俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



奈良田温泉
「日本秘湯を守る会」という湯宿がある。

P1010141.jpg                   (写真はクリックして拡大して下さい)

 昭和50年(1975年)に組織化された全国約190軒の温泉宿である。
                    http://www.spa.or.jp/hito/
秘湯とつく温泉ゆえ、どちらかといえば山溢の辺鄙な一軒宿が多く、私は登山基地として
また、周辺観光の拠点としてもよく利用している。

 中部地方より北に多く所在、近畿・中国・四国地方は少ない。
既に190軒中半数以上の宿の利用経験があるが、基本的に「源泉掛け流し」を
守っている湯は、湯の清潔感と周辺の景色にあった情緒豊かな風情を味わせてくれ、
裏切られることが少ない。

 鄙びていても荒々しいままであっても、明日の峰への想いや下山後の充足感を
膨らませてくれる源泉の湯である。
湯を循環し、塩素系の消毒薬の臭いの漂う温泉は、どんな立派な風呂であっても
私には銭湯にしか思えない。


 奈良田の湯
 南アルプスの麓 早川沿いに昔の登山基地・西山温泉のさらに上流にこの奈良田の里が
ある。鳳凰三山を開いた女帝 考謙天皇が湯治したと伝えられ、昔から
白峰三山の下山に大門沢を使う岳人に親しまれている温泉である。

P1010125_20100607103237.jpg P1010143.jpg
早川             奈良田湖

 「七不思議の湯」と名付けられた白根館の源泉
           含硫黄・ナトリウム 塩化物泉     49.8度
           源泉掛け流し、秘湯を守る会会員

P1010135.jpg P1010131_20100607103826.jpg P1010136_20100607103917.jpg 内湯

P1010138_20100607104013.jpg P1010134.jpg 露天風呂

 妻はこの湯がことのほか肌に合うようで昔からよく利用していたが、二年ほど前
乾燥肌の孫娘を湯治させたところ やはり効果がみられたので、再び伴って訪れた。

P1010126_20100607104626.jpg P1010128_20100607104714.jpg
孫娘:Mei

 彼女は夜寝るまでに4度、朝はチェックアウトまでに3度、都合7回も遊びながら入浴、
効果が期待できそう・・・。


 翌日は 七面山の登山口を抜け下部温泉を経て、富士五湖のひとつ本栖湖へ向かい、
日本一の山を孫娘に間近に見せるため、スバルラインを走り五合目まで登った。

 諸外国からの観光客を含め人の多さに驚き、まだ残雪の山肌を眺めて ふーんと
目を大きくしていたが、「登ってみたいな」とは言わず、
富士山の形をした名物のメロンパンにかぶりついていた。

P1010146_20100607111213.jpg 五合目からの山頂
                               (写真はクリックして拡大してください)

201006061332002.jpg 富士山のメロンパン    photo by Meiママ


  
関連記事


この記事に対するコメント
富士山メロンパン
こんばんは。
素敵な温泉ですね。
山歩きに行くと日帰り温泉ばかりで
のんびり温泉宿に泊まることがないですね。

富士山メロンパン、昨年食べました。
見た目だけかと思いましたが、味も
おいしかったです。
【2010/06/07 21:25】 URL | ブル #- [ 編集]

ブルさん こんにちは
 新緑の清々しい季節、孫の湯治を兼ねて家族小旅行を
のんびり楽しんできました。
 秘湯を守る会の宿は源泉の湯量が豊富で、湯を大事にして
いますので、温泉好きにはお薦めです。(立ち寄り入浴も可)
私の山行では 近くの会員宿を探していつも利用しています。

 富士山型メロンパン、なかなか愉快な商品ですが、
結構おいしく食べられました。
 コメント、ありがとうございました。
【2010/06/08 09:10】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


 こんばんは!
奈良田温泉、そして富士山の向こう側(山梨)を楽しまれたのですね。
お孫さんもご一緒で、とても素敵な時間を過ごされたようですね。

 奈良田温泉は我家でも人気です。 以前は公営の日帰り温泉ばかりだったの
ですが、この温泉を知ってからはこちらの日帰り温泉で楽しませて貰っています。
まだ宿泊した事はないのですが・・・・・
暫く温泉巡りから離れていますので、何だか温泉虫がウズウズして来ました。
【2010/06/08 23:35】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]

こんにちは
 キレンゲショウマ家も愛好されているこの奈良田温泉、辺鄙な所にあるのに
結構人気の高い湯ですね。
中央自動車道から遠く、我が家からは日帰りにはちょっときついのですが、
孫の肌にはっきりとした効果がみられれば 頑張って通うようになるかもしれません。

 この含硫黄・ナトリウム・塩化物泉は全国に比較的多い泉質ですが、
秋田の鷹の湯温泉、長野上高地の坂巻温泉など、いずれも我が家からは
遠いのが残念です。
 いつも拍手とコメントをありがとうございます。

 まだ山よりメロンパンが好きな孫娘でした。
【2010/06/09 09:39】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

みちのこさん こんばんは
 拙ブログをご覧いただき、また拍手とコメントをありがとうございました。
山よりはまだメロンパン・・・ですが、 自然に興味を持つ心は
少し育まれているようにも思える昨今です。
就学前に少しでも体質改善が進めばと願っています。
【2010/06/09 20:04】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

日本秘湯を守る会
meiちゃん、可愛く大ききなりましたね。
お山デビューが楽しみです。

奈良田温泉、随分前に、白峰三山を縦走したときに、最後のお楽しみで泊まりました。
日本秘湯を守る会、私も大好きで、山歩きや旅行のときに良く利用します。
先日の九州でも、栗野岳温泉「南州館」に連泊しました。
裏山に、登別のような「地獄」があって、凄い迫力でした。

富士山形のメロンパン、初めて見ました。可愛いですね。
【2010/06/11 09:52】 URL | popo #- [ 編集]

Popoさん こんにちは
 南九州へ、上高地へ とお元気で自然を愛でる旅を楽しんでおられる由、
明るい記事に心が和みます。

 Mei、5歳になりました。
自然の中での遊びが大好きなのに 車社会で育っているせいか
保育園でもマラソンが大の苦手、
いつになったら高尾山や陣馬高原を歩けるのか・・・、と思案しています。

 旅先で湯を大事にしている宿に泊ると ほっとしますね。
いつもコメントをありがとうございます。
【2010/06/11 10:37】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


俄歩人 さん
こんにちは
よさそうな温泉ですね!!
今年も北岳行きますんで寄っていこうと思います

秘湯を守る会も興味深いですね!!
【2010/06/13 12:45】 URL | jan #JalddpaA [ 編集]

北岳ですか
 janさん こんにちは。
北岳、6月末まではあの幻のキタダケソウが見られますね。
この山は青春時代から通った嶺です。妻とも歩きました。
昔と異なり 広河原までマイカーでは入れなくなってしまいましたが・・・。

 尺イワナのあがる野呂川はいつも釣人で賑わっているようですね。
貴ブログ、いよいよヤマメやイワナとの駈け引き全開、楽しそう。
梅雨時の時ならね豪雨、鉄砲水や沢筋の崩壊に気をつけてくださいね。
コメント、ありがとうございました。
【2010/06/13 13:21】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

日本秘湯を守る会 制覇を目論んでいますが ..。
俄歩人 さま

いつもお世話をお掛けして ありがとうございます。
奈良田温泉 ..硫黄泉 大好きなので 行ってみたいですね ..。
源泉掛け流しなのに1日おきに清掃しているのですね ..。
ほんもの温泉です。

秘湯温泉で 今一番行きたい温泉は岩手県の国見温泉です。
遠いですが、ここだけはどうしても ..と思っています。

九州の秘湯・栗野岳温泉は硫黄泉なので年に4、5回は山行の帰りに浴びています。
お孫さんの肩のリス ..ほんものですよね?こんなに馴れるものなんですね。
                               山野 そう太郎



【2010/09/26 21:04】 URL | 山野 そう太郎 #- [ 編集]

こんばんは 山野様
 こちらこそいつも「九州・湯友クラブ」を楽しく拝見させていただいております。
秘湯を守る会の湯宿の全国制覇 が目標とは凄いですね。
私もこの会の湯宿が好きで利用し始めてから三十年近くなりますが、
まだ100軒ぐらい(スタンプ帳12冊目)です。

 九州では 黒川、壁湯、小浜、妙見のみで 「八幡地獄」を持つ
粟野岳は是非訪れてみたい湯のひとつです。

 過日のトカラ列島のレポートを読み、南への旅心をくすぐられております。
が、まずは 九重の峰々を歩くことを当面の目標としています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

(残念ながら、このリスは 剥製です)
【2010/09/26 23:33】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/67-d3c87222
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)