俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



雨飾温泉と妙高・小谷林道
 無聊の日々を絶ち 日本海側新潟県糸魚川市へ。
常念岳など安曇野から峰々を眺めて走る糸魚川街道が好きな私は、
安曇野ICで高速道を降り、大町 白馬を過ぎ小谷温泉、姫川温泉を右に
蓮華温泉を左に分けて 根知谷入り口から根知川を遡り、
標高900m 雨飾山の北の登山口 雨飾温泉(梶山新湯)に宿をとった。

 いまは 毎冬10m近い豪雪に耐える頑強な施設となっているが、
50年以上もの昔 訪れた時は 藁葺きに板囲いの湯が中心の湯小屋だった。
かっての内湯は露天風呂に・・・、現在は男女別の内湯もつくられていた。
(写真はクリックして拡大してください)

DSC01131.jpg DSC01132.jpg 雨飾温泉 豪雪に耐える構造

DSC01129.jpg 山荘正面 北側に鬼ケ面山(1591m)

DSC01125.jpg DSC01127.jpg 都忘れの湯 この露天風呂がかっての内湯

DSC01123.jpg 内湯 重曹泉 源泉55度掛け流し

 近年 雨飾山(1963m)へは 南側 小谷温泉からの登山者が多いようで
私も6年前の秋、紅葉を求めて小谷温泉側から 
この峰を歩いたことがある(拙ブログ月別アーカイブ2011年10月記載)
 こちら北側、雨飾温泉の今宵の宿泊者は 高校生団体11人、中高年単独行者2人、
登らず懐かしの湯を楽しみに来た私を入れて13名のみ。

 深夜 星空が美しかったのに 早朝は生憎の雨。
西方に雲の切れ間が覗く頃になって 皆 薬師尾根へ向かっていった。
傘寿までは頑張るつもりですと 昨夜語っていた大阪在住の同年輩の老人が
途中断念して下山してきたので、糸魚川市へ向かう街道のバス停まで送り、
今回の旅の目的のひとつでもある 学生時代の想いで残る妙高小谷林道へ。

 この小谷村と妙高市笹ヶ峰を結ぶ林道は 昔から 崖崩れや倒木などのため
始終不通で 8~10月の2~3カ月しか車では通行できない。
小谷温泉~金山登山口~乙見山峠~笹の平~火打山登山口~笹ヶ峰牧場
と走る。

DSC01134.jpg 小谷温泉山田旅館を望む(拙ブログ2007年8月記載)

DSC01135.jpg 金山登山口

DSC01137.jpg DSC01138.jpg
乙見山峠          乙見湖と笹ヶ峰を望む

DSC01140.jpg ニグロ川支流

DSC01141.jpg DSC01142.jpg DSC01143.jpg
                                  乙見湖に注ぐ真川

DSC01144.jpg DSC01145.jpg 笹ヶ峰牧場
                           (笹ヶ峰と火打山登山は 月別アーカイブ2008年1月に記載)


 雨模様の乙見山峠は 眺望に欠けいささか残念。
赤茶けた崖と緑に縁取られた悪路の林道を 想い出を拾いながらのんびり走る。
赤土がうねり溝が深く抉られ水の流れていた林道は 昔と異なり
砂利がまかれ景色を楽しむ余裕さえあった。
 林道の遙か下を流れるニグロ川、昭和30年代後半でもその名はニグロ、
不思議だった。
往時 笹ヶ峰、火打山登山口の明星小屋で5日間ほどの合宿をした。
山岳部でもワンゲルサークルでもない文系のサークルであったが、
妙高山へは大倉乗越の通過と 火打山では雪渓での注意を教えてくれた
先代の明星小屋のご主人からは シャクナゲの枝で手作りしたパイプを貰ったことが
懐かしい。

笹ヶ峰から赤倉温泉、燕温泉と巡り、上信越道から帰宅。

(2017.8.23~8.24懐かしの湯めぐり 走行距離800キロ)







    

















関連記事


この記事に対するコメント

 お久しぶりです。 わ~、懐かしい地名が次々と出てきて・・・
昔を想いつつ拝見させて頂きました。
 
雨飾山から笹ヶ峰へ抜ける林道、途中のお花はどうなんだろう?と思いつつも
通行止めだったり、その後は訪ねることもなく過ぎています。
久しぶりに行ってみたいなあ・・・と思ってしまいました。 
秋もいいでしょうね?

それにしても二日間で800㎞の走行はお見事です! お疲れだったでしょう?
ありがとうございました。

【2017/08/27 21:43】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]


 こちらこそご無沙汰しております。
雨飾山荘のご主人が嘆くほど この山域の夏は天候不順だったようです。
青春の譜の一頁を訪ねて走り抜けた林道も雨とガス、
金山登山口では キレンゲショウマさんの若き日の追憶コメントが
想い出され、写真に収めました。


 5~6月は Meiママの外岩ボルダリング中の落下、負傷入院への対応などに
追われ、遠出もままなりませんでしたが、
これから 秋を求めての山旅をしたいと考えております。
コメントをありがとうございました。


 
【2017/08/28 11:56】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


 Meiママさんはボルダリングをされていらっしゃるのですね?
さすが我歩人さまのお嬢様ですね。

でも、お怪我をされたとは・・・ホントに大変でしたね。
ご心配だった事でしょう。

秋に向かって山旅を想われるゆとりが出てきたのは
順調に回復されていらっしゃる証拠でしょうね。

今年は、どんな秋に遭遇されるでしょうか?
楽しみにしております。  Meiママさん、お大事に・・・
【2017/09/02 13:14】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]


 優しい励ましをありがとうございました。
夏の日差しが弱かった分 今秋の錦はあまり期待できないかも
しれませんが、静かな峠道と詩情豊かな湯を求めて
北へ旅したいと思っています。
 キレンゲショウマ家も お孫さんたちとの行楽シーズン、
きっと賑やかな秋をお迎えになることと存じます。
【2017/09/03 10:07】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/214-f88c93d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)