俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



坂戸山
 この季節、消えゆく残雪の白い嶺を眺めたく、上越へ向かった。
赤城高原からは 右に武尊山、左に耳ふたつの谷川岳とその連嶺が
白く連なって輝く。
 関越トンネルを抜けると 越後湯沢の町は春真っ盛り。
桜並木が街道を染め、畦は緑色に田を縁取り始めている。
白黒モノトーンの巻機山を車窓に仰ぎ、六日町ICで関越道を降りる。

DSC01033.jpg DSC01014.jpg
坂戸山 山頂      駐車場の案内板       (写真はクリックして拡大してください)

 かって 城が築かれていたという坂戸山、
標高僅か634mであるが、春の山野草に彩られた 魚沼三山展望の小峰である。
登りは薬師尾根コース、降りは城坂コースと決め、のんびり歩きはじめた。

DSC01015.jpg DSC01018.jpg ショウジョウバカマとカタクリ

 薬師尾根は 遠くに大源太や朝日などの谷川連嶺を望み
イワウチワとタムシバに彩られ、眼下には魚野川がキラキラ輝く
まさにイワウチワロード。

DSC01020.jpg 魚野川流域

DSC01023.jpg DSC01025.jpg DSC01030.jpg イワウチワ

DSC01028.jpg DSC01029.jpg タムシバ

DSC01032.jpg 山頂直下の梯子


 雪がわずかに残る坂戸山山頂。
北東指呼の間に八海山、魚沼三山最高峰中の岳、南東に金城山と巻機山・・・
まだ 白さを誇っていた。

DSC01036.jpg DSC01035.jpg DSC01034.jpg
八海山             中の岳            金城山(右手前)と巻機山

 しばし上越の残雪の峰々を熱く眺め 充足する。
平日ではあるが 花と展望の小峰の山頂では、20人程度の方々がそれぞれ憩うていた。

DSC01040.jpg 山頂広場



 下山は城坂コース、こちらはカタクリロード。

DSC01038.jpg 城坂コースと魚野川

DSC01041.jpg DSC01042.jpg DSC01044.jpg カタクリ

DSC01046.jpg 小さな沢に残雪

DSC01043.jpg DSC01047.jpg DSC01048.jpg
ショウジョウバカマ       キクザキイチゲ


 往復450km、浅い春の山野草を愛で 残雪の嶺に過ぎ去った日々を振り返る、
まさに充足した一日であった。

(2017.4.28  歩く)























関連記事


この記事に対するコメント

 今年は雪が多く春の妖精は今が盛りでしょうか?

 連休中は孫娘と過ごし、来週は越後の山を計画しておりますが
 坂戸山・六万騎山・八海山麓など観光協会お勧めの
 カタクリの名所、来週では遅そうです
 
 何年か後に我歩人さんの様に孫娘と山歩きができる日を
 楽しみにはしておりますが
 私は、子供が苦手で叶うことやら自信がありません
 
【2017/05/04 06:36】 URL | noyama #B7q/.fmY [ 編集]

こんばんは noyamaさん
 尾瀬沼をスキーで渡られたレポからすると 奥越や奥会津の春は
まだまだこれからのようですね。
今年は例年以上に山スキー、春スキーを楽しんでおられるようで
羨ましい限りです。
 お孫さんが小さいうちはまだまだ「ばあば」まかせでしょう。
自然の中で遊ぶようになってからが「じいじ」の出番とおもいます。
待ちどうしいことと拝察します。

 久しぶりに春の嶺を眺めに上越へ・・・、
昨年同時期に秋山郷を散策以来のことでした。
孫娘が夏休みになったら また立山か尾瀬でも一緒に歩こうかと
考えています。
 コメントをありがとうございました。
【2017/05/04 19:36】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


こんばんは。お久しぶりです。
忙しくて晩御飯のあとに知らぬうちに寝ている
毎日です。

花が増えてきましたね。雪遊びとは違った
楽しみの季節になってきました。

展望と花の山をのんびり歩くのは大好きです。
ゆるゆると時間が過ぎるのが楽しみです。
それにしても展望、すばらしいですね。
【2017/05/07 18:32】 URL | ブル #- [ 編集]

こんばんは ブルさん
 高嶺を歩けなくなっても せめてまだ白さの残る嶺を
眺めたく、上越まで遠征しました。
低山ではありますが 眺望には恵まれました。
 春の花に癒されながら CTの倍近い時間をかけて
登ったような有様です。こんな山歩きでも
続けられるうちはと考えています。

 ブルさんのご活躍を楽しみにしております。
コメントをありがとうございました。
【2017/05/07 23:58】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/211-3dbe3386
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)