俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



獅子岩(上州子持山)
 夜の会合まで時間があったので、赤城(黒檜山)と伊香保(榛名山)の中間に
位置する子持山・小野子山・十二ヶ岳などで構成される上州の小山塊を訪れた。

「子持山は古い時代の成層火山、山腹には放射状に多数の浸食された岩脈があり、
その中心に主火道の獅子岩がある。
火山が辿る一生を見ることができる地質学的に興味深い山」 とのこと。

 子持山(1296m)の中腹稜線上に聳える獅子岩(大黒岩)を目的に
時間があれば子持山山頂まで登るつもりであった。

P1010994.jpg P1010962.jpg
国道17号線からの子持山遠景    獅子岩頂上     (写真はクリックして拡大して下さい)

「山行クロニクル No.63」 獅子岩        単独
’10.11.24(水)浦和=関越道渋川・伊香保IC=子持神社奥の院参道・7号橋駐車場
            ~屏風岩~獅子岩分岐~獅子岩~子持山分岐~屏風岩~駐車場=浦和

 晴天 微風、奥の院7号橋駐車場 9時30分着。
気温5度、平日でも既に2台の車があった。

P1010942.jpg P1010991.jpg
登山口            生息する野鳥図

14時までにこの駐車場に下山となると子持山山頂往復は難しく、
獅子岩(936m)のみを楽しむことに気持ちを切り替え、
10時、奥の院の太鼓橋を渡る。

 立ちはだかる屏風岩、その基部には役の行者像が安置されていた。
スギの人工林を分け小さな沢に沿って登山道を詰める。
ところどころにある地元中郷小の生徒による標識が微笑ましい。

P1010944.jpg P1010947.jpg
屏風岩

 50分ほどでスギ林を抜け 明るい落葉樹の自然林に入り、裸木の中の急登となる。
この落ち葉に埋もれた急坂、滑ること また深い落ち葉に隠れた石など
結構 気を使わされる。
カエデ クリ コナラなどの他 判断の難しい樹木には、アカシデ クマシデなどの
シデ類やミズメなどの標識が付けられていた。

P1010949.jpg 落葉樹林帯の急登

 やがて6号橋からの登山道を併せてツツジやナツツバキなどの裸木に縁取られた
尾根に出て、獅子岩分岐。
浸食され残った溶岩の突起が目につく。

P1010951.jpg 獅子岩分岐

 ここから獅子岩への急登、踏ん張って大岩の裾へ。
さらに鉄クサリのハシゴとクサリの2段の垂直な岩を攀じり、岩上へ。

P1010952.jpg 鉄クサリのハシゴ

 この溶岩の頂は結構広い。
ピークには御嶽山神社・八海山神社・三笠山神社と彫られた碑が屹立していた。
風は少し出てきているが 高空に晩秋の雲が流れる晴天。
360度の素晴らしい展望が拓けていた。

P1010966.jpg P1010967.jpg 獅子岩頂の碑


P1010964.jpg P1010970.jpg P1010956.jpg
間近に子持山       沼田市の北に武尊山   皇海山奥に冠雪の日光白根山

P1010971.jpg P1010963.jpg
黒檜山方面         冠雪の浅間山方面

 昼食 大休止。岩上で独り静かなひととき。
陽光 高く青い空 すじ雲 静寂、遥かな白銀の嶺々を飽くことなく眺め
満足感に浸る。
食後の熱いコーヒーが想いを深めてくれる。

 12時30分、再びクサリとハシゴを使い 子持山方面へ降る。

P1010972.jpg P1010973.jpg P1010979.jpg 獅子岩を降る

 子持山分岐で獅子岩を振り返る。

P1010977.jpg P1010981.jpg P1010985.jpg 獅子岩・ピークに碑が立つ

 登路に戻り そのまま下山。
14時少し前には駐車場に降り立ち、帰路へ。
伝え聞いていた通り 低山ながら登り応えのある獅子岩からの眺望は
すばらしかった。

P1010988.jpg 奥の院 沢の落葉    (写真はクリックして拡大してください)















関連記事


この記事に対するコメント

子持山ですか。一度行こうと思っていたところです。
獅子岩の展望はすごいですね。
ぜひ、秋晴れか冬ばれの日に訪れたいと、気持ちが高まってきました。
きれいな写真、ありがとうございました。
【2010/11/26 23:13】 URL | devilman #- [ 編集]

お薦めです
 上州子持山、地味ではありますが歩行距離の短い割には標高差があります。
小尾根から山頂への稜線は 紅葉の季節は素晴らしい景観だったことと
想像できました。

 また 厳冬期の着雪時は結構手強そうですが、晴れた日の眺望は
きっと満足されることでしょう。
メッセージをありがとうございました。

【2010/11/27 08:54】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


おはようございます。

子持山、いいですね

昨年も企画だけはしたのですが、
結局違う山に行きました。
一等三角点の山ということで眺望も
期待できそうな感じです。

獅子岩の鎖、梯子は手強くないですか?

自分は5号橋に車をとめて、周回しようかな
と思ってます。
【2010/11/27 11:18】 URL | ブル #- [ 編集]

北関東の峰々の展望をお楽しみください
 手近な展望の山、古い火山地形を楽しめる山としてお薦めです。
獅子岩も立派です。
ハシゴは約6mと短く、クサリはほんのチョッと。
三点確保で登れば全く問題ありません。

 私は時間的余裕が無く子持山山頂まで至りませんでしたが、
柳木ヶ峯から山頂へも少し設置されたロープに頼るようです。
山頂では、獅子岩からは武尊山に隠れていた谷川連嶺も見えるとのこと。

 7号橋駐車場~屏風岩~獅子岩~柳木ヶ峯~子持山山頂~
柳木ヶ峯~大タルミ~8号橋~7号橋
の周回がお薦めのようです。
メッセージをありがとうございました。
山頂からのレポ、期待しております。
【2010/11/27 13:20】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

関東平野の行き止まり
 今晩は
 子持山はもう関東平野からは外れていると思いますが
 獅子岩から見る景色、関東平野を睥睨する感じで良い気分ですネ
 見る角度によっては鷲が翼を少し広げて立っているようにも見えます
 好きなところです 
【2010/11/30 20:49】 URL | noyama #B7q/.fmY [ 編集]

noyamaさんの庭を歩いてきました
 こんばんは、いつもコメントをありがとうございます。
半日強時間ができたので 子供の頃歩いた赤城や榛名の山々を
懐かしく眺めてきました。

 子持山は初めてでしたがなかなか良い峰ですね。
沼田の街が良く見えました。
この獅子岩、柳木の峯まで登れば鷲のように見えるのでしょうね。
【2010/12/01 00:23】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/81-565e2858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)