俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



八ヶ岳
「山行クロニクル NO.10」

20070825224432.jpg ツクモグサ          (写真はクリックして拡大してください)
                              
 南八ヶ岳: 硫黄岳・横岳・赤岳             単独
‘07年 6月20日(水)~6月22日(金)   2泊3日
6.20(水)浦和=中央道(南諏訪IC)=八ヶ岳西麓 美濃戸口~美濃戸~北沢~赤岳鉱泉(泊)
  21(木)鉱泉~赤岩ノ頭~硫黄岳~横岳(奥の院)~大権現~三叉峰~二十三夜峰~地蔵仏~
       赤岳頂上小屋(泊)
  22(金)小屋~赤岳頂上~文三郎尾根~行者小屋~南沢~美濃戸~美濃戸口=中央道=浦和


 先月、残雪の甲武信岳から十文字峠への道を歩いたとき、時ならぬ5月の雪に覆われた
南八ヶ岳連峰が美しく再び登りたいと強く意識し、すぐ今年の山行年度計画を練り直し 
どうせ登るならツクモグサの咲くこの時期にと決めた。

6.20(水)浦和6時30分出発、首都高速道路早くも渋滞、中央道南諏訪ICより、西麓の登山口
である美濃戸口着10時。八ヶ岳山荘駐車場1日500円、3日分1500円を払う。

 美濃戸口から登山道が始まる美濃戸までは車の通る林道、念のためアイゼンを詰めたザックは
15キロ弱。
八ヶ岳へ西麓から登るのは初めて。15年前、まだ妻が山を共にしていた頃、東麓の本沢温泉に
泊まり 夏沢峠から硫黄岳~横岳~赤岳を縦走しようとしたが、硫黄岳まで来たところ 妻の体調が
がおもわしくなく、北八つ方面へ転換、根石岳・天狗岳を経て黒百合平へ下ったことがあった。

 美濃戸まではときどき晴れ間が覗き、沢グルミ、ミズナラなどの混交林の中ホトトギスやウグイス
そして蝉の声を聞きながら汗をかく。この山行で陽が出たのはこの1時間のみ。
美濃戸から登山道、北沢ルートを選び赤岳鉱泉を目指す。早くも日が翳り曇天となる。
北沢は鉱泉の鉄分を含んでいるためか岩も河床も皆赤黒く、暗い沢。

2007_0622八ヶ岳0001 2007_0622八ヶ岳0002
北沢             曇天に覗く横岳の稜線

 1時半には赤岳鉱泉に着いてしまった。
小屋前でガスの切れ目から見えるギザギザの岩峰 横岳は刃がこぼれたノコギリのよう。
硫黄岳まで足を伸ばすか検討したが、稜線に出てもこの曇天は変わりそうも無いので今日は鉱泉泊まり
とする。 なんだか初めから余裕ありすぎ。ひとり一番風呂。そして生ビール。

 小屋の大部屋の窓から覗くと下山する人達が結構見える。皆、この時期に咲くツクモグサが見たくて
岳へ登ったのだろう。こんな場合もあるだろうと多めに持ってきたウイスキーとつまみでひとり宴会を
続ける。
何せ30人用の大部屋に一人だもの。まあ食事前には何人か相部屋になると思うけど。
結局、夕食時までに大部屋は総勢5人、明日私が歩く予定の峰々を縦走してきた単独行の男性と
午前中、仕事を片付けて登ってきた同じ職場勤めの女性1人を含む男性2人の3人グループ。

6.21(木)朝、7時、勇躍硫黄岳への急登を励む。曇天、いまにも雨が落ちてきそう。
 トウヒ、シラビソの林を過ぎ、シャクナゲとハイマツ帯に出て、赤岩ノ頭からの稜線は風速10~15
メートル、時に20メートル近い突風にあおられ、立ち止まること多し。2時間余りで硫黄岳山頂。

2007_0622八ヶ岳0004 強風の硫黄岳 山頂

 15年前、妻とここに立った時は快晴で、北八つも南八つもすべて見渡せたのに本日はガスで
全く視界なし。強風のみ吹きすさび早々に頂上を後にする。
濃いガスのなか、次々と現れる七つのケルンに導かれて横岳方面へ、途中、お腹が減ったので
硫黄山荘に立ち寄りラーメンを注文。非常に良心的な一品。
自炊道具一式と食料を持参するも小雨と強風の中でひとり食事を作るのは何となく侘しくてついつい小屋の
メニューに頼ってしまう。澄み切った陽光の下、周囲の峰々を眺めながらならば出来上がるのが
待ち遠しいぐらい楽しく自炊できるのに。

 台座の頭を過ぎ横岳奥の院へのクサリ場あたりからツクモグサが目に付くようになった。
曇天、強風、冷たいガスのため、開花したものも皆、花弁をすぼめてしまっている。 残念。
なんとか写真に撮る。

2007_0622八ヶ岳0006 2007_0622八ヶ岳0007
ツクモグサ         ツクモグサの群落

 このツクモグサの花弁は淡い透き通った黄色で裏側に産毛が生えている。ここ八ヶ岳の横岳周辺と
白馬岳の一部でしか今は見られない ということでこの時期訪れる女性の多くはこの花が目当て。

 横岳のやせ尾根はツクモグサ以外にもキバナノシャクナゲ、オヤマノエンドウ、ツメクサ、イワウメ
などが咲き乱れている。コマクサやウルップソウはこれから。
特にキバナノシャクナゲは群生し楚々とした風情を醸し出している。
    
2007_0622八ヶ岳0005 2007_0622八ヶ岳0009
キバナシャクナゲ     オヤマノエンドウ

 とにかく濃いガスのため周囲は全く見えないので足元の花にしか目がいかない。
横岳頂上、11時着。大休止。携帯が通じたので妻にメッセージを入れる。
横岳から赤岳への岩峰尾根はクサリとハシゴの連続のやせ尾根、まったく気が抜けない。
中高年夫婦のカップルに何組か出会ったが、強風と雨の中 一部崩壊が進んでいるこのやせ尾根
のクサリ場を避け、硫黄岳方面から来た人は奥の院付近で、また 赤岳方面から来た人は
二十三夜峰付近で引き返す組が多い。

 雨が強くなり、赤岳頂上小屋泊まりと決めひとふん張り。行者小屋へ下る地蔵尾根の分岐に鎮座
するお地蔵様の赤いチャンチャンコが雨に濡れ重たそう。

2007_0622八ヶ岳0017 地蔵

 赤岳展望荘の前を素通りし、最後の直登にかかる。200メートルぐらいのクサリが連続する。
はじめは20度くらいの傾斜が、最後の方は35度を越えた。足元は名の通り赤茶けた濡れた岩、
手元は濡れたクサリ、滑ったら止めるのが難しい。
結構、体力を使い頂上小屋(2893m)にたどり着く。時に2時15分。

 あとほんの僅かで頂上、ボヤーと霞んで頂上標識が見え隠れするが、どうせ視界が利かない
のだから明日の楽しみにと そのまま小屋に入る。
 本日も宿泊一番乗り。可愛い娘さんのスタッフが笑顔で迎えてくれる。今夜の泊まりは私と
夕方着くという6人の団体のみ。

     
 石油ストーブをつけてくれた北と東に大きく窓がある食堂でくつろぎ、晴れていれば大パノラマが
見られるのに・・・白いガスの檻の中で黙々と酒を酌む。
小屋裏北側にはまだ残雪がベッタリ。ガスの切れ目に名前は分からないが小鳥が2羽、雪渓の
雪虫をついばみながら登っている。
     
 夕方4時、団体さん到着。女性4人、男性2人の中高年パーティ。西麓の唐沢鉱泉から天狗岳、
根石岳、硫黄岳、横岳を越えてきたという。休み無しで7時間のコースを10時間かけて
歩いてきたようだ。ああしんど、もうダメとなかなか喧しい。
まるで踏んだピークの数と歩いた距離を競った頃の若者のよう。
明日は権現岳、編笠岳を越えて観音平まで下るという。頑張るなあ。
    
 夕食はカレーライス。一晩中、南西の強風が吹き荒れ、小屋が悲鳴を挙げ熟睡できず。

6.22(金)小屋で聞いた天気予報は午後から本格的な雨とのこと。    
 いささかでもガスの切れ目をと期待したが、諦めて7時半、小屋をでる。
何も視界の無い赤岳頂上で標識と社の写真を撮る。強風のため三脚は立たない。
     
2007_0622八ヶ岳0021 2007_0622八ヶ岳0019 2007_0622八ヶ岳0022
赤岳 頂上                         権現岳との分岐

 根雪の残る阿弥陀岳を廻るルートは避け、ショートカットして文三郎尾根を行者小屋へ向かう道を
とる。雨混じりの突風の中、権現岳へのキレットと文三郎尾根分岐までまたまたクサリとハシゴの連続。
文三郎道は整備されているがザレた登山道。
カカトで踏ん張るも二度ほど、ザ、ザアーと足を捕られ尻餅を着く。誰も見ていなかっただろうな 
とつまらない見栄を張る。
     
 標高2600mぐらいのところ 雪渓の脇に峰ザクラと岳樺の群落。峰ザクラはつぼみ、岳樺は
新芽がほころび始めている。

 行者小屋、9時。またまたラーメンを注文。山小屋はラーメンかおでんが比較的当たり外れなく
食べられる。
 雨が激しくなり、小屋からは南沢を降る。古色蒼然としたシラビソやツガ、カラマツの針葉樹林帯、
林床には苔が一面に付き、北八ヶ岳方面の雰囲気を漂よわせているが、北八つの、あの苔の厚さ、
色合いの深さ、思わず手で触りたいような深遠な美とは程遠い。
昨夜の強風のせいかサルオガセの千切れた片々が登山道に灰緑のしみをつけている。

2007_0622八ヶ岳0027 2007_0622八ヶ岳0028
ガスの南沢

 週末を稜線で という登山者7~8組とすれ違う。明日は晴れれば良いのだが・・・。
南沢は往きの鉄分を含んだ鉱泉の影響を受けて赤黒い北沢と異なり、水量は少ないが澄んだ
明るい沢だ。途中、コイワカガミの小群落に出逢う。
      
 美濃戸、11時着。山荘のベンチで休憩していると傘をさした男性があらわれ、近々奥さんと一緒に
登りたいので下見にきました という。
いろいろ聞かれ稜線の花々、とくにツクモグサの話をしていたら、美濃戸口まで自分の車で
ご一緒にどうぞ と言ってくれたので喜んで便乗させて貰う。雨の中の単調な林道を40分歩かないで
済んだ。
 車の中に畑で使うような品々がいろいろ積んであったので聞いたところ、都下町田の住人で近くに
畑を借り、無農薬栽培を目指して野菜作りを始めたところだという。
奥さんいわく、新鮮なのは良いですがものすごく高くつく野菜です と笑っていた。

 12時、美濃戸口 八ヶ岳山荘の駐車場。生ビールを飲みながらこの山行を振り返る。
三日前、歩き始めの1時間ほど晴れ間が覗いただけで後はガスと風、雨の山歩きだった。
しかし、15年前妻と歩きそびれたルートを完遂したのと、この山でこの時期にしか見られない
ツクモグサを愛でられたことで、何となく一区切りついたのかな と納得した。

2007_0622八ヶ岳0016        (写真はクリックして拡大してください)

     
関連記事

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/3-0bec95e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)