俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



岳 と 花 Ⅲ
P1020704.jpg                          (写真はクリックして拡大してください)


 峻嶮な岩峰に登高意欲を燃やした若き日々と異なり、広く峰々をさまよい歩く 
いわば静観的な漂泊に自己充足を見出す、そんな山歩きが定着して何年もたった。
それでも山への想いは変わらない。
「標高よりも荒寥を愛す」と言ったのは誰だったか・・・。

 今年もあちこちと気の趣くまま、折々の旅情に背を押されて、年間50日ほど
好きな峰々を歩き廻ることができた。
寡黙に送り出してくれる妻の寛容と支援に感謝している。

 この先 積雪期は、また低山を徘徊することになるだろう。
単独行ゆえ残雪期でも 急峻な懸崖は先行者のトレースを当てにするようなていたらくで、
もはや人様に語れるものではないが。
 それでも いまだ 白く輝く絶巓や稜線への焦燥止み難い季節がやってくる。
雪山を歩いてこそ、やがてポコポコと流れる雪解の音が心に響くからだろう。

                                        20091109202838[1] 20091122205707[1]

 この雑文「俄歩」を 身近の小さき者への自然からのメッセージとして残したく綴っているが、
そろそろ実地に まずは高原でも連れて歩こうかな と考えている。
春の妖精たちが咲きはじめる頃がよさそう。
 カタクリの城山か 高尾山・陣馬高原あたりか、それとも新潟の角田山まで遠征するか。
ひと冬、あれこれ考えるのが楽しい。


黒部源流 ('08.7.22-27)
P1010085.jpg P1010140.jpg P1010152.jpg P1010170.jpg
P1010111.jpg P1010133.jpg P1010081.jpg P1010112.jpg
燕岳~大天井岳~常念岳~蝶ヶ岳 ('07.9.30-10.4)
DSCF1540.jpg DSCF1544.jpg DSCF1550.jpg DSCF1541.jpg



谷川連嶺 ('08.8.12-13)
P1010191.jpg P1010204.jpg P1010220_20091222232444.jpg P1010203.jpg
苗場山 ('08.7.9-11)
P1010010.jpg P1010018.jpg P1010014.jpg P1010007.jpg
美瑛の森 ('08.12.14-17)
2008_1218旭山&美瑛0058 2008_1218旭山&美瑛0059 2008_1218旭山&美瑛0064 2008_1218旭山&美瑛0070



瑞牆山 ('08.10.30-31)
2008_1031瑞がき山0006 2008_1031瑞がき山0007 2008_1031瑞がき山0010 2008_1031瑞がき山0029
白毛門 ('09.3.28-30)
2009_0330白毛門0057 2009_0330白毛門0022 2009_0330白毛門0050 2009_0330白毛門0015
アポイ岳 ('09.6.24)
P1020372.jpg P1020333.jpg P1020345.jpg P1020386.jpg


(写真はクリックして拡大してください)                                                         
































                             
関連記事

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

俄歩人さん
こんにちは
いろいろ企画されているようですね

谷川岳。。。行きたくなるような写真ですね
あっち方面は水上までしか行った事は無く
(もちろん釣りですが)
宝川から朝日岳を目指すも昔のことでよく覚えておりません
途中 流れの真ん中に大きな丸い石があったのが印象的。。。

コメントありがとうございました
かさねがさねお礼申し上げます!!
【2009/12/23 00:29】 URL | jan #JalddpaA [ 編集]

janさん こんばんは
 関東近郊で積雪の山としては、
梓山・毛木平から千曲川源流を経ての甲武信岳、栃木の那須三山、或いは
増富温泉・里宮平からの金峰山などが お薦めと思います。

 2000~2500m級とはいえ 厳冬期は気象条件に十分ご留意
くださいますよう。
また、次のレポ、楽しみに待っております。
【2009/12/23 01:09】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

すばらしい写真ですね
俄歩人さん、おはようございます

すばらしい写真の数々、楽しい山行だったことと
思いました。


俄歩人さんのブログを見ながら来年の
山行をどうしようかなと考えるのが、とても
楽しい時間となっています。

登山初心者の私は、しばらくは房総の低山を
のんびり歩こうかなと思っています。
【2009/12/23 08:54】 URL | ブル #- [ 編集]

ブルさん こんにちは
 暖かい房総の山、いいですね。
清澄山、鋸山など 昔歩いた峰、低山とはいえ大多喜あたりから
安房小湊方面へ どこまでもずうーっとうねって続く山並みを
懐かしく想い出します。

 冬は 晴れていれば、東京湾の彼方に富士が美しく
見えますよね。
早々のコメント、ありがとうございました。
【2009/12/23 09:50】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


こんにちは。

私がほとんど足を向けたことが無い山々の写真、
楽しく拝見しました。
これからの冬期でも奥多摩の山域は雲取山より
手前ではあまり積雪を意識せず楽しく歩くことが
できますね。ただアイスバーンはいやですが。

私も低山が好きなので、俄歩人さんの次回山行
が楽しみです。(城山のカタクリもいいですね。)
【2009/12/23 16:54】 URL | kaikom #- [ 編集]

kaikomさん こんばんは
 年に一度だけ 過去の山行のスナップを少し掲載、写真集としています。
積雪期はタイヤチェーンの装着がおっくうで、ノーマルタイヤで行ける登山口を
選んでしまいます。

 過去3年ぐらい 奥多摩三山や鷹ノ巣山など、やはり奥多摩方面が多いので
来年の1~2月は少し目先を変えようかと思案しております。
真っ白な富士を間近で展望する富士五湖周辺か、またはkaikomさんが
よく行かれる寸又峡温泉あたりも面白そうですね。

 コメント、ありがとうございました。
【2009/12/23 17:40】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


こんばんは!
何度もご訪問され有り難うございます。

纏めていただくと良く解ります。
春夏秋冬色んな山に登られましたね♪。

九州からは遠いのでこちらで楽しませて頂いてますm(_ _)m
未見の山野草は特に嬉しいです。
【2009/12/23 21:29】 URL | 九ちゃん #- [ 編集]

九ちゃん さん、こんばんは
 こちらこそいつも「山歩絵日記」を楽しく拝見させていただきありがとうございます。
大船山の紅葉も秋月城跡の寂寥感ある風情も見ごたえがありました。
私の知識の乏しい山麓の野草の四季も楽しみです。

 何度も九州各地を訪れていますが、いままでは温泉とゴルフ、
それに美味探求で終始しており、いつかは九重の峰々や背振山地を
歩きたいと思っております。坊がつる賛歌を口ずさみながら・・・。

 メッセージをありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

 三年ほど前に、鹿島槍ヶ岳から針ノ木岳縦走の折、福岡から遠征された方々
(男性1人、女性4人のパーティ)と楽しいひとときを分かち合ったことも
ありました。

【2009/12/23 22:48】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


 こんにちは!
その年の山を想いながら・・・1年を振り返るこの記事はとてもいいですね。
写真もとても綺麗で、「自分もこの風景に出会いたい」と思いながら
楽しませて戴きました。

 我歩人さんの自然に対する楽しみ方を伝えて貰える幼い彼女は
とても幸せですね。

 また色々な山を紹介して下さいね、楽しみにしています。
【2009/12/27 23:21】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]

優しいコメントをありがとうございました
 キレンゲショウマさん こんにちは
 11月の乾徳山の帰りに 彼女のために山里で3Kgほどの渋柿を
買って帰り 干し柿をつくりました。
できあがるまで 我が家へ遊びに来るたびに つつきに来る小鳥を眺めて
嬉しそうな顔をしていました。 そんな心のままに育ってほしいものです。

 来年のトップシーズンは 友人夫妻からの依頼もあり再び北海道へ、
帰途、単独で東北の山々へ、とりわけ今年、腰痛のため断念した飯豊連峰を
楽しみに計画しております。

 これからもよろしくお願いいたします。
【2009/12/28 10:42】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


俄歩さん ご無沙汰です。

今年一年何度となくお邪魔させていただき、あちこちの山々や
可憐な花々を楽しませてもらい、ありがとうございました。

当方は、今年は 霧が峰 八甲田 大菩薩 乾徳山 瑞牆山
と、5つの山歩きができました。

八甲田大岳登山では豊富な高山植物
にシャッターを押しっぱなしv-212

乾徳山は俄歩さんとまるっきり同じルートで登ってきました。
ここも学生のときに登って以来だったので新鮮ではありましたが、
結構きつかったです!

来る年も体力と相談しつつ山歩きをしたいものです。

よいお年をお迎えください。


【2009/12/29 16:22】 URL | またっち #- [ 編集]

こちらこそ御無沙汰しております
 あちこちの峰と新しいカメラを楽しんでいらっしゃるようですね。
納得の一葉がありましたら メールで是非送ってください。

 同じルートの乾徳山、変化のある登山道が楽しめたことでしょう。
それに またっちさんの想い入れの強い瑞牆山も・・・。

 単独行ゆえ厳冬期は低山になりますが、年明けから また
ぶらりと出かけます。
お暇な折は覗いてみてください、コメントをありがとうございました。
よき年をお迎えくださいますよう祈り上げます。
【2009/12/29 16:48】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

おばんです。
こちらは、

来る年にも、元気に歩ければ・・・(;一_一)などと思っているしだいなのですが、

新年もよろしくお願い致します。
【2009/12/30 21:11】 URL | masamsa #VMSHmFFI [ 編集]

masamsaさん こんばんは
 来年も北東北の山の四季の風情を心待ちしております。
よき年でありますよう祈り上げます。
【2009/12/30 23:38】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

楽しみにしています。
こんにちは。初コメントです。
いつも拝見させていただいております。
俄歩人さんの素敵な写真を拝見していると、
行ったこともない山にいつか登ってみたくなります。
小さな女の子の写真がかわいくて思わず微笑んでしまいます。
また来年も美しい写真をたくさん紹介してください。
楽しみにしています。
【2009/12/31 12:07】 URL | ume #- [ 編集]

umeさん、そしてセレ部のみなさん こんにちは
 こちらこそ「セレ部のアウトドアライフ」、個性的で軽妙なタッチの絵ブログを
楽しく拝見させていただいております。
さすがに美術を研鑽された方ですね。

 素敵なお仲間との山行記録、来年も楽しみに待っております。
どうぞよき年をお迎えくださいますよう祈り上げます。
メッセージをありがとうございました。
【2009/12/31 12:24】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

お久しぶりです
遅ればせながら、今年もよろしくお願いいたします。
いよいよ可愛い山友と歩き始めますね。
レポ、すご~く楽しみです。

カタクリ、セツブンソウ、アズマイチゲ、ミスミソウ・・・嬉しい「春の妖精」達がもうじき、姿を現しますね。
私の山歩きも、そのころから始めます。
【2010/01/16 17:04】 URL | popo #- [ 編集]

暖かいメッセージ、ありがとうございます
 そうですね、ほぼ一年ほど前になりますでしょうか・・・、チビちゃんが
本当に自然を好きになってくれるだろうか と見守っている頃、
PoPoさんに 太鼓判を押していただいたら、余計に緊張して
もう少し待った方がよいのでは・・・などと時期を失してしまいました。

 山奥の温泉や牧場には連れて行きましたが、山野はこれからです。
年初のアルコール漬を脱し 明日から真っ白な富士を間近で眺めに
行ってきます。
 
【2010/01/16 19:47】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/58-1ca8c26e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)