俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



岳 と 花  Ⅱ
下山後、鄙びた湯に浸かりひとり、山行のあれこれをふり返っていると 「自然と向き合える体力、
自然を味わえる感性、自然に応えられる知力」 をいつまでも大切にしたいと とみに想うこの頃です。

「俄歩」(ガフ)とは 造語。
俄か歩き、我儘歩き の意を込めてブログタイトルとしています。
学生時代に友と歩いた山 歩きそびれた山々、かって妻と二人で歩いた山など ひとり静かに
楽しんでいます。

私は「山の画文集」が好きです。
高みに立ったとき 幽谷を彷徨ったとき、自分に絵心があればこれを画き 詩心があればこれを詠いたい
と切に想うのですが、才なき身にはただただ眺め、再びここに立ちたいとこだわるのみ。
「霧の山稜(加藤泰三)」、「日翳の山 ひなたの山(上田哲農)」、「山の眼だま(畦地梅太郎)」など
繰り返し翻いてもあきない。
梅雨に煙るキタダケソウ、初冬の穂高岳の岩稜、霧の中の薬師岳・・・。 私自身、脳裏に浮かぶ
画材にはこと欠かないのだけれども・・・。

いまだHPを作成するまでにはPCの技術が伴わず、忸怩たる想いは募るものの、 自然を愛する心を育んでもらいたいと願う身近の小さき者の成長にはまだ時がある・・・と記録を綴っています。

                                           (写真はクリックして拡大してください)

穂高岳 ('06.10.11-16)
  2006_101606奥穂高・涸沢岳0072 2006_101606奥穂高・涸沢岳0025 2006_101606奥穂高・涸沢岳0019 2006_101606奥穂高・涸沢岳0041

北岳 ('06.6.28-7.1)
  DSCF0727.jpg     DSCF0728.jpg DSCF0691.jpg DSCF0739.jpg

栗駒山 ('06.6.2-4)
  2006_0608栗駒&姥湯0014 2006_0608栗駒&姥湯0013 2006_0608栗駒&姥湯0023 2006_0608栗駒&姥湯0016





槍ヶ岳 ('06.9.15-17)
  2006_0915060007.jpg 2006_0915060011.jpg 2006_0915060037.jpg 2006_0915060025.jpg

鳳凰三山 ('07.10.21-24)
  DSCF1634.jpg DSCF1626.jpg DSCF1650.jpg DSCF1673.jpg

会津駒ケ岳&尾瀬 ('07.5.28-6.1)
  2007_0601会津駒&尾瀬0008 2007_0601会津駒&尾瀬0017 2007_0601会津駒&尾瀬0016 2007_0601会津駒&尾瀬0025
  2007_0601会津駒&尾瀬0036 2007_0601会津駒&尾瀬0067 2007_0601会津駒&尾瀬0047 2007_0601会津駒&尾瀬0078





八ヶ岳 ('07.6.20-22)
  2007_0622八ヶ岳0004 2007_0622八ヶ岳0021 2007_0622八ヶ岳0022 2007_0622八ヶ岳0012

那須三山 ('07.4.5-6&10.14-15)
  2007_0421那須三山0002 2007_0421那須三山0006 2007_0421那須三山0007 2007_0421那須三山0008
  DSCF1585.jpg DSCF1591.jpg DSCF1603.jpg DSCF1607.jpg





室堂~五色ヶ原~薬師岳~折立 ('07.7.17-22)
  2007_0721薬師岳縦走0032 2007_0721薬師岳縦走0011 2007_0721薬師岳縦走0016 2007_0721薬師岳縦走0025

鹿島槍ヶ岳~針ノ木岳 ('07.9.9-14)
  DSCF1456.jpg DSCF1461.jpg DSCF1512.jpg DSCF1483.jpg

北穂高・ブロッケン現象 ('08.9.29-10.4)
  P1010335.jpg P1010341.jpg P1010328.jpg P1010345.jpg















































  
関連記事

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/03/19 20:07】 | # [ 編集]


なんだか写真を見ていて涙が出てしまいました。

自分もどんな意味の涙か、よくわかりません。

ただ、山って素晴らしいな、人って素晴らしいなって思いました。


いつかぜひ、俄歩人さんにお会いしたいです。


『自然と向き合える体力、自然を味わえる感性、自然に応えられる知力』
俄歩人さんのこの言葉、変な邪心が入らないようにいつも自分に言い聞かせています!!
【2009/03/26 09:40】 URL | RR #BS/QXebM [ 編集]


 そうですね、私もまた素直に「山ってすばらしい・・・」と思います。
ひとそれぞれ 想いの濃淡や具象は異なるかもしれませんが、心の糧として
いつまでも大切に醸成していきたい・・・と考えています。

 まだお若いRRさん、相方さんとともに これからも素晴らしい体験を積まれる
ことでしょう、願っています。
【2009/04/01 11:09】 URL | 俄歩人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/34-823d313d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)