俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



中国・広州
 人口1,300万、地下鉄や高速道路網が整備された商都である広東省の
広州市を 妻とともに訪れた。
中国本土では北京市、上海市に次ぐ第3の都市である。

 「生在蘇州 穿在杭州 食在広州 死在柳州」の一節、
「食は広州に在り」で日本でもよく知られた広東料理の本場。
 現在、単身赴任中の長男(Meiパパ)の生活を覗き、
彼のアテンドを頼みに 4日間ほど遊興の旅を満喫した。

P1060591.jpg P1060587.jpg P1060589.jpg
長男居住のマンション    付近は閑静な住宅街     (写真はクリックして拡大して下さい)

 さすがに中国大陸南部、11月中旬でも南国を感じさせる街路の花々

P1060586.jpg P1060594.jpg P1060596.jpg P1060618.jpg
バウヒニア          キョウチクトウ                       ブーゲンビリア


 「広東省博物館」「陳氏書院」「南越王墓」などを見て 当地の歴史を遡り、
小さな山「白雲山」に登り、河岸の夜景が売り物の「珠江」ナイトクルーズに涼み、
酒家での広東料理も堪能する。


陳氏書院
P1060607.jpg P1060604.jpg P1060605.jpg P1060612.jpg
壁には鉄鋳が嵌められ、屋根や塀の上部には色彩豊かな陶塑や灰塑の像が飾られている


珠江ナイトクルーズ
P1060644.jpg P1060657.jpg P1060672.jpg
                 P1060663.jpg P1060666.jpg P1060669.jpg
                                      電飾を施したクルーズ船と橋梁


白雲山
P1060629.jpg    P1060636.jpg P1060638.jpg
               山頂広場          下山路のロープウエイ
                               スモッグで街は霞んでいる


 経済特区・商都であるにも拘らず 欧米人は少なく、街なかではほとんど英語が通じない
英国返還後の特別行政区・香港とは大違いで まさに大陸本土であることを実感した。
(香港の旅は2013年11月)


P1060595.jpg     P1060602.jpg     P1060639.jpg
広州タワー         オフィスビル         若い人で賑わう商店街

鮮魚店の珍味
P1060646.jpg P1060647.jpg P1060648.jpg
げんごろう           ワニ            上海蟹


 近くとも遠い国・・・、目と耳を大きく開いて歩き よく食べ 異文化に親しんだ日々となった。

IMG_0803.jpg ジャスミン茶(脂っぽい広東料理にはよく合う)



’15.11.13(金)~11.16(月)  (写真はクリックして拡大して下さい)
























関連記事


この記事に対するコメント

海外、いいですね。異文化に触れるの楽しいです。

それにしてもスモッグ、すごいですね…
日本も一昔前はそうでしたね…

20年くらい前に上海に行きましたが、物価が安く
食べ物が美味しかったのを覚えています。
今は物価も上がってしまったのでしょうかね。
アジアの国への旅行はエネルギッシュで楽しい
です。
【2015/11/17 19:08】 URL | ブル #- [ 編集]

ブルさん こんばんは
 最近は「山行記」ならぬ「老後生活点描記」となってしまいそうです。
山への視線は変わりなく 毎日が日曜日なのに いまひとつ
足を踏み出す情熱に欠けるようになりました。
ブルさんのご活躍に期待しております。コメントをありがとうございました。

 「香港」とは異なり 家族の一員が赴任していなければ
訪れなかったかもしれない広州、 大都会とはいえ 中国本土の
生活者の習俗を垣間見ることができました。
【2015/11/17 19:56】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/11/18 10:51】 | # [ 編集]


中国は広大なので、いろんな文化や食べ物があるでしょうね,広州は特に日本人にはなじみがないでしょうね。北京語が通じるのですか。日常は広州語ではなすのですか。。英語が通じないと不便ですね。近くにtotoという会社がありますが、職員はアジア地域に転勤させられ、隣も単身赴任しています・
【2015/11/18 11:30】 URL | ふくちゃん #- [ 編集]

喜多さん こんにちは
 日中国交正常化から既に43年、大陸の至る所に日本企業が進出、
とりわけ華南地区沿岸の経済特区には 日本人が多く生活しているようです。
ここ広州市のスーパーマーケットでもイオンが出店していましたが、
商品はほとんど中国品でした。日本の商品は食品でも高額で 
地元の方は手を出しません。
 喜多さんにとっては隔世の感がおありでしょうね。
が、礼節や社会的秩序に関してはいまもあまり変わっていないように
思えますが・・・
想い出とコメントをありがとうございました。
 
【2015/11/18 13:16】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

ふくちゃんさん こんにちは
 広州周辺の華南地方経済特区は 日本の企業進出が著しい商業地です。
標準語の北京語より 広東語での日常会話が多く、
発音が難しく 息子に教えてもらった最低必要語でも 私の発音では
なかなか通じませんでした。
タクシー等は行き先を漢字でメモして利用しましたよ。
 とてつもなく広い国ですので大陸内部の農村部や少数民族自治区のことは
わかりませんが、沿岸部の都市は活発な商業活動に支えられ
いろいろな矛盾を抱えながらも ますます発展していきそうです。
【2015/11/18 13:26】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

良い所へ行かれましたネ
先日はお会い出来ず残念、司会者から旅行中との報告がありました。しかし、良い所へ行かれましたネ、長男さんが赴任されているからチャンスでしたヨ。私も3年前まで娘が上海に居住していましたので3回訪問し市内を地下鉄で殆んど廻って来ました、写真を見ますと上海と似ており懐かしく感じます。滞在中は「ツォスオ ザァイ ナーリ」ばかり言っていました。
 「空を飛ぶものは飛行機以外、足のあるものは椅子・テーブル以外」食べると言われる
食道楽の町、広州ーーー何か珍しいものを食べられましたか。では、又お元気で
【2015/11/23 14:38】 URL | y.ito #- [ 編集]

この前はお逢いできず残念です
 そうですか、itoさんも娘さんが一時期上海に滞在されていたのですか。
私の長男も香港・広州と海外赴任が長くなりました。
 確かに何でも食材にするといわれる食道楽の都ですが、
さすがにコウモリやゲンゴロウには手が出ず、北京ダックのようにカリカリに
焼き上げた豚皮とか上海蟹、薬膳スープなど食味しました。

 次に訪れるときは少し遠出して 澳門特別行政区か山水画的桂林、
福建省客家の土楼群などを訪れてみたいものです。
いつもコメントをありがとうございます。
【2015/11/23 15:25】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


 こんばんは!
コメントしようと思いつつも、なかなか出来ずにいました。
ご子息の勤務地を訪ねられ、観光もされ、ひと安心された事でしょう。
よかったですね。

 数年前に桂林の景色をゆったりと楽しみ、とてもいい印象が残っています。
今の機会に色々な所を巡られ、その様子を教えて下さいね。

 そろそろ「岳と花」の写真選びを楽しまれている事でしょうか?
【2015/12/01 20:15】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]


 この大陸をまた訪れる機会がありましたら 雲南省の奥地 梅里雪山を
眺めるとか、チベット自治区 青藏鉄道に乗ってみたいなどなど
子供のように考えています。
 キレンゲショウマさん こんばんは
 はやいものでもう師走、春・夏・秋と一度も遠征できぬまま雪を迎え
淋しい「岳と花」となりそうです。
帰省のレポを拝見するたび、運転席から見かけた「歩き遍路」の方々の
姿が想い出されます。
 コメントをありがとうございました。
【2015/12/01 22:07】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


今日は👋😃いつもお世話になっております。ブログ見せて頂きました。本格的で素晴らしいですね。めいちゃんが時々出てきて気持ちが解ります。
ゆっくり楽しみに見せて頂きます。
宜しくお願いします。
【2016/12/16 14:16】 URL | 淑恵 #- [ 編集]

こんにちは 「かし」さん
 昔を思い出しませんか・・・?
あなたが若い頃歩いた北穂高や槍ヶ岳、その他の峰々の
レポもありますので 過去記事も覗いてみてください。
(月別アーカイブの年月をクリックしてください)
PCかiパッドで見ていただくと 写真はすべてサムネイルですので
昔懐かしいルートを拡大版でご覧になれますよ。
 コメントをありがとうございました。
【2016/12/16 16:47】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/178-d161035e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)