FC2ブログ
俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



岳と花 Ⅺ
P1010345_20171209155454d79.jpg   と  2009_0303節分草0001  (写真はクリックして拡大してください)

 毎年末、その年の山行を振り返る「岳と花」も11回目。
ここ1~2年に引き続き 今年も高嶺を歩くことはなかった。
「岳と花」というタイトルなのに 「岳」行が無くなり「花」よりも「湯」の写真が
多くなってしまった。

 若い頃から山の画文集が好きだった私は、
かって年に一度くらいは己の山行を画と文で綴りたいと考えたこともあった。
が、わずかに絵心があってもキャンバスに具象化する画才の無い自分には
難しく断念、いまだに写真ブログのままとなっている。
この分野は私よりも表現力豊かな孫娘Meiに期待するのみ。


2017年 抜萃

湘南二宮の吾妻山 (1.17)
DSC00800_20171209162107976.jpg DSC00809_20171209162227ceb.jpg DSC00798_20171209162312a5f.jpg DSC00811_20171209162400be8.jpg

秩父芦ヶ久保の氷柱 (1.22)
DSC00829_20171209162639c80.jpg DSC00833_201712091627297ce.jpg DSC00834_20171209162812837.jpg DSC00832_20171209162856cd7.jpg

残雪の魚沼・坂戸山 (4.28)
DSC01033_2017120916310664c.jpg DSC01028_20171209163216772.jpg DSC01030_2017120916330429b.jpg DSC01048_20171209163350998.jpg

西伊豆・暗沢山 (6.16~17)
DSC01061_20171209164109771.jpg DSC01101_201712091642167f0.jpg DSC01091_201712091643304ef.jpg DSC01071_20171209164410169.jpg

妙高・小谷林道 (8.23~24)
DSC01134_2017120916471129a.jpg DSC01138_2017120916480522c.jpg DSC01145_201712091648561e6.jpg DSC01127_20171209164942175.jpg

栃木・大谷石採石跡 (9.22)
DSC01180_201712091651565d1.jpg DSC01169_20171209165303047.jpg DSC01171_2017120916534535b.jpg DSC01155_20171209165430a1d.jpg

青森の紅葉 (10.20~22)
DSC01241_20171209165639bdd.jpg DSC01233_20171209165753b83.jpg DSC01239_2017120916583046b.jpg DSC01229_20171209165912577.jpg
DSC01246_20171209170007f5c.jpg DSC01258_201712091701167e9.jpg DSC01262_20171209170153c04.jpg DSC01260_20171209170233a71.jpg

山梨甲府・昇仙峡 (11.8)
DSC01266_20171209170422e91.jpg DSC01267_2017120917050293a.jpg DSC01275_20171209170540ad2.jpg DSC01263_20171209170615c7b.jpg





北アルプス 想い出の峠道
 山の鞍部でも登山道上の「乘越」とは異なり、集落と集落を結ぶ
尾根越えのいにしえからの生活道であった峠。
 登山や山旅の途上で歩いた峠を 先達の山行記や炉辺話とともに
想い出すことが多くなった・・・。

ザラ峠
2007_0721薬師岳縦走0021 2007_0721薬師岳縦走0020
立山連峰の尾根越えの峠
獅子岳と五色が原の鞍部に位置する越中から信濃への2つの峠のひとつ 標高2,342m。
古くは戦国武将佐々成政の峠越えの伝説で知られ、近くは立山カルデラの崩壊がすさまじく
著名な立山温泉を廃湯にした赤ザレの崩壊壁が荒々しい。
鬼岳と獅子岳の白い雪渓を降ると 新緑の草原を拡げる五色ヶ原への鞍部に
立山カルデラの赤壁が印象的であった。(月別アーカイブ2007年8月記)
歴史ロマンの漂う峠


針ノ木峠
DSCF1518_20171209172718199.jpg DSCF1521_20171209172756938.jpg
後立山連峰の尾根越えの峠
針ノ木岳と蓮華岳の鞍部にある越中から信濃に抜けるもう一つの峠 標高2,541m。
信州側は扇沢に降る大雪渓、越中側は黒部湖へ続く石ゴロの沢路。
夜は大町の灯がきらめき、反対漆黒の針ノ木谷は星が美しかった。(2007年9月記)
白黒の対比が際立つ峠


徳本峠
P1020953_20171209173711f4f.jpg P1020970_2017120917375033d.jpg
島々から上高地へ抜ける古道
霞沢岳と大滝山の鞍部に位置し 眼前に穂高の岩峰が立ちはだかる峠 標高2,140m。
W.ウェストンにはじまり釜トンネルが開通するまで 幾多の岳人に語られてきた著名な峠。
この峠から眺める穂高・明神の岩峰群と細く光る梓川の一筋が 誰しもの脳裏に刻まれる
勝地であった。(2011年9月記)
陽の移ろいを忘れ 佇みながむ峠


野麦峠
P1030017_20171209174747ce2.jpg P1030022_20171209174823901.jpg
乗鞍岳と鎌ヶ峰の鞍部に位置する古道、飛騨(高山市)と信濃(松本市)を結ぶ 標高1,672m。
「女工哀史」に語られる淋しく物悲しい峠。
この地では クマザサの実を野麦という。
ススキが初秋の風に揺れる峠の旧道は 歩く人もなく、新道を車で走り抜ける人ばかりであった。(2011年9月記)
寂しさばかりが胸に迫る峠












 

















 












関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/219-01994bb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)