俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



霧降高原
 郊外で少しのんびり過ごしたいという妻の要望を受けて
梅雨空のもと 栃木・日光方面へ。
霧のヴェールに包まれ小雨に濡れるニッコウキスゲの群落を楽しみ、
奥日光湯の湖畔の濁り湯を浴びてこようと東北道を走った。
車窓をマタタビの白い葉とヤマボウシの白い花が流れていく。

 標高1300mを超えると 濃く薄く白い濃淡の霧が流れ、
高原の雰囲気が醸し出される。
まだ静かな駐車場でレインギアを身に着け、キスゲ平園地の名物
1445段の木の回廊を登りはじめる。
妻は大丈夫と笑顔で胸を張っているが、最後までこの笑顔が持つように
サポートに努めねば・・・。


DSC00464.jpg DSC00475.jpg DSC00465.jpg DSC00467.jpg
(写真はクリックして拡大してください)

 篠つく雨とまとわりつく羽衣のような霧、ニッコウキスゲがユウスゲのような風情で
視界に広がる。
絨毯のように斜面を覆う笹についた雨滴も 銀の滴を転がしている。

DSC00473.jpg DSC00476.jpg DSC00478.jpg

DSC00470.jpg DSC00469.jpg 1445段を登りきる

 まさに「霧降」の名に相応しい絵図となった高原の回廊であった。

DSC00479.jpg ミヤマカラマツ

 温泉で身体をほぐし、実山椒とたまり漬をそれぞれの老舗で買い求め
帰途についた。
                                  ヤマボウシ DSC00480.jpg
(2016.6.29 歩く)




過去記事の中のキスゲ風景
P1020731_20160630105357e6b.jpg 鳥海山 (2011年7月)
P1050700_20160630105714457.jpg 雄国沼 (2014年6月)
DSC00376_2016063010591258a.jpg 佐渡外海府 (2016年6月)





       









関連記事


この記事に対するコメント

いつも 訪問ありがとうございます
 1445段 違う ブログで見たな
【2016/07/01 15:25】 URL | 北海道のくま #- [ 編集]

北海道のくまさん こんにちは
 標高1350mから1600mへの標高差250mの木段、1445段、
さすがに下りは階段を避け 迂回しながらの散策路をのんびり歩き
霧の視界を堪能してきました。
 古巣へ戻られたのですか?

【2016/07/01 15:54】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


お久しぶりです…
霧降高原に行ってこられましたか~
ここのニッコウキスゲも大分昔に行った位で、山歩きを初めてから行って
いないため、その内に赤薙山の行き帰りに行ってみようと思っています。
今年は霧降高原のニッコウキスゲも開花が少し早いんでしょうね
雄国沼も行きたいと思っています…
【2016/07/01 19:17】 URL | ひまじん #vpTeR5/6 [ 編集]

こんばんは ひまじんさん
 この6月も4回と かなりのハイペースで歩いていらっしゃいますね。
毎週のレポを楽しませていただいています。
 いまだ健脚のひまじんさんなら 赤薙山越えも楽しいことでしょう。
今年のキスゲは何処でも1~2週間開花が早く、霧降も
あと1週間が限度と思います。
磐梯山とセットの雄国沼の方が変化に富んでお勧めでしょう。
 コメントをありがとうございました。

【2016/07/01 22:02】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


俄歩人さん ミシェルです。お久しぶりです。 

 ニッコウキスゲの群生は、どこでもとてもきれいですね。私も3年ほど前、
八方尾根の麓を雨の中を、ワガママな友達のグチにうんざりしながら歩いた
のですが、2時間以上歩いて、さっと視界に現れたのが、一面 ニッコウキスゲ
草原でした。「ああ 私はこれ見るために、ここにきたのだ!」と、本当に
救われる思いをしました。

 ところで、1445段の階段、奥様をサポートしなきゃあと、いつもながら
騎士道を発揮して書いていらっしゃいますが、俄歩人さんご自身は大丈夫
だったのですか。

 なんてね、こんな質問失礼ですよね。   スミマセ~ン!  

                            ミシェル
【2016/07/09 23:21】 URL | #- [ 編集]

Michelleさん こんにちは
 佐渡ドンデン山行から はや1ヵ月、
晴天の外海府・大野亀の群落はなかなかのものでしたね。
梅雨のさなかの「霧降」では 一転した幽玄の風情が楽しめました。
 標高差250m、1445段の回廊の登りは やはり足に堪え
温泉で足をほぐした効果も空しく、
翌日の日常は厳しいものとなりました。

 晩夏の北岳行、写真を愉しみに待っています。
コメントをありがとうございました。
【2016/07/10 09:53】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

ミヤマカラマツって!
俄歩人さん 追伸です。全便で申し上げるのを忘れました。

 ミヤマカラマツの写真は素晴らしい! 小さい花なのでしょうが、ちょっと
した女王ですね。華やかで気品があって。それに少々、自分の美しさを誇示して
いるような。  雫や細い糸がそうみせるのでしょうね。 

 実際はそれほどでもないのかもしれませんが、俄歩人さんの写真の腕なの
でしょう。 さすが、芽依ちゃんのジイジ!
                                                                みしぇる
【2016/07/10 17:07】 URL | MICHELLE #- [ 編集]

Re.ミヤマカラマツ
 まだお日さまが出ている間にメールをいただくとは珍しいですね。
カラマツソウは 比較的好きな花で、
「山の静けさは 白い花」(種田山頭火)
「雪国の春は 雪色の花から咲く」(東北の古老の話)
などの言葉を想い出させてくれます。

 葉の形状と雄蕊の形で、ミヤマカラマツとかモミジカラマツと
表現されているようです。
(両者の違いは 月別アーカイブ2010年7月 早池峰山 をご参照ください)

【2016/07/10 18:23】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/190-747918da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)