FC2ブログ
俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
雪山は2011年1月、
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



春の妖精を尋ねて
DSC01955.jpg DSC01964.jpg (写真はクリックして拡大してください)

 この春は セツブンソウを尋ねて秩父堂上も栃木星野の里も訪れなかった。
春休みで泊まりに来ていた孫娘を連れて 名残の春を探そうと
岩うちわとカタクリの群生地で知られた栃木那珂川町の馬頭温泉郷へ
泊りがけで出かけた。

 この馬頭温泉は昔、この方面でゴルフを楽しんでいた頃 よく泊まったものだが、
8年前の大震災後 すっかり寂れてしまったようだ。
廃業した宿も多く、老舗宿の女将の話では 昨今は年末の忘年会で忙しいくらいです・・・
と淋しそうだった。
 まだ冬枯れの風情が残る那珂川河畔、残雪の日光連山を遠くに望み
落日の美しさを露天風呂から楽しむ。

馬頭温泉   アルカリ性単純泉 源泉46.8度
DSC01936.jpg DSC01937.jpg DSC01938.jpg

2019.3.26(火)浦和~鷲子山上神社~馬頭温泉(泊)
     3.27(水)馬頭温泉~富山イワウチワ舟戸群生地~三輪カタクリ群生地~浦和

 「梟」が好きな妻も初めてというパワースポット、栃木・茨城の県境
鷲子山上神社(別名ふくろう神社)に訪拝する。
標高460m、冷たい風のなか、山上境内にはまだ寒椿が咲き残り、
可憐な風情を添えていた。
DSC01933.jpg

鷲子山上神社とふくろう(不苦労)
DSC01926.jpg DSC01928.jpg DSC01929.jpg

DSC01932.jpg DSC01931.jpg


 翌日、まず富山地区のイワウチワ舟戸群生地へ・・・

DSC01946.jpg 尾根へ取りつく

イワウチワの群落
DSC01943.jpg DSC01952.jpg DSC01950.jpg DSC01954.jpg

杉木立のなかには ショウジョウバカマ
DSC01959.jpg DSC01960.jpg


 その後、三輪地区のカタクリ群生地へ。
ここではキクザキイチゲやミズバショウも見られた。

DSC01964_2019032819302160f.jpg DSC01962.jpg DSC01967.jpg

DSC01968.jpg DSC01969.jpg

DSC01972.jpg


 イワウチワとカタクリの組み合わせは 越後・魚沼の坂戸山を想い出させてくれた。
                             (月別アーカイブ2017年4月坂戸山参照)
帰途 見かけたコブシとハクモクレン
DSC01973.jpg DSC01974.jpg (写真はクリックして拡大してください)













関連記事


この記事に対するコメント
来訪ありがとうございます。
片道3時間の低山?993mの米山から転落して救急ヘリコブターで運ばれたこともありました。

突然唐突ですが、
「千羽鶴。最速・最高齢の奉納祈願旅」へのチャレンジ
https://camp-fire.jp/projects/view/140532#sp-return
協力・支援のお願い書き込みでした。お邪魔しましたがヨロシクです。

【2019/04/04 09:37】 URL | 遊助320 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/238-8e48c2cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)