俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



乾徳山
P1000356.jpg P1000363.jpg
扇平から乾徳山を仰ぐ  山頂直下のクサリ場         (写真はクリックして拡大してください)

「山行クロニクル No.47」   乾徳山        単独
’09.11.7(土) 山梨・一之橋温泉(前泊)=大平牧場~登山口~道満尾根~扇平~乾徳山山頂
            ~扇平~大平牧場=中央道勝沼IC=浦和

 山梨県側からの奥秩父前衛、この乾徳山は その登山道が比較的変化の多い山とか・・・。
以前から興味を惹かれていたので、金峰山を登ったついでに歩いてみようと 前泊した麓の一之橋温泉
の宿を立つ。

 立冬のこの日も快晴、但し気温は昨日よりずっと低い。
旧大平牧場への舗装はされているが 曲がりくねった狭い林道を走ること20分、大平牧場入口に着く。
土曜日とて 所沢・横浜・千葉NOなど遠方からの車を含めて既に12~3台が駐車していた。

 廃業して牛馬の居ない静かだが いささか寂しい牧場の霜を踏んで歩く。
主のいない草原を初冬の風がわたる。
ススキが靡きカラマツの梢も揺れている。ウメモドキの実が弱い日差しに光る。

P1000347.jpg P1000349.jpg P1000350.jpg P1000351.jpg
牧場から乾徳山を望む  登路の道満尾根     ウメモドキ          (?)

 牧場からさらに林道をしばし辿り、落葉した明るい灌木林の道満尾根にとりつき、意外な急坂を
電光型に登る。
途中の拓けたところで富士山と大菩薩嶺を眺めて 一服。
シジュウカラが啼き交う。何とか写真に撮ろうと近寄ると、ジ、ジーと警戒の地啼きに変わり
飛び去ってしまう。 望遠のないコンパクトデジカメでは小鳥の撮影は難しい。

P1000352.jpg P1000355.jpg
南に 富士山        北に 大菩薩嶺

 細枝のみが立ち上がる灌木林に少し飽きた頃、飛び出したところが標高1800mの扇平。
埋め尽くすススキの原が晩秋というより はや初冬を意識させる。寂寥と言ってもいい。
その先に乾徳山の頂、山頂直下の岩場も覗けた。
南には逆転層の上に高く大きく富士山が対峙。

P1000356.jpg P1000358.jpg
乾徳山 山頂部      ススキの原と富士

 扇平からは針葉樹も混じる混交林、岩ゴロの足元にシャクナゲの幼木、暗い樹林下の急登に
汗をかき、見晴らしの良い拓けたガレ場の浮石を避け、滑りそうな崖をへつったり、朽ちたハシゴを
渡ったり、クサリ場を登ったり・・・と 変化のある登山道が続く。

P1000360.jpg P1000361.jpg P1000370.jpg P1000369.jpg
登山道 点描

 最後の垂直の長いクサリ場を攀じると そこが山頂。  P1000363.jpg


P1000364.jpg P1000367.jpg P1000368.jpg
山頂             大菩薩嶺          甲武信岳方面

 20人くらいで一杯となる狭い山頂(2031m)、標識の他 小さな祠が鎮座していた。
10名ほどの登頂者と秀麗な富士山や蒼黒い大縦列の南アルプスを話題に歓談、昼食。

 小一時間、初冬の薄氷に反射するような日差しの下 心弾む時を持ち、クサリ場を登降する
女性達の明るい嬌声を耳に、充足感に満ちて同じ道を牧場まで降った。

P1000371.jpg P1000372.jpg P1000373.jpg
帰路の扇平                         乾徳山を振り返る

P1000376.jpg P1000378.jpg 大平牧場の杣道

P1000379.jpg 牧場とカラマツ林       (写真はクリックして拡大してください)

 昼食 度々の休憩も含め往復約6時間のちょっとした山行が楽しめた。
もう一、二週間早い季節であれば 歩く面白味の他に もっと秋の風情を満喫できたであろうに・・・
と想う山であった。



 追記
 前泊した温泉宿で寝付かれぬまま 渓流の音を枕に布団の中で気づいたことがある。

 長い縦走がおわり 小屋でザックから解放され、好きな酒を片手に越し方を振り返りながら
ふと小声で口ずさむ歌が誰にでもあるものだが・・・。
その自然に口をついて出る山の愛唱歌が歳とともに変わってきたという事実である。

 私が学生時代、焚火のホダを囲みよく歌ったのは
         「いつかある日 山で死んだら 古い山の友よ 伝えてくれ~・・・(いつかある日)」
 その後 妻と山歩きを共にするようになった頃、黄昏ゆく峰を眺めハミングしたのは
         「遠き山に陽は落ちて 星は空をちりばめぬ~・・・(家路)」
 そして独り歩きの多い今、稜線を振り返りながら口ずさむのは
         「人みな花に酔うときも 残雪恋し 山に入り~・・・(坊がつる賛歌)」

どこかで心の在り方が微妙に変化しているに違いない。
山に対しても。
 


















        
関連記事

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

こんばんは。
お疲れ様でした。
乾徳山懐かしいですね。6年程前に当方も2度登りました。
そういえば、あの水場(銀晶水?)はまだ生きていますかね。
当時は水場の上のゴミが気になったのを覚えています。
山自体は、なだらかな山歩きに最後は岩場、とバラエティに富んでいて
楽しませて頂いたのを覚えております。
晴れていれば山頂からの展望も良いですよね。
また、楽しみにしております。
【2009/11/11 21:07】 URL | kaikom #- [ 編集]

Kaikomさん、こんばんは
 私は道満尾根越えのルートでしたので確認できませんでしたが、銀晶水も錦晶水も
いまでも登山者を癒してくれているようです。

 この山は変化に富み、楽しく歩けますね。また季節を変えて登りたくなる山だと思います。
 メッセージをありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。
【2009/11/11 23:50】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


俄歩人さん
こんにちは
乾徳山。。。
先日 黒金山めざしてざせつしましたので
なんとなく羨ましいです。。。

下からですと結構きつくなかったですか?
私がヘタレなのかも。。。

いずれにしても楽しんでますね!!
【2009/11/14 01:41】 URL | JAN #- [ 編集]


JANさん こんにちは
 JANさんのように 沢から藪や樹間をつめるのではなく、
私は登山道歩きですから 疲労度はだいぶ違うと思いますよ。

 でも牛首から黒金山までは あとわずか。
昼寝を楽しんでいる間にピークを楽しめたかも・・・。
 独り歩きは 背中を押してくれる何かを感じるか否かで
意欲が変わりますね。

 この乾徳山、初めてでしたが
歩行距離は短くとも 落葉灌木林あり、ススキの原あり、暗い樹林下の
急登あり、見晴らしの良いガレ場あり、崖のへつりあり、クサリ場あり と
変化に富んだ山歩きを楽しめました。
 お薦めです。
【2009/11/14 09:54】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

坊がつる参加
 今晩は
 坊がつる賛歌 メロディは芹洋子さんのものでしょうか?
 それとも元歌広島高等師範バージョンでしょうか
 私の山仲間に元歌を歌える人がいます
 何度聞いても覚えられないのが残念ですが
【2009/11/16 19:31】 URL | noyama #B7q/.fmY [ 編集]

noyamaさん こんばんは
 私がよく口ずさむのは 法華院温泉にその詩が掲示されていたもので
この山小屋を基点に九重の山々をよく歩かれた山男(神尾氏・松本氏作詞、
竹山氏作曲)によって歌い継がれているものです。
残念ながら、元歌は知りません。

 因みに 歌詞(1~3番)は以下の通りです。
1.人みな花に酔うときも 残雪恋し山に入り 涙を流す山男 雪解の水に春を知る
2.ミヤマキリシマ咲き誇り 山くれないに大船の 峰を仰ぎて山男 花の情けを知る者ぞ
3.四面山なる坊がつる 夏はキャンプの火を囲み 夜空を仰ぐ山男 無我を悟はこの時ぞ

 ここしばらくは家族サービスや友人達との旅行が続きますので
来月になったら 栃木・塩原方面の山を歩こうかと考えています。

【2009/11/16 21:14】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


俄歩人さん、乾徳山拝見しました。ススキあり、岩場あり良い山ですね。次は塩原の山にいかれるんですね。もう雪が降っているかもしれませんね。塩原も久しくいっていません。昔は山の帰りに利用しました。カヤぶきみたいな粗末な温泉、とたんだけの粗末な無料の温泉につかったことがありますが、今でもあるでしょうか?坊ヶつる賛歌、良い歌ですね。15日、目薬の木の多い谷をあるきました。秋で一番好きな木です。
【2009/11/18 14:25】 URL | ふくちゃん #- [ 編集]

ふくちゃん さん、こんばんは
 乾徳山、歩いて楽しい峰でした。
塩原は鄙びた元湯や新湯はよく家族で訪れますが、山は歩いたことが
ありませんでしたので 高原山(鶏頂山・釈迦ヶ岳)あたりをと考えています。

 メグスリノキ、ワインレッドに紅葉するのですね。
こちらでは 道の駅などで小枝を販売しているのを目にしたことがありますが、
尾根や谷で大きく成長した姿を見たことがありません。
来秋は注意して歩こうと思います。

 メッセージ、ありがとうございました。
【2009/11/18 20:02】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

坊がつる賛歌
はじめまして。
坊がつる賛歌。私の故郷は九重町なので懐かしい歌です。
昔、くじゅう山で山岳遭難があり多くの方が亡くなりましたが
この歌を聴くと思い出します。
【2009/11/30 17:34】 URL | ノリかめ #- [ 編集]

ノリかめさん、こんばんは
 今は北の生活を楽しんでおられるようですが、九州 九重が故郷だったのですか。
九州は何度も訪れていますが、いつも温泉とゴルフ、いずれゆっくりと九重の峰々を
歩きたいと思っております。

 メッセージ、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。
【2009/11/30 22:24】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/55-416f2a59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)