俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



御坂・釈迦ヶ岳
P1060215.jpg P1060226.jpg     (写真はクリックして拡大して下さい)

 新緑の薫風に立ち 富士を眺めようと富士五湖地方へ。
この季節、午後になると水蒸気が立ち込め視界が悪くなり、さらに富士山頂も雲に巻かれることが
多い。
なんとか午前中に黒岳(1792m)、その後 午後は釈迦ヶ岳(1641m)を歩くつもりで
山梨県の御坂山塊の 両山の鞍部に位置する日向坂峠(どんべえ峠)へ向かった。
が、あいにく中央自動車道は集中工事のための規制がかかり大渋滞。
峠へ着いた時は既に12時を回っていた。
やはり 富士山頂には雲がかかり 秀峰の姿も霞に揺らいでいた。

山行クロニクル No.104 御坂・釈迦ヶ岳    ( ’15.5.26 歩く )

P1060232.jpg 登山口 日向坂峠(どんべえ峠)

 黒岳を取りやめ 釈迦ヶ岳への登山道に分け入る。
ミズナラ、カエデ、ツツジ、オオカメノキ、リョウブ、ブナなどの混交林、所々にカラマツが
点在する登山道は 目にやさしい新緑のトンネル。
ピーツピー、ツピーとシジュウカラの囀り、それを打ち消すかのようなハルゼミの大合唱。
足元には ハルリンドウ、ヒトリシズカ、マイズルソウなど 小さな花がポツポツ。

P1060206.jpg P1060207.jpg P1060208.jpg

 木洩れ日とハルゼミの喧噪のなか 尾根を渡る薫風に救われる。

P1060209.jpg P1060210.jpg P1060211.jpg
府駒山 山頂        笛吹市方面         釈迦ヶ岳山頂を覗く


P1060212.jpg P1060213.jpg 3ヶ所ほどあらわれるロープ場

 府駒山(1562m)を越え アップダウンを繰り返し、
釈迦ヶ岳山頂直下のロープ場で 下山中の同世代のご夫妻と立ち話。
やはり午前中に黒岳を歩き、その足で釈迦ヶ岳を登ってきたとのこと、
暑さに疲労の色が濃い妻女を労わりながらの下山であった。

 3ヶ所のロープの下がる急登をこなすと 全方位に視界のひろがる山頂、
雰囲気は良い。

P1060227.jpg P1060218.jpg P1060216.jpg
                        三つ峠山 と 黒岳


P1060220.jpg 山頂標識 

P1060219.jpg 地蔵と富士

P1060221.jpg P1060223.jpg 周囲の峰々

 肉眼では遠く八ヶ岳や大菩薩嶺、金峰山から甲武信岳などの奥秩父の峰々を識別
できるが、コンデジでは霞の中に沈んでしまう。
この季節の午後の富士は ただただ茫洋とふやけて大きいだけでどうにもならなかった。
残念。


P1060229.jpg P1060231.jpg ミズナラの瘤    (写真はクリックして拡大して下さい)











 








       







 



関連記事


この記事に対するコメント

 今晩は
 またまた、渋い所に出かけられましたね
 ここからも富士山はよく見えるのでしょうか?
 スズランの群生地もあるようですが
 年末あたりに行って見たくなりました
 
【2015/05/27 19:13】 URL | noyama #B7q/.fmY [ 編集]

こんばんは noyamaさん
 スズランの群生地は 平日にもかかわらず、多数の観光バスで
賑わっていました。
 高嶺の営業小屋が開くまでは 体力維持を目的に
比較的静かな山域を楽しんでおります。

 この御坂山塊から眺める北面の富士は やはり冬から浅い春までが
お薦めのようで、いまの季節は凡庸でした。
コメントをありがとうございました。
【2015/05/27 22:44】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


こんにちは。
釈迦ヶ岳からの眺め、すばらしいですよね。
私が歩いたときは快晴で感動したのを思い
だしました。
この時期、シャープな景色は期待できませんが
富士が見えるとやはりテンションがあがります。
昨日、西沢渓谷の帰りに塩山あたりから富士の
頭が見え、うれしくなりました。
【2015/05/31 17:43】 URL | ブル #- [ 編集]

ブルさん いつもコメントをありがとうございます
 午前中の黒岳をメインに と車を走らせたのですが、中央道の
集中工事規制にかかり、ひたすら新緑を楽しむだけとなりました。
富士のお好きなブルさんと違って、私は厳冬の凍てついた雪の
テカリが感じられるときにのみ この峰に惹かれます。
 晴天の西沢渓谷、あの引き込まれるようなエメラルドグリーンの
淵は懐かしく感じました。
【2015/05/31 21:30】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


 こんばんは!
釈迦ケ岳を楽しまれたのですね?
私も御坂山塊のどこかを歩きたいと思いつつ、用事に阻まれ、
いまだ出掛けておりません。 でも近い内に・・・とは思っています。
この頂きからの眺めは大好きな景色のひとつです。

 ミズナラのコブ、凄いですね。
何だか目玉のようなものが見えています。
新緑の軟らかい雰囲気はとてもいいものですね。
【2015/06/01 23:37】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]

久しぶりの御坂山塊でした
 かって貴ブログでどんべえ峠を知り、スズランの季節にと訪れ、
樹種の豊かな新緑の尾根を楽しみました。
高速道路の集中工事故に 歩いた時間よりもはるかに長い
車中でした。
 体調不良が進むなか 少しでも体力維持をと
低山の逍遥に努めており、来シーズンには「アシタカツツジ」を
楽しみたいと想っております。
いつもコメントをありがとうございます。
【2015/06/02 09:05】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/168-5b8acd32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)