俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



九十九里海岸
 関東地方の梅雨明けが報じられた早朝、
太平洋の荒波が打ち寄せる犬吠埼近くの旭市飯岡・刑部岬へ向かった。
海のない埼玉県・浦和からは150km。
 日本のドーバーとも呼称される屏風ヶ浦の高台から 飯岡漁港と
ハマグリ漁をする漁船を眺め、
漁港から続く海岸歩道を歩き、屏風ヶ浦の白い懸崖を仰ぐ。

DSC00505.jpg DSC00507.jpg
屏風ヶ浦高台から 飯岡漁港と砂浜近くで弧を描く蛤漁の漁船

DSC00508.jpg DSC00510.jpg DSC00511.jpg 屏風ヶ浦の懸崖


 ハマグリの生息に適した遠浅の海岸故、
海水は砂交じりで青くはないが これが上総の国 九十九里の海である。

DSC00512.jpg DSC00513.jpg 九十九里浜


 漁協で船採りの8~10cmほどある大ハマグリを土産に買い求め、
サーファー天国の九十九里浜を南下する。
 戦時中、半年ほど親戚に疎開した 地引網漁で知られた片貝や白子の海岸は
夏休みに入り子供連れの海水浴客で賑わっていた。
 九十九里の浜も内陸部の畑も いまはすっかり様変わりしていたが、
シコイワシ(カタクチイワシ)とシジミ・ハマグリ・ナガラミなどの貝類、
シロウリの漬物、マクワウリ、乾燥イモなど、幼児の舌で覚えた味はいまも残っている。

DSC00515.jpg DSC00516.jpg 船採りのハマグリ



 夏山シーズンなのに 高嶺は遠くなった。
(2016.7.28 砂浜を歩く   写真はクリックして拡大してください)




 







関連記事


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/192-2c38d388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)