FC2ブログ
俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
雪山は2011年1月、
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



岳 と 花 Ⅻ
 趣味の山歩きを復活し、その後、拙いブログを綴りはじめて12年。
長年の悪癖故のPOCDのため 登りでは息が続かず 高嶺は届かなくなった。
結果として その年の山行を振り返る「岳と花」も 「岳」行がなくなり
望岳の旅となって久しい。

P1040218_20181225095006077.jpg P1010541_20181225095153542.jpg       (写真はクリックして拡大してください)


 「霧の山稜(加藤泰三著)」「日翳の山 ひなたの山(上田哲農著)」
「山の眼玉(畦地梅太郎著)」など 若い頃から好きだった山の画文集を繙き、
過去の山行を思い浮かべる日々が多くなった。

 ひとり山旅を続けていると かって秘境といわれた地や
秘湯を守る会の湯を訪うことも多く、その今昔の変化に今更のように
己の齢に気付かされるものだ。

DSC01290.jpg P1040057_2018122510094825e.jpg



 今年は「袋田の瀧」にはじまり、「袋田の瀧」への小旅で終わった。
歩いた峰は 南アルプスの前衛の入笠山のみ。
 6年半の長きにわたった海外勤務を終えて長男(Meiパパ)が
新年早々帰朝することになった。
何かにつけ我家に泊まり込んでいた孫娘Meiの訪問も 来年からは
少なくなりそうだ。
 この先、ひとり漂泊の山旅となるか 妻と静かな湯を訪う旅となるか・・・。



和紙の里   2018.1.11
DSC01293_20181225102241e3a.jpg DSC01296_20181225102326277.jpg DSC01297_20181225102505bb7.jpg DSC01304_2018122510255408e.jpg

袋田の瀧と月居の湯  2018.2.5~6
DSC01309_20181225102908b2c.jpg DSC01319_20181225103011b1e.jpg     DSC01325_20181225103117db2.jpg DSC01327_201812251032344e0.jpg

忍野八海と不動湯  2018.2.9
DSC01345_201812251034408a6.jpg DSC01344_201812251035552a8.jpg DSC01350_201812251036423a4.jpg DSC01362.jpg

秩父堂上のセツブンソウ  2018.3.7
DSC01372_20181225103907f22.jpg DSC01370_20181225103955bf4.jpg DSC01371_201812251040525e7.jpg DSC01374_20181225104146b6e.jpg

中国 上海への旅  2018.4.5~8
DSC01422_20181225104341599.jpg DSC01426_20181225104432148.jpg DSC01433_20181225104519682.jpg DSC01469_201812251046076d1.jpg

入笠山  2018.6.3
DSC01541_201812251047392c1.jpg DSC01542_201812251048334b1.jpg DSC01546_20181225104947484.jpg DSC01553_20181225105045ce9.jpg
DSC01536_201812251051319e2.jpg DSC01556_2018122510525605c.jpg DSC01568_201812251053504f8.jpg DSC01575_20181225105457531.jpg

飯豊山麓  2018.6.25~26
DSC01609_20181225105632b52.jpg DSC01608_20181225105723e57.jpg DSC01595_20181225105818dd9.jpg DSC01588_20181225105923aa0.jpg
DSC01585_201812251100117dd.jpg DSC01597_20181225110126dd3.jpg 1024px-Gentiana_nipponica_var__robusta_1.jpg DSC01590_2018122511041522f.jpg

ひまわりとホテイアオイ  2018.8.2
DSC01630_20181225110633405.jpg DSC01629_20181225110711307.jpg DSC01638_20181225110818181.jpg DSC01636_201812251108585eb.jpg

道南・亀田半島と松前半島  2018.8.31~9.2
DSC01655 (1) DSC01696_20181225111514336.jpg DSC01706_20181225111607b37.jpg DSC01710_201812251117017a9.jpg
DSC01693_20181225111817c17.jpg DSC01685_201812251119108a7.jpg DSC01721_20181225112016f21.jpg DSC01668_201812251121293c3.jpg

丸沼高原の秋  2018.10.9
DSC01752_20181225112330a10.jpg DSC01758_20181225112419943.jpg DSC01759_20181225112513f6b.jpg DSC01761_20181225112558200.jpg
DSC01746_201812251126510ab.jpg DSC01745_20181225112736730.jpg DSC01734_20181225112835314.jpg DSC01730_20181225112915047.jpg

奥利根の紅葉と湯ノ小屋温泉  2018.10.22~23
DSC01783_20181225113121a35.jpg DSC01775_20181225113237b54.jpg DSC01799_20181225113326d5c.jpg DSC01798_201812251134299c1.jpg
DSC01770_20181225113526057.jpg DSC01779_201812251136159c2.jpg DSC01786_20181225113714d6c.jpg DSC01791_2018122511375518d.jpg

城ケ島散歩   2018.12.8
DSC01829_201812251139411d4.jpg DSC01820.jpg DSC01822_2018122511412502c.jpg DSC01831.jpg

五浦海岸と袋田の瀧  2018.12.18~19
DSC01832_201812251143568e4.jpg DSC01840_20181225114443fec.jpg DSC01848_20181225114528a77.jpg DSC01856_20181225114612d49.jpg



 かって深田久弥氏が選定した百名山は71座、好きだった北岳や奥穂・北穂、槍ヶ岳など
季節やルートを変えて何度も歩いた峰の頻度を加えると、100回近くの登攀になる。
 また同様に 30年前、岡田喜秋氏らによって選定された日本の秘境100選の地も
数えてみれば70ヵ所以上歩いている。
経年により 秘境とは言えなくなった地もあるが、こちらの方はまだまだ訪う機会がありそう・・・。



P1020594_2018122511564639a.jpg P1010563_20181226132738f72.jpg P1020530_20181226133523880.jpg




2006_101606奥穂高・涸沢岳0025 2007_0721薬師岳縦走0011 P1010601_2018122613304949b.jpg P1010604_20181226133252af2.jpg
 
                             (写真はクリックして拡大してください)






























































関連記事


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2018/12/26 16:46】 | # [ 編集]

Iさん こんばんは
 OB会で久しぶりにお逢いできてよかったです。
いつも折々のメッセージをありがとうございます。
 拙ブログもいつまで続けられるかわかりませんが、
歩けるうちはボケ防止になるかと・・・。
昔のフィルム時代と異なり 便利になった昨今は
いつもPCに保存しています。
 よき年をお迎えくださいますよう。  俄歩人
【2018/12/27 22:43】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/235-c9857046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)