俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



濁り湯
 休暇で一時帰国中の長男(Meiパパ)から 日本の温泉(濁り湯)で
のんびりしたいとの頼みを受け、そろそろ紅葉が始まった福島・高湯温泉に
旅した。

P1060480.jpg P1060482.jpg 白濁の硫黄泉

P1060475.jpg 家族風呂

 磐梯吾妻スカイラインの紅葉の名所、つばくろ谷や浄土平は
土・日とあって 初秋を楽しむ人々で溢れていた。

P1060492.jpg P1060494.jpg 秋の始まり (つばくろ谷)

P1060501.jpg P1060502.jpg 体感温度5~6度 (浄土平)

 総勢7名、迫りくる秋の風情に 日本情緒を味わった1泊2日の小旅行。

P1060507.jpg P1060511.jpg 裏磐梯 五色沼(毘沙門沼)

(’15.10.3~10.4   写真はクリックして拡大して下さい)









関連記事


この記事に対するコメント

昔、一切経山をシャクナゲのころ、紅葉のころ歩いたことがあります。きれいな池がありました。帰り道、高湯温泉に泊まりました。良い温泉でした。今年の1月、連れ合いが倒れて、毎日面倒をみらねばなりません。デイケアーも朝9時と夕方4時にバスがきて、乗り降りをさせねばなりません。好きな山も6時間以内にかえれるところしかいけなくなりました。
【2015/10/06 06:11】 URL | ふくちゃん #- [ 編集]

ふくちゃんさん おはようございます
 精神的にも身体的にも大変なご様子、
山に畑に養蜂にと 息抜きを大事になさってください。

「魔女の瞳」と呼称される池、いまもその美しい姿を
見ることができますよ。
 コメントをありがとうございました。
【2015/10/06 07:55】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/10/06 22:56】 | # [ 編集]

御無沙汰です
 今晩は御無沙汰しエ降りました
 山歩きの記事が掲載されないので体調に変化でもと
 思っておりましたが
 お孫さんとの旅行を楽しんでおられるようですね
 私も孫ができました
 娘にはありがた迷惑かも知れませんが
 小さい頃の子供達にしてやれなかったことを孫にしてやりたいと
 思っております
 
【2015/10/07 20:57】 URL | noyama #B7q/.fmY [ 編集]

お久しぶりです noyamaさん
 このところなかなか山を訪う機会を持てず残念です。
日頃の不摂生ゆえの体調の悪さもありますが、
いまひとつかっての情熱に欠けるようになりました。

 お孫さんの成長に伴い 貴ブログにも
新しい展開が見られるかもしれませんね。
楽しみにしております。
 いつもコメントをありがとうございます。

【2015/10/07 23:12】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/175-6cfde975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)