俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



一ノ倉沢
 真冬の白く輝く一ノ倉沢大岩壁を眺めたく、昨年3月 湯檜曽川対岸の白毛門
に挑んだが 猛吹雪で撤退、この冬再度訪れようと気象情報をチェックしていた。

 8時には登山口に着くよう早出するが、多重事故による影響で 関越道は延々
40キロの渋滞、谷川岳・土合に着いたのはもう11時をまわっていた。
やむなく一ノ倉沢出合から大岩壁を仰ぎ見るだけでもと思い、清水街道・旧道を
散策した。
                              (写真はクリックして拡大してください)   
P1000563.jpg P1000575.jpg
一ノ倉沢大岩壁      対岸の白毛門

 耳二つに代表される谷川岳、最近では二年前の夏、谷川岳・一ノ倉岳・茂倉岳
・武能岳・蓬峠と主稜線を歩き、往きは稜線から一ノ倉本谷を覗きこみ、帰途は
出合から扇を開いたような大岩壁を仰ぎ見たものであったが・・・。

 この一ノ倉沢を含め 谷川岳山域は既に700人以上の遭難者を数える魔の山に
違いないが、この大岩壁はいまも若きクライマーの憧れであろう。


谷川岳・一ノ倉沢出合 散策
’10.1.30(土) 浦和=関越道水上IC=谷川岳ベースプラザ~清水街道・旧道
            ~マチガ沢出合~一ノ倉沢出合~ベースプラザ=浦和

 登山指導センターからの旧道は昨冬同様 積雪1~2m、山側で2m弱 湯檜曽川沿い
の谷側で30cm~1mと傾斜している。
このトレイルはこの季節、写真撮影やマチガ沢・一ノ倉沢で逝ってしまった仲間への弔問
などで訪れる方が多く、スノーシューのトレースがついていた。
いまはトレッキングツアーも行われているようだ。

旧道 点描
P1000559.jpg P1000561.jpg P1000550.jpg P1000549.jpg
雪の壁            デフリ            湯檜曽川          松ノ木沢

 途中のマチガ沢出合、谷川岳トマノ耳への登山道(巌剛新道)を分ける。
既に雲の中の太陽は南に廻り、稜線は低くガスが捲いていた。
対岸の白毛門のピークが輝く。

P1000592.jpg P1000556.jpg
マチガ沢          逝ってしまった岳人のレリーフ

P1000560.jpg P1000562.jpg
白毛門            笠ヶ岳

 10人程のスノーシュートレッカーとすれ違い 一ノ倉沢出合へ。
真冬の大岩壁は 静寂の中美しく荘厳であった。
もっと早い時刻なら 陽の光に輝いていたことだろう。
昼食を摂りながら飽かず眺め入る。

P1000584.jpg P1000563_20100131123949.jpg
一ノ倉沢 大岩壁

P1000564.jpg 左に滝沢リッジ 右に衝立岩正面壁
P1000565.jpg 東尾根本谷とドーム
P1000582.jpg スラブに大きな亀裂が・・・


 昨冬は吹雪と垂れ込めたガスでまったく見えなかった雪の大岩壁、光こそなかったが
十分 満足した。
湯檜曽川対岸の笠ヶ岳や白毛門は真っ白な峰を輝かせていた。

P1000575_20100131125631.jpg P1000588.jpg
笠ヶ岳と白毛門

 堅炭尾根や大源太山を覗きながらベースプラザへ戻る。
今年もまた白毛門へは登れなかったが、雪の大岩壁を間近に見られ 充足した散策となった。

P1000589.jpg P1000590.jpg
堅炭尾根          上越のマッターホルン 大源太山   (写真はクリックして拡大してください)

関連記事


この記事に対するコメント
大原太
 こんばんは

 昨日、前橋は穏やかな冬晴れだった様ですが
 国境の山々はいつも雲が掛っていて中々真っ青な空というわけにはいかない様です
 おまけに一の倉沢は殆ど1日日陰ですから見ているだけで寒そうです

 雪に覆われた上越のマッターホルン 低いながらもカッコ良い山ですね

 白毛門から朝日への山スキーコースで行く人もいるようですが
 あの急登をスキーで登る気にはなれません  

 
【2010/01/31 17:07】 URL | noyama #B7q/.fmY [ 編集]

noyamaさん こんばんは
 気象情報を入念にチェック、それっと家を飛び出したのですが事故渋滞、
またしても雪の白毛門は見送りになってしまいました。

 それでも大岩壁を眼前にあれこれ想い浮かべるひとときを楽しめました。
それだけでも満足でした。

 大源太山、いつの季節も心惹かれる峰のひとつですね。
錦秋の頃 再び歩きたいと考えています。
貴ブログによればみかも山に早くも春のミスミソウとか・・・、
 早々のコメント、ありがとうございました。

【2010/01/31 18:51】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


こんばんは。
渋滞は大変でしたね。早起きしてこれだとがっかりします。

でも、それにも負けないすばらしい景色ですね。
夏には一の倉沢の下まで行ったことがありますが、
その美しさに圧倒されました。
来年は谷川岳にチャレンジしたいと思います。
ロープウエイを使うと思いますが・・・。
【2010/01/31 20:44】 URL | ブル #- [ 編集]

ブルさん こんばんは
 積雪の白毛門、またも登れず残念です。
それでも雪の張りついた大岩壁を直下で仰ぎ見られ納得しました。

 夏の谷川岳は隠れた花の名山です。
オキノ耳から一ノ倉岳、茂倉岳への稜線は ハクサンシャジン ミネウスユキソウ
などが咲き誇っています。
しかし、盛夏の谷川連嶺は十分な暑さ対策が必要です。
お気をつけてお楽しみください。

 コメントをありがとうございました。
【2010/01/31 23:02】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


 こんばんは!
堂々たる山々ですね。 昔、山岳小説を読んでは自分には縁遠い・・・
それでいて憧れの山でした。凄いですね~。

 上越のマッターホルン、ほんとカッコいい山ですねえ。
ウットリしてしまいました。 いつか見に行ってみたいです!
やっと山へ向かう時間がとれそうです。
素敵な写真を見せて戴き、ありがとうございました。
【2010/02/01 21:45】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]

キレンゲショウマさん こんばんは
 ご家族が増えてお忙しい日々だったようですね。
コメントをありがとうございました。

 谷川連嶺は 初夏から晩秋にかけて稜線は花や紅葉を楽しむ家族連れで
賑わいます。特に上越のマッターホルン 大源太山(1598m)は
秋の紅葉時がお薦めです。

 今月は 春に孫を連れて歩く低山や高原の下見でもしようかと
考えています。
【2010/02/01 22:18】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


俄歩人さん
こんにちは
谷川岳。。。
一ノ倉ってすごいんですよね。。。
しかし写真見てると綺麗だけど堂々としてますね。。。
神様が宿っているような感じ
今年は私も前回断念した宝川辺りからバリエーションで行こうかな~
もちろん雪が解けてからですが。。。
俄歩人これからも楽しんでくださいね~
【2010/02/02 01:04】 URL | jan #- [ 編集]

janさん こんにちは
 今冬もまた白毛門、駄目でした、残念です。
それでも一ノ倉沢まで散策を楽しんできました。
宝川から朝日岳~笠ヶ岳~白毛門~土合というコースも
よさそうですね。

 一の瀬高原からの唐松尾山、先を越されました。
もっとも私でしたら将監小屋泊りとなってしまいますが・・・。
コメントをありがとうございました。
【2010/02/02 09:02】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


俄歩人さん
こんにちは
そのコース楽しそうですね
宝川~土合
検討します
あそこら辺ってブナとミズナラが凄かったきがします
楽しそう
ありがとうございます!!
【2010/02/04 00:44】 URL | jan #- [ 編集]


janさん、宝川~土合のルート、3月中は積雪2m、4月は雪崩が
怖いところです。
それと土合下山後の車やバイクの回収も大変でしょう。
解禁後も5月末まで我慢かと思いますが・・・。

 2万5千地形図(茂倉岳)で見る限り、5月末以降なら
宝川・広河原からウツボキ沢を釣り上がり 白毛門と笠ヶ岳の鞍部へ、
そして朝日岳から登山道を降り、また戻れますね。


 
【2010/02/04 11:41】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


俄歩人さん
こんにちは
確かに!!
楽しそうな周遊コースですね
源流域もあまりゴルジュってないから
ヘタレな私にはちょうどいいかも。。。
ありがとうございます
色々調べてみます!!

【2010/02/04 23:18】 URL | jan #JalddpaA [ 編集]


こんにちは。

一度は岳人憧れの谷川岳に私も
足を運んでみたいとは思っていますが、
いまだその願いは叶いません。
一ノ倉沢の大岩壁は雪が付くとまた
さらにその迫力を増しますね。
お写真を拝見するだけで、登攀者が
この壁に引き寄せられる魅力を
感じるのは分かるような気がします。
【2010/02/06 15:52】 URL | kaikom #- [ 編集]

kaikomさん こんばんは
 山には登りませんでしたが 奥飛騨の新穂高温泉の方へ
雪見の旅行に出ており、御礼が遅くなりましてすみませんでした。

 雪の張りついた大岩壁は やはり凄い迫力、
ただただ圧倒されるだけでした。
もう雪山は眺めて楽しむことで満足するようになった と
いうことでしょう。

 kaikomさんのこれからに期待しております。
メッセージをありがとうございました。


【2010/02/08 19:52】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/60-62807434
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)