俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



木曽駒ケ岳
P1010648.jpg P1010638.jpg P1010618.jpg
木曽駒ケ岳         陽光に映える紅葉    宝剣岳   (写真はクリックして拡大してください)

 日のつまる秋。散り際を飾るようにとりどりの錦がはじける秋は、
春とはまた一味異なった旅情をいざなう。
毎年、旅心を掻き立てられ、さまざまな秋を求めて あちこちの峠や峰を
放浪する習わしであったが、今秋の我が家はイベントが集中、
三日と家を空けられない日々が続いている。

 はやくも去り往く高嶺の秋を求めて、やむを得ず日帰りで
木曽駒ケ岳・千畳敷カールを訪れた。

「山行クロニクル No.60」 木曽駒ケ岳     単独
’10.10.8(金) 菅ノ台駐車場=しらび平=千畳敷
            ~八丁坂~乗越浄土~中岳~駒ケ岳~乗越浄土~八丁坂~千畳敷

 猛暑の夏と急転直下の冷気、異常気象を是とするもの そうでないものが
入り混じった秋、そんな感じの千畳敷カールの紅葉であった。

千畳敷カールの紅葉
P1010623.jpg P1010619.jpg P1010622.jpg

P1010625.jpg P1010624.jpg P1010627.jpg


登山道 点描

P1010628.jpg P1010630.jpg
八丁坂        見上げる宝剣岳


P1010632.jpg P1010633.jpg
乗越浄土から宝剣岳   天狗岩と三ノ沢岳


P1010634.jpg P1010637.jpg P1010638_20101009115956.jpg
中岳山頂          ガスの駒ケ岳       紅葉輝く三ノ沢岳への稜線  


 翌土曜日からの三連休は雨の予報とて 平日でも登山者が多く、
ガスに捲かれて眺望のきかない山頂も賑やかであった。
昼食後、雲中の宝剣岳を諦め、早々に往路を降った。

P1010646.jpg P1010639.jpg P1010644.jpg
最後の登り         駒ケ岳山頂(2956m)  晴れ間が覗く木曽谷側


帰途 点描
P1010651.jpg P1010654.jpg P1010657.jpg


 2~3日の予定がとれれば空木岳方面へ縦走するか、せめて静かな三ノ沢岳へでも・・・、
といささか残念な想いを抱いて下山。

 千畳敷カールは 次々と臨時便のロープウエイで昇ってくる団体客で一杯、
皆、それぞれの秋を楽しんでいた。

 早春と晩秋、歩く山の色は残雪と錦と大きく異なるが、この両季節、
胸中に湧いてくる感慨はやはり放浪願望であろう・・・。
                             (写真はクリックして拡大してください)    
               
  

関連記事

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

こんばんは。

もう紅葉が進んでいますね。
ほんとうにあっという間に山の秋は
過ぎていってしまう感じがします。
平日でも人が多いんですね。

私は明日の夕方出発して、麦草峠で
車中泊して北横岳に行こうと思ってい
ます。北八の紅葉が楽しみです。
【2010/10/10 00:29】 URL | ブル #- [ 編集]


 ブルさん、こんにちは
この秋は 高所ではアッという間に深まったようで、ナナカマドでも
真っ赤なものもあれば 色づく前に葉先を巻いてしまったものもあり、
いまひとつの感がありました。

 北八つの今度のルートでは 縞枯山荘近くの草もみじや
北横岳直下の坪庭あたりが見頃かも知れませんね。
帰途の渋滞が大変そう。

 メッセージをありがとうございました。
【2010/10/10 08:30】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


こんばんは!

見事な景色に圧倒されます♪
流石に紅葉が早いですね。

今日の北九州の平地の気温は25℃とか。
九重連山は月末かな~?
【2010/10/10 21:08】 URL | 九ちゃん #- [ 編集]


 こんにちは 九ちゃんさん
木曽や伊那地方では 2000m付近まで 紅葉が降りてきました。
今年は標高があまり高くない峠や里山の方が
鮮やかな色彩になりそうです。

 東北ではマツタケが豊作、リンゴは2割が暑さ焼けとか、
異常気象の影響がいろいろ出てきています。
メッセージをありがとうございました。

 九州の秋の風情を楽しみに待っております。
【2010/10/11 08:10】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

 秋本番
 今晩は 久しぶりの山行ですね
 連休は雨模様なので山の混み具合も少し控えめだったでしょうか
 今年は夏暑く、冷え込みも弱いので鮮やかな紅葉とはいかないようですが
 自分も日帰りでも出かけられる幸せを感じております
 秋の良い日に連泊縦走が出来る日が来ることを念じております
【2010/10/11 17:18】 URL | noyama #B7q/.fmY [ 編集]

ありがとうございます、noyamaさん
 近郊の峰以外、日帰り行はあまりしないのですが、もう一カ月以上も
山行なく、高嶺の紅葉も終わりそうで ともかくも駈けつけてきましたが、
あわただしく、観光客のような気分でした。
やはり 私には2~3日ののんびり山行が合うようです。

 秋の尾瀬行レポ、拝見しました。
草もみじのアップの美しいこと・・・、プロの手になるようです。
メッセージをありがとうございました。
【2010/10/11 18:50】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


こんばんは!

こんな険しい山を日帰りとは健脚ですね♪

北部九州の九重連山も標高の高い所では錦秋とは言えませんが色づき始めました。
【2010/10/16 20:00】 URL | 九ちゃん #- [ 編集]


 ここは森林限界を越えた2600mの千畳敷カールまで
ロープウエイで一気に登れてしまう山なんです。
いつも老若男女の観光客で溢れています。
しかし、紅葉には少し遅すぎました。

 ですから九ちゃんさんの九重の紅葉を観るのが
楽しみです。コメント、ありがとうございました。
【2010/10/16 22:22】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


 こんにちは!
限られた日程の中で秋の山を楽しまれたのですね。
やはりそれぞれの季節の中に身を置きたいですよね?

 またいつもの我歩人さんのようなゆったりとした山行きが出来るように
なるといいですね。

 こちらも富士山5合目から徐々に紅葉が下り始めています。
【2010/10/21 10:29】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]


 おっしゃるとおり四季折々その自然にあった情景のなかに
身を置けたら 最高ですね。
我儘をいえば やはり秋はのんびりと漂う感じの山歩きが
望みです。
 コメントをありがとうございました。
【2010/10/21 22:30】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/74-047875d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)