俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



冬桜
DSC00722.jpg           (写真はクリックして拡大してください)

 上州名物「空っ風」が吹き下してくる。
ここは 埼玉と群馬の県境を流れる神流川の支流、
日本庭園の代表的な庭石として知られる三波石の産地、三波川に
沿った冬桜の里。
満開の便りを耳にし 訪れた。

DSC00702.jpg DSC00705.jpg DSC00714.jpg DSC00716.jpg
冬桜の里(桜山と三波石)




DSC00700.jpg DSC00726.jpg DSC00710.jpg

DSC00708.jpg DSC00722_20161130134942cc8.jpg DSC00723.jpg

 山桜と豆桜の雑種である冬桜、
凍てついた線香花火のように角張って咲く
春の桜のようなふくよかさや艶っぽさがない。
まさにその花言葉「冷静」に相応しい。

 空は青く 凛と張りつめる冷気のなか、空っ風の音だけが
耳に立つ。
梅林の雰囲気があるも あの春に向かう柔らかさは感じられない。
高嶺に咲く峰ざくらを想い出した。



DSC00730.jpg DSC00729.jpg

 冬枯れの木立を縫って御荷鉾山スーパー林道を走り
神流湖を車窓に見て帰宅。       (2016.11.29 歩く)








  
関連記事


この記事に対するコメント
こんにちは…
この日は桜山まで来られていたんですね…
桜山の冬桜はソメイヨシノに比べると華やかさはありませんが、
花が咲くと1ヶ月くらい楽しめるようですし、春と冬と2回咲くのが
特徴のようです。
3年前は27日に来て、紅葉と冬桜が一緒に楽しめましたが、今年は
紅葉シーズンが少し短かったようで、日本庭園の紅葉はほとんど落葉
していました。
安中の梅林や玉原のラベンダーなどはあまり歩かなくても花を楽しめ
ますし、良い温泉も沢山ありますのでまたお出かけ下さい…
【2016/12/01 14:10】 URL | ひまじん #vpTeR5/6 [ 編集]

こんにちは ひまじんさん
 貴ブログを拝見し、吃驚してメッセージを書き込んだところでした。
「雨飾山」以来ですね、同日・同時刻に同じ場所を歩いていたのは・・・。
そういえば秩父堂上のセツブンソウ自生地のときも。
 来春、雪が解けたら 上越の藤原や玉原高原を歩きたい と
思っています。
コメントをありがとうございました。
【2016/12/01 15:39】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


冬桜は派手さはないが、見ていると心がなごみます。また見たいです。干し柿ができて冷凍しました。
【2016/12/04 13:17】 URL | fukuchan #- [ 編集]

fukuchanさん 福岡も寒そうですね
 久方ぶりに 冬日にチラチラと光る冬桜を愛でてきました。
この群馬県の西部は 妙義山や立岩など岩峰が多く
かってはよく歩いたものでしたが 近年、私も体力的に
難しくなりました。
 80個ほど作った甲州百匁柿の吊るし柿、
友に分けた残りを 私もまた冷凍しています。
コメントをありがとうございました。
【2016/12/04 15:52】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/199-9f47ec05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)