俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



高尾山
P1010749.jpg P1010752.jpg IMG_1575.jpg
                                (写真はクリックして拡大してください)
 
 拙ブログ「俄歩」(がふ)のメインターゲット:孫娘Mei(5歳)、
10.24(日)、初めて山に登る。
東京都の西、標高599mの高尾山へ。
 この高尾山、いまや年間250万人が訪れる名所とか。
そういえば私も60年もの昔、小学校の遠足で登ったことがあったが。

P1010791.jpg 登山道図
  
 Meiのママ&パパ、それに私達夫婦、皆小さな小さなリュックを背中に勇躍歩きはじめるが
先行きを考え、麓の清滝からリフトを使い 1号路途中までショートカット。
スキーの好きなMeiはケーブルカーよりリフトが好き。

P1010719.jpg P1010728.jpg
Mei

 日曜日とて、大勢の老若男女に混じり、上げ潮のゴミのように
あちこちのお茶屋や社殿のお札所にひっかかりながら1号路を歩く。
樹林の山道は帰りの楽しみ。
薬王院、厄除の錫杖を鳴らし本堂・権現堂・奥の院へと石の階段を頑張る。

P1010733.jpg P1010742.jpg
1号登山路を歩く  錫杖を鳴らす

P1010739.jpg P1010746.jpg P1010747.jpg P1010752_20101024212736.jpg
おみやげ          お参り            おみくじ           ちょっと休憩

 山頂広場、曇天の中 頭が隠れた富士山を眺めながら昼食。

P1010756.jpg P1010760.jpg

 この山の紅葉は11月下旬、まだまだ緑濃い森だ。
趣のある沢沿いの6号登山路は 今日は登りの一方通行規制のため、
帰りはカツラの樹林を辿る3号路とする。
 ドングリを拾い、スギの大木や白灰色の大きなキノコに歓声を挙げるMei。
疲れも見せずにしっかりと歩く。

P1010769.jpg P1010772.jpg P1010774.jpg (前を歩く人はもうヨレヨレ)

「面白かったあ、ちっとも疲れなかったよ」と元気に下山。
お蕎麦を食べ お饅頭屋に寄り、山デビューを終えた。
このまま自然を愛する心を育み、いつの日か山を楽しむようになって欲しい と
願った日であった。

IMG_1575_20101024215414.jpg Photo by Meiママ

                         (写真はクリックして拡大してください)


関連記事


この記事に対するコメント
ルンルン気分が目に映りました!
俄歩人 さま

孫娘さまの山デビュー! i-259 おめでとうございます!

皆さんに いちばん愛されている山に案内され、お孫様も さぞ楽しかったのでは ..と思います。
年間250万人も訪れているのですか?
すごいです!

想像しますと、この登山、いちばんルンルンだったのは俄歩人 さまだったのでは?i-237 と 思わず頬が緩んでしまいました! 

ご家族での高尾山 山行 ..これからの良きメモリアルデーとして、きっと心に刻まれることと思います ..。

皆様に 末永く幸あれ とお祈りいたしております。     山野 そう太郎

  ※ 微笑ましくて ..ついつい絵文字を入れてしまいました!
【2010/10/25 11:58】 URL | 山野 そう太郎 #- [ 編集]

ありがとうございます 山野さん
 おっしゃるとおり このチビちゃんが山の自然に目覚めてくれる第一歩に
なるか・・・、と思うと胸が弾みました。

 いつか大きくなって、この拙ブログを読んでくれる機会が訪れることを
願っています。
その折は、山野さんの熱いエールに笑顔がこぼれることでしょう。
 いつも拍手とメッセージをありがとうございます。
【2010/10/25 13:05】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


山デビュー、よかったですね。

やっぱり登ったあとおもしろかったというのが
一番ですよね。楽しいが一番。
楽しさを重ねてだんだんステップアップです。

こんな小さなうちから山の楽しさを味わえる
なんて幸せですね。
【2010/10/25 22:45】 URL | ブル #- [ 編集]


 ありがとうございます ブルさん
いまのところは日常と離れた自然の空間を歩く ということを
体験させたく思っています。

 確かに 面白かった・・・というのが一番ですね。
メッセージをありがとうございました。
【2010/10/26 08:42】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

はじめまして・・・
私のブログへご訪問頂きありがとうございました。

3世代の初めての山歩き楽しく読ませて頂きました。
昔は、子ども3人を連れてよく山に登った頃を懐かしく思い出しました。

高尾山は5年ほど前の春に妻と歩いたことがあります。
山と薬王院などの歴史と色々と楽しめますね。
その前は10年前の11月はじめにに相模湖から城山沢と
いう沢登りをしたその2回しか登っていませんが、
いつも大勢の人で賑やかですね。
それだけ人々に愛されている山ですね。

Meiちゃん、山が好きになるといいですね。
【2010/10/29 13:49】 URL | オコジョ #H6hNXAII [ 編集]

こんにちは オコジョさん
 「オコジョの散歩道」、高峰高原・篭の登山のカラマツの自然林が
好きで、レポを懐かしく拝見させていただきました。
また次のレポを楽しみにしております。

 孫娘がこのブログを読んでくれるようになるまで、まだまだ十年は
かかると思いますが、それを楽しみに綴っていくつもりです。
ご丁寧なメッセージをありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
【2010/10/29 16:21】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

優しいメッセージをありがとうございました
 いざ一緒に歩きはじめてみると、今度は何時まで
一緒に歩いてくれるだろうか…などと考えてしまいます。

 キレンゲショウマさんのように自然を愛し 楽しむように
なって欲しいと願っております。
ありがとうございました。
【2010/10/30 10:11】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


お久しぶりです。
いつもコメントありがとうございます。

いや~~v-411嬉しいですね。待望の山デビュー。
popoもとても楽しみにしていたMeiちゃんの山デビューでしたから本当に嬉しくて・・・。
良い山を選び、楽しく行ってこられたご様子、み~んなのニコニコが見えてくるようです。

これからが楽しみですね。
自然の大好きな、素敵なお嬢さんになりますよ。きっと。
【2010/11/07 20:17】 URL | popo #- [ 編集]

一緒に歩きました
 こんばんは popoさん
往きはお茶屋やお札所に寄り道、帰りの樹間の道はドングリを拾い
大きな茸に歓声をあげ、スギやカツラの大木に抱きつき・・・と、
初登山は家族で楽しい一日となりました。

 メッセージをありがとうございました。
また時を得て連れて歩こうと考えています。
(できればお嫁に行くまで・・・)

【2010/11/07 21:12】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

はじめまして
はじめまして。
悟空の笑顔と申します。
お孫さん可愛いですね^^
涙が出そうです。幸せな後ろ姿を見てると。
私もいつも日か孫と手を取って歩きたいと思いました。
本当に心癒されました。ありがとうございます。
【2010/11/17 18:06】 URL | 悟空の笑顔 #- [ 編集]

暖かいメッセージをありがとうございました。
 こんばんは 悟空の笑顔さん
 私の方こそ 愛犬悟空と娘さんとの登山風景を楽しませていただき
ありがとうございます。
既に一緒に山を楽しむ娘さんがおられ、羨ましいですね。

 最近、九州在住の方々とのコミュニケーションが増え
ますます九重の峰々への想いが強まっているこの頃です。
これからもお暇な折は是非覗いてみてください。
よろしくお願いいたします。
【2010/11/17 19:37】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/76-d9398bf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)