俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



武尊山
 日がつまる今頃の季節は 山も里も秋がはじまる。
そして、向かう峠や里山はこの季節特有の旅心をそそる魅力を漂わせている。
上州 奥利根・藤原の里や湯ノ小屋の里を知ったのは、先年亡くなられた登山家 川崎精雄氏の
「春山を去る日」(S37年)という小文にいたく感じ入ったことによる。

 武尊 藤原笠 至仏 日崎 雨ヶ立 朝日 宝川笠などの山々に囲まれた静かな山里、この藤原の郷
は東北地方から尾瀬を越えて移り住んだ狩猟の民が始まりで、300年前 既に1000人を超す人口が
あったという。
 今や、幾つものダムの造成やホテル開発により その面影は偲ぶべくもないが、私としては
その昔、この地と矢木沢ダムの湖底に沈んでしまった湯の花温泉を訪れた学生時代が懐かしく
想い出される地である。

 その後、湯ノ小屋沢川の景勝 照葉峡に妻を伴い紅葉を訪ね、湯ノ小屋温泉に泊ったこともあったが、
今回は武尊山に登り、下山後 廃校となった上の原分教場を改装した山荘に泊まり、藤原の里を
再び覗いてみようと計画した。


「山行クロニクル No.42」   武尊山      単独
’09.10.4(日) 浦和=関越道水上IC=武尊神社 裏見ノ滝駐車場~不動明王~手小屋沢
            避難小屋~クサリ場上(ここで撤退)~湯ノ小屋温泉(泊)
    10.5(月) 湯ノ小屋~藤原の里散策=水上IC=小出IC=栃尾又温泉(泊)

                                      (写真はクリックして拡大してください)
P1000027.jpg P1000026.jpg
登山口 武尊神社     マユミ

 早朝3時に家を出て、武尊神社 裏見ノ滝駐車場 6時着。日曜日とあって既に7~8台の車があった。
朝食後、眠くて身体が重いが用意を整え 神社に詣で7時20分、登山道へ分け入る。

P1000008.jpg P1000012.jpg P1000019.jpg P1000021.jpg
登山道の紅葉 点描

 計画では、手小屋沢尾根を登り 武尊山~剣ヶ峰山を経て、武尊沢沿いの尾根を降り周回する予定
であった。
前日までの雨で濡れ落ち葉の下に隠れた木の根で滑ること夥しい。気が抜けない急登を喘いで
針葉樹の森まで上がる。
手小屋沢分岐への急登で滑り、転倒を防ごうと余計な力がかかったのかストックを折ってしまった。

P1000015.jpg
手小屋沢分岐

 この分岐で大休止。何組かの健脚者が先行していく。
避難小屋を過ぎ再び急登にかかる。 最初のクサリ場を攀じり、休止。 既に11時。
最近の登りは極めて鈍足である。

 山頂まであと1時間弱であろうが もう今日は此処までと 手小屋沢右岸尾根のダケカンバの紅葉
を眺め、往路を降ることにした。

P1000010.jpg P1000011.jpg
クサリ場           始まった尾根の紅葉

 3時前、駐車場に戻り 今夜の宿 湯ノ小屋温泉へ向かった。
武尊山頂からの雄大な眺望は また次の機会となってしまったが、奥利根周辺の峰々は岩山にない
幽玄の雰囲気がこの季節 好もしい。

藤原の里 点描

P1000031.jpg P1000033.jpg P1000034.jpg P1000037.jpg

 時の移ろいは速く また激しいものであった。
もはや昔の面影はまったくといってよいほど無くなってしまっていた。
                                        (写真はクリックして拡大してください)








関連記事

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/49-03cb29a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)