俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



白砂山
P1010196.jpg 白砂山          (写真はクリックして拡大してください)

 梅雨入り後の貴重な晴れ間が覗きそうとの予報に、前日から友人達と箱根へ遊山に
行っている妻に電話を入れ、家を飛び出した。
関越道 渋川・伊香保ICを降り、八ツ場ダム橋梁工事中の吾妻渓谷を抜け
(旧)六合(くに)村に入る。

 この六合村、かって妻や友人達と沢渡温泉から暮坂峠を越え 草津温泉へ
旅した道であり、もっと古くは東京オリンピック直前の晩夏に夜通し走り
友人と野反湖畔を散策した青春時代の想い出の地でもある。

 若山牧水が愛した 路傍に道祖神が佇む旧六合村は 現在、中之条町に吸収合併され、
行政上はその名を留めなくなったが、まだ村落の施設の多くはその名を残している。

 群馬・長野・新潟の三県境にある白砂山(2139m)へ
野反湖畔から登るべく、旧六合村・尻焼温泉に前泊した。


「山行クロニクル No.56] 白砂山      単独
’10.6.17(水)尻焼温泉(前泊)=野反湖登山口~ハンノキ沢~地蔵峠~地蔵山
           ~堂岩山泊場(水場)~堂岩山山頂~地蔵山~野反湖
           =旧六合村=吾妻渓谷=関越道 渋川・伊香保IC=浦和

P1010160.jpg P1010158_20100618133611.jpg
野反(のぞり)湖            白砂山登山口

 昔、昭和30年代の終わりにこの地を訪れた頃は、まだ 野反湖から白砂山への
登山道はなかった。
残雪期に 苗場山~赤倉山~佐武流山~白砂山へ縦走する猛者達の山行記が残されている
くらいであった。
既に 駐車場には釣人以外に山歩きと思われる車が3~4台止めてあった。

 シャツ一枚でも暑いくらいの晴天下、8時に山道へ分け入る。
新緑が眩しいハンノキ沢の木橋を渡り、地蔵峠への登り。
周囲はオオカメノキ、カエデ、コシアブラ、ミズナラ、ブナなど、林床はネマガリタケ、
早くも汗だくになりながら鈍足にムチ打つ。

P1010176.jpg ハンノキ沢

 地蔵山直下は急登、しかも信越国境の峰特有のブヨの大群が悩ましい。
この地蔵山から白砂山の前山である堂岩山が望まれるが、白砂山はこの山に隠れて
見えない。
反対(西)側は野反湖を眼下に、岩菅山や志賀高原の峰々が眺められた。

P1010177.jpg P1010181.jpg P1010186_20100618135758.jpg P1010193_20100618135846.jpg
地蔵峠           堂岩山をのぞむ      岩菅山            志賀高原の峰々  

 堂岩山の泊場(水場分岐)あたりから、ダケカンバ、ツガ、シラビソの大木が
深山の雰囲気を醸し出し、標高1900mくらいでは 長さ200mほどの雪道が
あらわれた。

P1010188.jpg P1010191_20100618140658.jpg P1010192.jpg P1010204_20100618140952.jpg
水場への分岐       登山道 点描

 堂岩山 山頂、11時30分着。
体力の衰えを痛感する昨今は、登りは標準コースタイムより1時間もオーバー。
地表にはイワナシ、目線の高さにはミネザクラが咲く堂岩山(2051m)の山頂からは
やっと望めた白砂山への稜線が素晴らしい。

P1010196_20100618141801.jpg P1010199.jpg P1010202.jpg
白砂山への稜線      堂岩山 山頂       佐武流山(左奥)方面

 しかし、炎天下の白砂山への稜線はあまりにも暑そう。
山頂には先行者の姿が小さく見える距離なのに 足が出ない。
昼食を摂り 1時間滞留。
体調との兼ね合いで 稜線を眺められただけでもと言い聞かせ下山にかかる。

 この一等三角点・白砂山への稜線、紅葉の季節はさぞ美しいことだろう と
想像する。
昨今、200名山とされているが、名山好みの方だけでなく
一般の山好きの方にはお薦めの峰。
体調を整えあらためて訪れたいと願う峰であった。

 それにしてもわずか3年前には 立山室堂から「龍王岳~五色ヶ原~越中沢岳
~北薬師岳~薬師岳~太郎平~折立」や
「鹿島槍ヶ岳から針ノ木岳」を縦走していたのに、体力の衰えは足早に訪れるもの
と実感する昨今である。



前泊した尻焼温泉
P1010152_20100618143618.jpg 川床の露天風呂

 尻焼の由来は、この川床から涌く湯でお尻が焼けるように熱いということから。
しかし、前日までの雨による増水と濁りでこの日は入浴できなかった。

秘湯を守る会会員「関晴館」の湯
P1010171.jpg P1010168.jpg P1010173.jpg
内湯             露天風呂

ハルゼミの声を聴きながら楽しんだ源泉
カルシウム・ナトリウム・硫酸塩・塩化物泉、源泉 55度、掛け流し。

                          (写真はクリックして拡大してください)





関連記事

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

夜通し走るとは、驚きました♪
本格的なハイカーってことを再確認しました。

炎天下のなか残雪を求めて・・・♪
九州では適えません。

川床の露天風呂は、半天然露天風呂のようですね。
下山後はこんな湯に浸かりたいですね。
【2010/06/18 16:52】 URL | 九ちゃん #- [ 編集]

九ちゃんさん こんにちは
 いえいえ夜通し走ったのは若き日のことです。
今回は温泉に前泊したにもかかわらず、白砂山、撤退でした。
でも懲りずにまだこの趣味を続けようと念じております。

 前日までの雨、増水した川床の天然温泉は入れませんでしたが、
まだまだこんな風情があることに喜びを感じます。

 早々のコメントをありがとうございました。
過日、奈良方面遠征の折、大峰山でオオヤマレンゲを観られなかったので
九州遠征の折には ミヤマキリシマとオオヤマレンゲを
楽しみにしております。
【2010/06/18 17:55】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


野反湖から八間山に登ったとき、頂上から「白砂山」や「岩菅山」が見えました。
いつかは・・・・と思いつついまだに行けない「白砂山」
今となっては「憧れの山」になりそうです。

年齢とともにに体力が衰えるのは確かですが、その日の体調や、気温も大きいと思います。
3年前にそれほどの山を縦走されているのですから・・・まだまだ大丈夫!!

賑やかな春ゼミの大合唱を聞きながらの、秘湯を守る会会員「関晴館」の温泉。
行きたくなりました。

いつも、余裕のある楽しい山行を楽しまれる記事に、共感しながら見せていただいています。


【2010/06/20 10:07】 URL | popo #- [ 編集]


 こんにちは、Popoさん
 そうですか、野反湖から八間山へ登られたことがあるのですか。
白砂山からの帰路、そちらへ廻って下山と考えておりましたが、なんの
白砂山までも届きませんでした。

 山頂や鞍部に営業小屋のある北アルプスと異なり、もっと早立ちを
しないといけませんね。
スポーツジムをさぼっている結果が現実となりました。

 Popoさんもよく利用なさる秘湯を守る会の宿、やはり湯だけは
お薦めですね。
「元気づけ」、ありがとうございました。
 この白砂山、紅葉の季節にまた訪れようと思います。
その折は、真っ先にご報告いたします。
【2010/06/20 12:44】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

六合村
 今晩は
 野反湖はこれからニッコウキスゲの季節を迎えます
 白砂山から佐武流へ抜けてみたいと思ったことがありましたが
 藪で相当厳しいと聞き止めました

 ここから車で秋山郷に行ければ近いのですが
 六合村と長野県栄村は国道の開通を願って毎年議員さん達が徒歩で行き来をしていた話を聞きました
 不便な所も取っておいた方がしれませんね 
【2010/06/20 16:21】 URL | noyama #B7q/.fmY [ 編集]

今晩は noyamaさん
 この六合村あたりもnoyamaさんにとっては地元の範囲でしょう。
ニッコウキスゲの咲く野反湖は 昔と同じようにハイカーで賑わうことでしょうね。
大好きな秋山郷へこの六合村から抜けられたら随分と便利でしょう。

 いつもコメントをありがとうございます。
先週も山へ、そして翌日は家庭サービス と相変わらず精力的な日々を
お過ごしですね。
次はどちらを歩かれるのか いつも楽しみに待っております。
【2010/06/20 16:47】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


こんにちは
六合村ですかーーー
思い入れの強いエリアです
野反湖のあの景色は日本では無いですよね
カナダとかニュージーランドとかですね
いやー久々に行きたくなったです!!
白砂川は魚族不在を知らずに永遠と竿を振ってた20年前とか。。。

ありがとうございます!
【2010/06/20 23:24】 URL | jan #JalddpaA [ 編集]

こんばんは
 janさんにとっても想い出の野反湖、湖畔一周を楽しむハイカーの
多いところですね。
訪れた日は平日でしたが、山へ入る人よりも湖での釣人方が
多かったようです。

 白砂川は魚族不在ですか・・・知りませんでした。
宿では鮎を供されましたが。
六合村、昔と変わらず静かで落ち着いた風情でした。
この次はもっと早立ちして頑張ります。
 コメントをありがとうございました。
【2010/06/21 00:03】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

白砂山
野反湖までは行ったことがありますが、
静かでいいところですよね。
白砂山は行程が長く、自分の体力では
ちょっとつらそうです。
でも静かで落ちついた山歩きが楽しめそうです。
もうちょっと体力がついたらいってみたいです。

いい温泉をいっぱい知っていますね。
【2010/06/22 00:17】 URL | ブル #- [ 編集]

ブルさん こんにちは
 メッセージを戴いた方のほとんどの方が一度は訪れたことが
ある という登山口の野反湖、
湖畔は明るく拓けているのに人工物が少なく、いかにも
高原の湖という感じがします。
白砂山の稜線は新緑か紅葉の季節がお薦めですね。

 辺鄙なところに散在する秘湯を守る会の宿、奥さまとご一緒の
山行基地として是非利用してみてください。
http://www.spa.or.jp/hito/
 いつもコメントをありがとうございます。
【2010/06/22 09:42】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/68-74a1e686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)