)
P1020603_20101215110234.jpg P1020653_20101215110341.jpg P1020608_20101215110448.jpg P1020621_20101215110557.jpg



金峰山 ('09.11.6)
P1000298_20101215110845.jpg P1000321_20101215110924.jpg P1000306_20101215111004.jpg P1000334_20101215111047.jpg

唐松岳 ('09.8.25-26)
P1020747_20101215111259.jpg P1020757_20101215111412.jpg P1020761_20101215111529.jpg P1020783_20101215111642.jpg
P1020780_20101215111917.jpg P1020735_20101215112026.jpg P1020797_20101215112155.jpg P1020733_20101215112307.jpg

浅草岳 ('09.10.6)
P1000055_20101215112429.jpg P1000060_20101215112502.jpg P1000079_20101215112535.jpg P1000087_20101215112612.jpg



立岩 ('10.4.25)
P1000927_20101215112742.jpg P1000958_20101215112826.jpg P1000961_20101215112917.jpg P1000962_20101215113003.jpg

早池峰山 ('10.7.11-14)
P1010277_20101215113136.jpg P1010284_20101215113231.jpg P1010285_20101215113325.jpg P1010292_20101215113417.jpg
P1010267_20101215113533.jpg P1010251_20101215113624.jpg P1010309_20101215113733.jpg P1010270_20101215113824.jpg

水ノ塔山 篭の登山 ('09.10.28-29)
P1000217_20101215114015.jpg P1000249_20101215114051.jpg P1000247_20101215114126.jpg P1000265_20101215114201.jpg



谷川岳 一の倉沢岩壁の四季
P1000563_20101215114347.jpg P1010220_20101215114437.jpg P1010877_20101215114542.jpg P1010882_20101215114644.jpg



追記
 最近読み返していた山の画文集「山とある日(上田哲農著)」にこんなことが書かれていた。
少し長いが引用してみる。
「誰しも山登りを続けているうちに 心惹かれる小さな山頂や、忘れられた乗越しや、
訪れてみたいと思う村落が生まれてくるものだ。
魅力的なその名前にひかれてのこともあるだろうし、影の深い伝説にひかれることもあるかも
知れない。また地図の上に浮彫りされた地形的な面白さにひかれて、是非一度は、
と思うこともあるだろう・・・」

 まさにそう想う。
私もこれからは高嶺や著名にこだわらず、このように心の片隅にひっかかっているところを
訪れてみたい。
自らのイメージに合った季節を選んで・・・。
                                                P1010218_20101215115945.jpg








































関連記事


この記事に対するコメント

こんばんは。

最後の言葉、いいですね。
私はまだまだ登りたい山がたくさんあり、
その境地には達していませんが、いずれは
そうなるんだろうなと思いました。
今年は八ヶ岳にはまってしまいましたが、
来年はどうなることか・・・楽しみです。
南アルプスにチャレンジしたいですね。
【2010/12/15 21:45】 URL | ブル #- [ 編集]

ブルさん こんばんは
 いつも早々のコメントをいただき恐縮しております。
ありがとうございました。
そういえば今年のブルさんは北や南の八ヶ岳詣ででしたね。
南アルプスとなると どうしても泊りがけが多く、
現役の方には日程のやりくりが大変でしょうね。
でも南アルプスのレポ、楽しみに待っております。

 今年は秋以降 結構忙しく、例年のように長期の山行が
できませんでした。
年明けにでも雪の山小屋でのんびり過ごそうかなと
考えています。

【2010/12/15 22:11】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


こんばんは!
読み逃げばかりで失礼しています。

綺麗に纏められ感心させられます♪
こうして纏められると思い出される物がたくさん浮かんでくることでしょう。
今年は私もブロッケン現象の初体験でした。

「山とある日」この気持ち、よ~く解ります♪
もっとも私の場合は、先だつ物、体力不足、等で近場に限られてます。
【2010/12/17 21:35】 URL | 九ちゃん #- [ 編集]

九ちゃんさん こんばんは
 いつもご訪問いただきありがとうございます。
毎年、年の瀬に 来年は何処を歩こうかと考えるためにも
最近の山行を振り返るようになりました。(汗顔の至りです)

 九ちゃんさんのブロッケン体験の写真も拝見しました。
独り歩きではなかなか撮るチャンスが少ない現象ですね。
「英彦山の四季」、いつか期待しております。
コメントをありがとうございました。
【2010/12/17 22:09】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

みちのこさん ありがとうございました
 比較的雪が少ないと想われる青葉城下も白い世界になりそうですね。
いつもポツポツと紡ぐ感性溢れる言葉に 心温まる想いです。
拍手とコメントをありがとうございました。
 どうぞよきお年を迎えられますよう祈り上げます。
【2010/12/26 09:15】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

山野さん ありがとうございました
 昨日から関東地方の峰もやっと雪山らしくなってきたようです。
寒さにはめっきり弱くなりましたが、この季節、やはり
白く輝く稜線が気になります。
年明けには小屋泊りで楽しもうと考えております。

 拍手とコメントをありがとうございました。
どうぞよきお年を迎えられますよう祈り上げます。
【2010/12/26 09:21】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

こんにちは
 v-379しばらくブログから遠ざかっていたのでひさしぶりの訪問です。
美しい写真集に感嘆し、またお孫さんとのエピソードを楽しく拝見させていただきました。
かわいらしい笑顔につられ、見ている私までにっこり。
幸せのおすそわけを頂いたような優し気分になりました。
俄歩人さんのような豊かな人生に憧れます。v-34
【2010/12/26 12:55】 URL | ume #- [ 編集]

Umeさん お久しぶりです
 富士登山疲れ、またこの景況下 ビジネスでご多忙かと
拝察しておりましたが・・・。
優しいコメントをありがとうございました。

 厳冬期はしばらくタウンウオッチでしょうか、
あの軽妙洒脱なタッチを楽しみに待っております。
どうぞよきお年をお迎えくださいますよう祈り上げます。
セレ部の皆さまにもよろしく。
【2010/12/26 13:53】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


こんにちは、

最後に言葉印象的ですね
私にしてみると淵や滝になるのかもしれません
百名山とか誰が付けたのかもあまり興味がなく
冬はきのむくまま。夏は人のいなさそうな沢を。。。

私もいつまで続けられるか。。。

俄歩人さんのコメントいつも心にしみてます

これからも山を楽しんでください
【2010/12/26 22:56】 URL | jan #JalddpaA [ 編集]

ありがとうございます janさん
 ホワイトアウト(地獄)と蒼穹(天国)の谷川岳からお帰りなさい。
朝陽に染まるピンクの雪の稜線をはやくも楽しまれたようで
羨ましい限りです。

 コメントをありがとうございました。
私の雪山行は年明けになりそうです。
よき年を迎えられますよう祈り上げます。
【2010/12/26 23:28】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


今年も又一年間の山行きをご案内頂き有難うございました。
山行文を読んでいますと、登ったことのある山は懐かしく、未経験の山には憧憬の念で
いっぱいになりました。歯切れのよい語り口のなかに暖かい思いがあふれ、串田孫一さんを彷彿とさせて頂き、心地よく読ませて頂きました。又、写真もすべてアップにして楽しませていただきました。特に、花の写真では、それまで分からなかった花の名前が分かった
時の喜びは一入でした。有難うございました。
お体をお大事にして頂き、来年もご活躍下さいますように、期待いたしております。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
【2010/12/30 22:24】 URL | 10-502 #- [ 編集]


 10-502さん こんばんは
身に余るコメントをいただき恐縮しております。
ありがとうございました。

 毎年、一年の山行を振り返るようになって
やはり 基礎体力の衰えのみならず、踏み出す時に
背中を押してくれる衝動が弱くなったことを
意識するようになりました。
でも、まだまだ山歩きを楽しみたいと想いおります。

 どうぞよき年をお迎えくださいますよう祈り上げます。

【2010/12/31 01:17】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


今年一年 お付き合い頂きありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします m(__)m。
【2010/12/31 17:54】 URL | masamsa #VMSHmFFI [ 編集]

こちらこそ
 もうすっかり治癒されたことと存じますが、
北国の冬ですから どうぞ十分にお気を付け下さいますよう。
こちらこそ新しい年もよろしくお願いいたします。

 寒がりで意気地なしのくせに はやく雪山へと
気ばかり流行っている昨今です。
【2010/12/31 18:06】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


      あけましておめでとうございます。 

         今年も素敵な一年となりますように・・・

 年末に一年を振り返る事は、次年度の指標にもなりとてもいいですね!
色々な山や花たちの写真は山への想いを掻き立てられます。
今年も素晴らしい山や風景の楽しみ方を期待しております。
     本年もどうぞよろしくお願い致します。
【2011/01/01 02:16】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]

おめでとうございます
 今朝はここ東京近郊の我が家からも 白富士が眺められる
穏やかな元旦を迎えました。

 今年は九州・九重の連山や北の礼文島に花を楽しむ予定で
楽しく歩きたいと想っております。
ご活躍を祈り上げます。
【2011/01/01 10:33】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。
昨年は、ここを知っていろいろと楽しく拝見させていただきました。
ありがとうございました。

初日の出登山をもくろんでいましたが、大掃除で疲弊し、動けませんでした。

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。
【2011/01/01 15:42】 URL | devilman #- [ 編集]

新年おめでとうございます
 ご丁寧なご挨拶とコメントをいただき恐縮しております。
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。

 この1月は 雪の山小屋でのんびりしようかな と
考えているところです。
【2011/01/01 16:01】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/83-aa7f44cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)