FC2ブログ
俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
雪山は2011年1月、
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



那須高原の湯と風
 晩夏の気怠い倦怠感を洗い流そうと北関東那須高原へドライブ。
八幡峠から「白河以北ひと山百文」の大地を眺め、つつじ吊り橋を
渡る風に吹かれた。
 はや雲に巻かれそうな茶臼岳と朝日岳を仰ぐ。
冷風の通り道なのか気の早いもみじが一本。   (写真はクリックして拡大してください)

DSC02230.jpg 茶臼岳(左)と朝日岳(右)

DSC02225.jpg DSC02234.jpg DSC02232.jpg


 平日の昼なのに 元湯・鹿の湯は酸性・白濁の濁り湯を楽しむ人々で混んでいた。
源泉68度。 41、42、43、44、46、48度と湯温6通りの浴槽が並ぶ。
さすがに48度の浴槽には 湯もみ板が置いてあった。

DSC02213.jpg DSC02212.jpg DSC02219.jpg DSC02220.jpg


(2019.9.17 那須にて)







関連記事


この記事に対するコメント

那須は、ゆっくりしたことがありません。
できたら、三斗小屋温泉に泊まってのんびりしたいなと思っているのですけれど。
【2019/09/20 16:35】 URL | devilman #- [ 編集]

こんばんは devilmanさん
 杜の都で青春の譜を紡いでおられたのに 那須三山を
ゆっくり歩かれたことがないとは…。
紅葉の秋か真冬の雪景色が似合う山域です。
三斗小屋温泉は 大黒屋も煙草屋も宿泊したことがありますが、
それぞれ個性があり 私は好きな湯のひとつです。
 いまだハードな山歩きを楽しんでおられるdevilmanさんには
少し物足りない山域とは思いますが、紅葉の素晴らしさは
格別です。(拙ブログ2007年10月、2015年10月)
 コメントをありがとうございました。

【2019/09/20 17:19】 URL | #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/245-a6197fc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)