俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



菅平(小四阿)
P1020224.jpg 菅平牧場から 根子岳(左) 四阿山(中) 小四阿(右)
                                          (写真はクリックして拡大してください) 
 このところ2週続けて菅平高原、志賀高原を訪れた。
先週は、菅平、嬬恋、万座 そして残雪の渋峠を越えて 情緒溢れる渋温泉の湯へ。
今週は走るだけでなく 半日ほど時間をさき 昔、まだ小学生だった息子達のラグビースクール夏合宿
の芝生の整備具合を覗いたり、菅平牧場から四阿山への登山道を辿ってみた。

 小四阿(しょうあずま)ピーク、1917mまで登り、中空に浮かぶ残雪の北アルプスや頚城三山、
春霞の浅間山や湯の丸山、眼下の目の覚めるような緑の牧場を眺め、高原の薫風と新緑を満喫した。

P1020201.jpg P1020206.jpg P1020213.jpg
根子岳           小四阿ピーク        四阿山

 小四阿ピークからみる根子岳は 若草の装いが美しく、また、中四阿の奥に覗く四阿山は針葉樹
の濃い緑が際立っていた。
登りの途中、若いニホンカモシカに遭遇できたのは幸運だった。今年はや2度目。
登山道はスミレの他 小さな高山植物が顔を出し始めていた。

P1020190.jpg P1020192.jpg P1020221.jpg P1020218.jpg
ニホンカモシカ



P1020148.jpg P1020151.jpg
渋峠からみた四阿山と根子岳   渋温泉、外湯のひとつ・大湯









関連記事


この記事に対するコメント

息子さん達は小学生でラグビーしてらっしゃったのですか!!
富山のような田舎では、そんなラグビーのようなかっこいいクラブはありませんでした(笑)

菅平、志賀高原というとゲレンデしか思いつきませんでしたe-263
稜線はあまり高い木がなく見晴らしがとってもよいですね。
小四阿ピークの指導標の下に『ファイト』と書かれているのが、なんかいいですe-257
【2009/05/28 14:50】 URL | RR #BS/QXebM [ 編集]

RRさん こんにちは
 そうですね 子供達のラグビースクールは京都在住時代、そして東京に帰ってから秩父宮に通わせていました。もう三十数年も昔になります。いまでも菅平の夏は 中学から大学、社会人まで集まりラグビー一色の世界ですよ。

 今回は時間がなく中腹まででしたが、高原の初夏を楽しみました。四阿山より根子岳に
惹かれました。
【2009/05/28 19:51】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


 こんにちは!
根子岳・四阿山は1度登っただけで、今度はお花のいい時期に・・・と思いながらせっかくの長野生活中には登りませんでした。 写真の新緑と雪がいいですね!

 そういえば菅平を通った時、ラグビー合宿の学生さんが大勢いましたっけ。
スポーツショップもあり、冬場だけじゃなく夏場も頑張ってるなあ~と感心しました。

 白濁?した温泉、たまりませんね~・・・v-48
【2009/05/29 01:12】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]

キレンゲショウマさん、こんにちは
 根子岳への若草を分ける道は この季節、魅力的に想えました。
まさに風薫る道 といえそうです。

霞に浮かぶ残雪の北アルプスからも 雪消の水音が聞こえてきそうでした。
【2009/05/29 09:01】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

嬬恋から
先日訪れた嬬恋から見えた山並みに四阿山があり
夕陽が落ちるのを眺めてました。
登りたいと思いながら見上げただけの山でしたが
いつかは登ってみたいものです。

白濁の温泉も魅力的ですね^^
【2009/05/30 21:49】 URL | カルネ #VhNaT.1s [ 編集]

カルネさん、こんにちは
 菅平、嬬恋、志賀など、この季節の緑は清々しいですね。
渋峠から横手山への道はまだ除雪されておらず、走れませんでしたが
高原の春を楽しめました。

 渋温泉はお薦めの湯のひとつです。
老舗旅館の和風建築も 趣き深い細い路地に点在する外湯めぐりも・・・


【2009/05/31 09:03】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]

カンペイ
 今晩は
 ラグビーはしませんが
 夏ラグビー部合宿のメッカ 菅平はカンペーと呼ばれていたような
 私は体育の授業 オリエンテーリングで初めて訪れたました
 以後 湯の丸高原を始めこの山域にはなじみ深くなりましが
 夏冬ともに穏やかで良い山ですネ
【2009/06/03 22:39】 URL | noyama #B7q/.fmY [ 編集]

noyamaさん、いつもありがとうございます
 カンペイ・・・、懐かしい言葉ですね。もう40数年前になりますか、この地の練習で
編み出された フルバックのライン参加の攻撃パターンのひとつです。

 今回は時間がなく登頂できませんでしたが あらためてゆっくり歩きたい山々だと
思いました。
またまたPCが一週間ほどダウンしてしまい 御礼が遅くなりすみませんでした。
【2009/06/07 01:21】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/39-a532c4f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)