俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



秋山郷 と 苗場山
 新潟県と長野県の県境に位置する苗場山には、新潟県側 かぐらみつまたスキー場ゲレンデから
登り、赤湯温泉へ下山するルートが一般的であるが、秋山郷の好きな私は 長野県側、小赤沢からの
コースを選んだ。

P1010010.jpg 
苗場山 山頂の湿原      (写真はクリックして拡大して下さい)

 かって、野沢温泉や奥志賀高原へ旅した帰途、切明、和山、結東などの鄙びた温泉が中津川渓谷
に点在する秋山郷をよく通り抜けた。
新緑や紅葉の季節は殊に美しい奥深い山峡の郷。切明、屋敷や逆巻の一軒宿に妻と湯を楽しんだ
想い出の地でもある。

 この秋山郷については、古く江戸期の名著「北越雪譜」(鈴木牧之著)に
「天明の飢饉に一村残らず餓死し、今は草原の地となりにけり・・・。」 と記されている。
この豪雪地帯は つい2~3年前の大雪でも 孤立の苦労がニュースで伝えられたばかり。
 「北越雪譜」の他に「秋山紀行」がある。同時代、鈴木牧之がこの地を一週間旅し、隔絶された村民
の習俗を取り纏めた書で、我々には読みにくいので現代語訳で読んだことがある。
今では狭隘の細道ながら舗装された道が通じており、当時の面影を求めることは難しいが、山河、畑、
集落はまだまだ昔日の風情を残している。

「山行クロニクル No.21」  苗場山       単独
’08年7月 9日(水) 浦和~関越道塩沢石打IC~津南町~秋山郷・小赤沢(泊)
    7月10日(木) 小赤沢~三合目駐車場~苗場山 山頂ヒュッテ(泊)
    7月11日(金) 山頂ヒュッテ~小赤沢~浦和

7.9(水) 雨。
 ヒノキやトチ、ミズナラなどに囲まれた小赤沢の小集落まで走り、保存民家を覗いたり、小赤沢川
や大瀬の滝を散策したり、鉄分の多い赤褐色の湯を楽しんだ。
今でも木工細工の店が多く、その素朴な調度品はこの辺境の地の肌ざわりを残している。

P1000968.jpg P1010044.jpg P1010046.jpg 
保存民家の内部      大瀬の滝         赤い湯

7.10(木) 今日も雨。しかも結構雨脚は強い。
 三合目駐車場でしばらく待機するも好転の兆しが見られないので8時、登山道へ分け入る。
先月の北八つ行で悟ったのでザックは13キロに減らした。しかし、単独行故のツェルトやロープ
自炊用具、救急薬品や非常食は欠かせない。

 ブナ、ミズナラ、ミネカエデなどの混交林の中、雨に打たれながら四合目、五合目と高度を稼ぐ。
小休止に選んだダケカンバやシラビソの木の下はブヨがいっぱい。払っても払っても纏わりつき ちっとも
休みにならない。持参の虫除けスプレーに対しても耐性でもあるのか効かない。
雨水の流れる登山道はゴゼンタチバナやギンリョウソウが眼を楽しませてくれる。何時の山でも囀り
を聴く小鳥達の他にツツドリのポンポンという声を聴く。

P1010037.jpg P1010039.jpg P1000970.jpg P1010041.jpg 
ゴゼンタチバナ      ギンリョウソウ

 冷気が吹き上がる雪に埋もれた沢を渡り、六合目を過ぎると カラマツ類やキヌガサソウなどなど・・
サンカヨウはもう花を散らしていた。

P1010032.jpg P1010030.jpg P1010033.jpg 
ミヤマカラマツ       モミジカラマツ       キヌガサソウ

 七合目からはゴロ石の岩場の急登。アカモノやコイワカガミが迎えてくれる。
P1000980.jpg P1000983.jpg 
アカモノ           コイワカガミ

 雨が少し小降りになった頃、突然 拓けた湿原に飛び出す。丁度 11時。ブヨから逃れホッとして
大休止。雲が低く垂れ込め視界は無い。笹原の向こうにオオシラビソの樹々が黒く壁を作っている。
足元は花弁を散らしたチングルマや色の薄い白色に近いイワカガミなど。

 木道と凍った雪を隙間に詰めたゴロ太石のトラバース道が結構長く続く。
オオシラビソの林を抜け大きな雪田を越えると 広大な山上湿原が展開する。まさしく天上の湿原と
いうに相応しい。

P1000976.jpg P1010010.jpg 山頂の風情

 苗場山名の由来となった池塘のミヤマホタルイ。
曇天の下、ワタスゲに囲まれた鈍色の鏡が無数に散在している。 ワタスゲの楚々とした風情がさらに
静寂さを際立たせてくれる。

P1000995.jpg P1010018.jpg P1010014.jpg P1010015.jpg 
池塘のミヤマホタルイ                  ワタスゲ

 木道脇の湿原は一面のイワイチョウやチングルマが美しい。

P1000978.jpg P1010028.jpg 
イワイチョウ         チングルマ
 
 山頂ヒュッテ、12時20分着。ここまでとうとう誰にも遇わなかった。
小屋番は一人。今日は 皆、キャンセルの電話が入ったので 宿泊者はあなた一人です 好きな
場所を選んで寝てください とのこと。
100人近く泊まれると思われる改築後間もない白木造りの大部屋は清潔で好もしい。

 外のテラスはブヨが激しく纏わりつきとても自炊をしていられない。食堂に逃げ込み簡単な昼食を
済ます。食後、三角点と山頂標識(2145m)を見に行き、さらに 祓川コース 雷清水近くのお花畑を
目指し散策に出たが 雨が激しくなった為、断念、小屋に戻った。

P1000977.jpg P1010007.jpg P1000996.jpg 
山頂             ウラジロヨウラクツツジ

 手持ち無沙汰な小屋番氏と 最近、登山道が整備された白砂山などの話をし、後は小屋にあった
「牧之と歩く秋山郷」(島津光夫著)を読んで過ごした。
夕映えの神々の田圃は絵になる という最後の期待の一幕も雲と雨のカーテンに閉じられ、持参の
ブランデーを水割りで楽しむだけの静かな山頂の一夜だった。

7.11(金) 曇天。
 今日は地元 津南中学の生徒80人が小赤沢から日帰り登山(恒例の体育行事)してくる という。
トイレを無料開放する代わりに新鮮な野菜を歩荷してきてくれるんです と小屋番氏は嬉しそうだった。
 6時に小屋を出て、雨の落ちないのを幸いに写真を撮りまくる。
六~七合目付近で二組 4人の入山者とすれ違い、情報交換。駐車場間近の四合目で中学生の団体
を遣り過ごす。
10~15人単位で まず男子生徒の2グループ、次いで女子生徒2グループ。引率の先生方に守られ
元気良くズック靴で登ってきた。頂上に着く頃にはドロドロになっていることだろう。赤い頬が印象的な
賑やかな一団だった。

9時30分、三合目駐車場に戻る。
オデコや瞼に5~6箇所、ブヨに刺された跡が赤く腫れて痛い。今日の午後の天気予報も芳しくない
ので 湯沢・平標山へ廻るのを諦め、小赤沢の赤い日帰り湯で汗を流し、帰途に着いた。

 雨に煙る苗場山、天頂の早苗が映える静かな山行だった。

P1000985.jpg P1010027.jpg P1010043.jpg P1010023.jpg 
ミツバオウレン       コイワカガミ        ギンリョウソウ        ウラジロナナカマド
                                        (写真はクリックして拡大して下さい)











関連記事

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/21-571c5ed9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)