俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



西上州の岩峰
 群馬県(上州)というと やはり温泉。北部では四万、法師、水上、宝川、片品、
丸沼 西部では万座、草津、尻焼・花敷、鹿沢 中部では伊香保、赤城など
枚挙にいとまがない。
 山も同様に新潟県境の谷川岳を筆頭に、福島・栃木県境の尾瀬周辺の峰々や
また長野県境 草津白根から志賀高原方面などが著名であるが すべて北部。

 南部、埼玉との県境付近は西上州と呼称され、著名な温泉もなければ 妙義山以外に
全国から岳人を集める山も少ない。
しかし、昔から釣師が遡上していた南牧川や神流川の上流のこの地域は
鹿岳・立岩・碧岩・シラケ山・赤岩尾根など、岩峰があちこちに屹立し、その山腹
石積みの崖に集落がへばり付く独特の風景を見せている。

 いまや全国一高齢者比率の高い村として話題となっている南牧村、そこに屹立する
岩峰群のひとつ 立岩(たついわ)を登ってみようと星尾の集落を訪れた。
峠道はまだ桜が満開、この地で「ひとつばな」と呼称されるアカヤシオのピンクが
雑木林の中ひときわ鮮やかであった。

P1000927.jpg 立岩             (写真はクリックして拡大して下さい)


「山行クロニクル No.53」 立岩(たついわ) 1266m  単独
’10.4.25(日) 浦和=関越・上信越道下仁田IC=南牧村=線ヶ滝
            荒船山・立岩登山口~小尾根~立岩山頂~荒船分岐~威怒牟畿不動
            ~線ヶ滝=星尾の里(泊)

 この西上州の岩峰群は、穂高のような高度とボリュウム感に欠けるが 特異な景観であり
独特の雰囲気を醸し出している。
立岩、1266m。上部の岩場は痩せ尾根が続くとのこと。

 期待を胸に 朝 9時過ぎ線ヶ滝の駐車場に車を止め、直登コースで登頂後
荒船分岐を経て下山する周回ルートを選んだ。

 スギの植林を抜けると明るい雑木林の小尾根。
ケヤキ、カエデ、コナラ、ミズナラにクリの木も混じっている。

P1000930.jpg 小尾根

 切り立った岩峰を仰ぎながら北側へ捲き、斜度はさほどでもないが 左右の岩壁から
落下した小石で埋まったクサリのついたルンゼを攀じ登る。
左手には氷が付着し、朝陽に溶けた氷片が落下している急斜度のルンゼも見られた。

P1000932_20100426222733.jpg P1000933_20100426222823.jpg 氷の張りついたルンゼ

 後続が居ないから良いようなものの 石を落とさぬよう気を使う。
次いで難所と言われるバンドをへつる。
登山靴の幅より少し余裕がある程度の狭い岩棚、しっかりクサリが付いている。

P1000934.jpg バンドをへつる

 さらに痩せ尾根が立岩の鞍部に向かって続く。
途中、一服。まだ雪を戴いた八ヶ岳南峰を眺める。

P1000937.jpg P1000945.jpg P1000942.jpg
痩せ尾根                          八ヶ岳南峰を望む

 ほどなく西立岩山頂。
ベンチがひとつの狭い頂、先着の中年男性二人組と一緒に昼食、歓談。

P1000946_20100426230601.jpg 山頂  手前の経塚山(荒船山)の奥に浅間山

P1000948.jpg 経塚山と浅間山をズーム

 指呼の間に経塚山、あの軍艦にも似た高原台地状の荒船山の全容は
この尖峰の経塚山に隠れて見えない。
雪の消えた浅間山から噴煙がわずかに立ち昇っている。


 荒船山に向かって下山、再びよく踏まれているが背中のザック幅ほどの
痩せ尾根とクサリ場を交互に辿る。
この細尾根、北アルプスの岩稜と違って立ち木があるため、突風に吹かれても
恐怖感は無い。

P1000958.jpg P1000959_20100426232623.jpg P1000961.jpg P1000962.jpg
痩せ尾根          クサリ場                       立岩を振り返る

 ツツジやリョウブ、ミズナラのこの尾根は紅葉の季節はとりわけ美しいことだろう
と想像する。遠くにはちらちらと白木のカンバが陽に光る。
荒船分岐を過ぎ、威怒牟畿(いぬむき)不動近くまで降ると春の野草が目につくように
なった。

P1000964.jpg P1000973.jpg
ネコノメソウ         ハシリドコロ

 威怒牟畿不動の東屋の手前に 特徴あるも名無しの滝が落下。
その落差50~60mか。流量が少なく、下部は霧のように霧散している。
滝裏、オーバーハングした岩壁には荒れ果てた不動明王像があった。
(後刻、星尾の宿で尋ねたら 土地の人は威怒牟畿不動の滝と呼んでいるとのこと)

P1000969.jpg 威怒牟畿(いぬむき)不動の滝

 1時過ぎ 登山口帰着。晴天の日曜日なのに直登時に2組、下山の周回路で1組のパーティに
出遭ったのみで静かな岩山の一日だった。
近くの名勝 線ヶ滝を訪う。
こちらの滝は落差40m、まさしく一本の線を引いてアカヤシオの中を落下
していた。

P1000977_20100427001130.jpg 線ヶ滝

 帰途、星尾の集落で体験型民宿を標榜する宿「かじか倶楽部」に
その夜はお世話になった。
相客は やはりさいたま市から蕎麦打ち体験にきた娘さんひとり。
宿のご主人を交え、山菜やトロコンニャクを肴に和やかに歓談し、
西上州の夜を味わった。

P1000995_20100427002722.jpg P1000989.jpg P1000988.jpg P1000983_20100427003002.jpg
星尾の里 点描                          


P1000925.jpg 立岩を去る              (写真はクリックして拡大してください)





翌日の 笠丸山 素描
P1010002.jpg P1000997.jpg P1000998.jpg



関連記事

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント
西上州
 今晩は
 西上州に泊まりがけでおいでになったのですか
 今年は花が遅いですが、アカヤシオの咲き具合はいかがでしたか?
 笠丸山山頂付近ではアカヤシオとヒカゲツツジが一塊に見えて素晴らしいところがあります
 アカヤシオの時期は大変な混雑ではなかったでしょうか
【2010/04/27 21:40】 URL | noyama #B7q/.fmY [ 編集]


こんばんは。
群馬に行かれたんですね。
この日は最高の天気でしたよね。

立岩、楽しそうですね。
私の技量ではちょっと不安な鎖場が・・・
いろいろな山へ行って技量を高めたいです。
【2010/04/27 22:14】 URL | ブル #- [ 編集]

noyamaさん こんばんは
 南牧村は峠はまだ桜、山裾のアカヤシオは3分咲き、
大日向地区は5/2が「ひとつばな」祭りとか。

 立岩の尾根ではツツジ類はまだ小さな蕾でしたが、
登山口の線ヶ滝では3分咲きでした。
笠丸山登山口の上野村・住居附の集落はアカヤシオは満開で
既に駐車場は満車で止められず他へ移動してしまいました。

 2日間、岩峰と山腹の集落の風情を堪能してきました。
コメントをありがとうございました。

【2010/04/27 22:30】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

ブルさん こんばんは
 晴天下、同じ群馬の山を歩いておりました。
立岩は ルンゼの中の登攀やバンドのへつりも
ありますが、距離も短く すべてクサリがセットされて
いますので、慎重に行動されれば大丈夫です。

 これからの季節、西上州は花盛りです。
是非 お楽しみください。
コメントをありがとうございました。
【2010/04/27 22:42】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

立岩
こんにちは~~
ようこそ!西上州へv-411
アカヤシオはもうそろそろですね。
立岩でツクバネの実をはじめて見た時の感動が今も残っています。

今年はどこの山のアカヤシオを見に・・と今思案中です。
三岩岳もアカヤシオとヒカゲツツジが一緒に咲くので・・・とか、天狗岩から烏帽子岳も良いかななんて。
春が寒かったから・・・と勝手に思っていましたが、時季をたがえずにお花たちは蕾を開くのですね。

星尾に民宿があるのは知りませんでした。
我歩人さんの余裕のある山行スタイルステキです。
山も里も人もお好きなんですねv-221
【2010/04/29 10:23】 URL | popo #- [ 編集]

PoPoさん こんにちは
 2月の下見の後、うずうずしておりましたが鹿岳ではなく
立岩を歩くことにしました。昔の妙義山以来の変化のある岩山でした。

 痩せ尾根はヤマツツジやミツバツツジのようでしたが
まだまだ赤い小さな蕾のままでした。
小尾根では赤いヤブツバキは目にしましたが、ツクバネは
気がつきませんでした。羽つきの羽のような実はここしばらく
目にしておりません。

 南牧村より上野村の方が暖かいようで 笠丸山の山裾では
アカヤシオが2~3分咲きでした。

 ツクシ、ヤマウド、フキの新芽、ウルイ、ヤブレガサ、タケノコなどの
山菜を肴に酒がすすんだ集落の夜を楽しみました。
この民宿、GWは満室とのことでした。
 コメントをありがとうございました。
近いうちのアカヤシオ探訪を楽しみに待っております。



【2010/04/29 16:29】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

ありがとうございました
俄歩人さんありがとうございました。
立岩と南牧の記事楽しみにしていました。
我が村の名峰「立岩」、地元民にとっては自慢の山です。

5月3日は「ひとつ花祭(アカヤシオ)」です。今年は雪が多かったせいか、
やった見ごろを迎えようとしています。

南牧は、低山ばかりですがミニ岩峰が多く変化に富んだ山が数多くあります。
もっと登山者が増えると最高なのですが・・・。

夜は楽しい一時ありがとうございました。機会がございましたら再会を楽しみに
しています。
【2010/04/29 21:30】 URL | kajika #- [ 編集]


 こんばんは!
「立岩」 堂々たるいい山ですね。 ぐぐっとせり上がったような山の何処にコースが作られて
いるのか?・・・と思いながら見せて戴きました。
 
山を楽しまれ、里を楽しまれ、いつもながらゆとりのある素敵な山行ですね。
写真もゆっくりと楽しませて戴きました。
【2010/04/30 00:36】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]


KYさん、こんにちは

 神流川源流 諏訪山は信仰の山、人気の山のようですね。
また南牧川支流を遡る大屋山・九十九谷周辺も・・・、
いずれも改めて訪れたいと思います。


Kajikaさん、お世話になりました

 5/3が星尾地区の「ひとつばな」祭りですか・・・、
多勢の登山者、観光客が訪れるといいですね。
貴HP「バンザイ!田舎暮らし」、楽しみに覗かせて貰います。

 また、毛無岩や碧岩を歩く折に、よろしくお願いいたします。


キレンゲショウマさん、こんにちは

 丁度この日は南牧村 村長選挙の投票日でした。
夜、有線放送で流れる集落ごとの投票率の高さ(70%~90%)に
吃驚しながらお酒を楽しんでおりました。

 里と山が混然一体化した雰囲気が 歩く足を軽やかに
してくれる地域でした。
コメントをありがとうございました。
【2010/04/30 09:11】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


俄歩人さん、こんばんは。立岩、良い山ですね。痩せ尾根あり、山草ありで楽しくみさせてもらいました。民宿の山村風景もいいですね。今頃、ヤシオツツジが咲いて、きれいでしょうね。。群馬町に87歳近くになる恩師がいますが、見舞いにもいかず、同窓会にもいっていませんが、いつか行く機会がありましたら、立岩、あるいてみたいです。
【2010/05/04 20:47】 URL | ふくちゃん #- [ 編集]

ふくちゃんさん、こんばんは
 想像していたより興味をもって歩くことができた岩山でした。
奥多摩のような拓けた生活臭が希薄で、自然と調和している安らぎが
感じられる里でした。
コメントをありがとうございました。
【2010/05/04 23:09】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


俄歩人さん
こんにちは
南牧近辺ですね。。。
ここらへんて奇妙な形の岩山が多いですよね
妙義が一番でしょうが。。。

釣りしてても見上げると垂直に切り立った岩肌が見ごたえあります

また楽しみにしておりま~す

私もGWのブログアップしたいと思います

そして、リンクさせて頂きました
(していたと思ってましたが。。。ヨロシクです)
【2010/05/05 19:10】 URL | jan #JalddpaA [ 編集]

janさん こんばんは
 餌釣りではない渓流釣りは、趣味としては高尚なものだと
思います。
自然を楽しむ、理解するひとつのすべでしょう。
山に向かう心と一緒ではないかと秘かに想像しています。

 ただどちらも語ることは難しいですね。
リンクしていただきありがとうございました。
【2010/05/05 21:41】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/05/16 15:30】 | # [ 編集]

Re: Re: タイトルなし

>
>  こちらこそご無沙汰しています。
> ブログ開設、おめでとうございます。さっそく拝見、これから楽しませていただきます。
>  16(日)から一週間ほど、大台ヶ原・大峰山を歩き、湯泉地・上北山・那智勝浦などの
> 温泉を楽しみ、昨日、大阪在住の都築氏・山下氏・山田氏と富田林の温泉で落ち遭い
> 旧交を温めてきました。
> それでご返事が遅くなり申し訳ありません。
>
>  来年あたり百名山完登ですね。
> 百山目はどの山になるのでしょう。      俄歩人
【2010/05/21 17:50】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/65-10c3fda8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)