俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



渡良瀬遊水地
 幼馴染の友と山梨の温泉へ出かける妻を浦和駅に送った後、
そのまま東北自動車道を走り 茨城・栃木・群馬・埼玉の4県に接する
広大なヨシ原で知られるラムサール条約登録地・渡良瀬遊水地を散策。

DSC00885.jpg 渡良瀬遊水地  (写真はクリックして拡大してください)
               見晴塔の左に日光白根山 右に日光男体山


 見晴塔の上から周囲を眺む
この広大なヨシ原の野焼きは 今年は3月19日とか。

DSC00874.jpg DSC00871.jpg DSC00872.jpg DSC00873.jpg
赤城山方面        男体山方面         筑波山方面        埼玉新都心方面


DSC00877.jpg 遊水地周辺図

 このところ雨が少なく遊水地は 水鳥や小魚にとっては気の毒な状態。

DSC00878.jpg DSC00890.jpg DSC00889.jpg


DSC00879.jpg DSC00882.jpg DSC00883.jpg DSC00886.jpg


DSC00891_201702221546478c7.jpg 芽吹き始めたシダレヤナギ(イトヤナギ)

 100年以上も前の昔、強制移住させられた旧谷中村跡やヨシ原、谷中湖を
2時間ほど散策し 帰宅。
裸眼では 白く冠雪した浅間山・榛名赤城山塊・日光連山などが眺められ
心誘われたが、山行計画はいまだたたず。

(2017.2.22 渡良瀬遊水地を歩く)



 










関連記事


この記事に対するコメント
次の山は?
 今晩は、冬の渡良瀬遊水地いいですね
 
 鉱毒事件が嘘のような平和な景色で
 鴨類や猛禽類、冬鳥のメッカ

 何度か訪れましたが、風の強さには閉口でした
 次はどんな山行をされるのか楽しみです
 私もそろそろ、山歩きを再開したいと思っております
 
【2017/02/23 21:01】 URL | noyama #B7q/.fmY [ 編集]

こんにちは noyamaさん
 この日も風が強く 猛禽類はあまり見かけず、普段山では
あまり目にすることのないヨシ原を好む野鳥を楽しみました。
 遠く霞む白銀の峰々を眺めながら、
廃村の要因となった旧足尾銅山まで 渡良瀬川を遡ってみようかなどと
歩きながら考えていました。
 
 とりあえず高原か尾根歩きを・・・と想うものの
一歩が踏み出せていません。
コメントをありがとうございました。一日も早い体力のご回復を
祈ります。

【2017/02/24 10:41】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/206-e44d5a70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)