俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



浜石岳
DSC00117.jpg 山頂からの白富士  (写真はクリックして拡大してください)

 数日前の戻り寒波で高嶺に再び雪が戻ったと聞き、白さを取り戻した富士を眺めようと、
駿河湾の西 静岡市に近い由比の浜近くの小峰、浜石岳を訪れた。
 標高わずか707mながら、大きな白富士と春霞の駿河湾の眺望が美しい峰であった。
愛鷹山塊 越前岳からの大きな白富士(2010年1月)が想い出された。

DSC00131.jpg 東海自然歩道

DSC00118.jpg 白富士

DSC00121.jpg DSC00126.jpg DSC00122.jpg
春霞の駿河湾                     高ドッキョ・南アルプス深南部方面


 帰途、富士市の「浮島が原自然公園」に立ち寄る。
ここはブログ友人 キレンゲショウマhttp://zeolite3.blog4.fc2.com/さんの春夏秋冬の自然観察会
のレポに詳しい。
 この季節、絶滅危惧種のノウルシやヒキノカサの黄色い小花が見られるとか。

DSC00134.jpg 浮島が原から望む愛鷹山塊

DSC00137.jpg DSC00139.jpg ノウルシ

DSC00140.jpg DSC00152.jpg DSC00145.jpg 浮島が原 点描

 キンポウゲ科のヒキノカサ(蛙の傘)は木道から遠く コンデジでは撮れなかった。
この湿原に憩う野鳥を観察に来ている方が数人、無風で静かなひととき。
ここでみられる「サワトラノオ」は富士市の天然記念物に指定されたという。

(2016年3月16日 歩く)





関連記事


この記事に対するコメント

浜石岳 初日の出の時は 地元の人が たくさん来て
 振る舞い酒を ふるまってたりして いいところでした
【2016/03/17 21:28】 URL | 北海道のくま #- [ 編集]

残念でした・・・
 我歩人さん、おはようございます。
わ~、浜石岳に、そして浮島へもお越しいただいたのですね?
浜石岳はその時の体調に合わせ、少し歩きや下からしっかり歩き、また
歩く事無く山頂に立て、いい景色を楽しむ事が出来、チビ達もお気に入りです。

浮島はまだヒキノカサやノウルシが出始めたばかりでちょっと寂しかった
ですね。
これらの花で黄色く染まる今月末から来月前半辺りがお勧めです。
ヒキノカサは木道脇が陽だまりになるのか、ちょっと覗き込むと木道の足元で
間近に見られると思うのですが・・・
サワトラノオは5月の連休過ぎ位が見頃になるようです。ヨシを挿していた所に
サワトラノオの苗が沢山見られます。

それにしてもお会いできず残念でした。
当日は、シーズン最後の雪だったので、チビ達と富士の裾野で雪遊びでした。
また懲りずにお出掛け下さいね。
【2016/03/18 05:38】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]

くまさん こんにちは
 確かに駿河湾に昇る初日の出を見るには良いところですね。
東海自然歩道がいい雰囲気でした。
コメントをありがとうございました。
【2016/03/18 07:20】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

おはようございます キレンゲショウマさん
 今回は著名な薩埵峠への道には踏み出しませんでしたが、
この道もよさそうでした。
曇天でも 白く大きな富士は美しく 十分満足するものでした。

 いつも何かと活躍しておられる「浮島が原」を散策し、
ひょっとしたら・・・、と創作室を覗いてみたりしましたよ。
この浜石岳と自然公園、お孫さんたちと楽しんでおられる姿が
思い浮かぶエリアでした。
ヒキノカサは貴ブログの最新の画像でじっくり見せていただきました。
またの機会を楽しみにしています。
コメントをありがとうございました。
【2016/03/18 07:39】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

なんでそんな無名の山までご存知なのでしょう?
俄歩人さん

 浦和にお住まいなのに、どうして駿河の、まあいえば、無名の低山まで
ご存知なのでしょうか。  例えば、藤沢市に住んでいる私、頻繁に歩く
大磯の高麗山を知っているのなら、当り前ですが。(俄歩人さん、高麗山
ご存知ですか。)

 富士山がきれいに撮れましたね。春は薄霞がかかっていて、富士も丹沢も
なかなかきれいに撮れません。1月に行った薩田峠からも、見えてはいても
うまく撮れませんでした。

 山もさることながら、なんで、そんな、私が始めて見る植物までご存知なの
ですか。私にとってはホントwonderです。一般に山を愛する人って、植物の
名前をよくご存知ですよね。どうしてかな。

 ノウルシはさっとゆがいて、からし醤油でいただくと美味しい感じです。
(うるしなので、口の中がかぶれそう。→ ふざけてスミマセン。)

 中国のハイキング旅後半をまた送らせていただきます。
                        Michelle                                     
【2016/03/18 21:53】 URL | Michelle #- [ 編集]

富士見の峰としてよく知られている山です
 Michelleさん 大磯の高麗山は知りませんでした。
山歩きの好きな方は低山でも特徴のある峰は、先人の山行記の印象が
残ったり、山仲間で話題になったりしますので 覚えてしまうようです。
 それに 単独で山中や尾根・谷などを歩くことは周囲をよく観察しますので
ごく自然に地層や岩や草木・花にも興味を持つことになります。
要は自然が好きなだけなのです。

 中国紀行のレポ、続きを楽しみに待っています。
コメントをありがとうございました。
【2016/03/19 00:01】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/182-c1c61201
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)