俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



坪山
P1060168.jpg ヒカゲツツジ   (写真はクリックして拡大して下さい)

 近郊の峰のミツバツツジやレンゲツツジの映像が届くなか、あでやかさは無くとも
清楚な色と姿のヒカゲツツジの群落を訪れようと、東京都の小菅村と山梨県上野原市
の境に小さく聳える坪山(1102m)に向かった。

 この峰は可憐なイワウチワと清楚なヒカゲツツジの群生で知られ、3年前に
歩いたことがある。
山頂からは 大菩薩嶺や白富士が望まれた。(拙ブログ2012年4月 記載)
 その時は まだ膨らんだ花芽のみの姿に残念な想いを抱く一方、
イワウチワの可憐な群落に心和む想いを味わったものだった。

 上野原~丹波山線の飯尾の里に車を止め、歩く支度をしていると
通りかかった里人が「今朝は大型観光バスが2台も来て 大勢のハイカーが
登っていき、朝から賑やかでしたよ」と教えてくれた。
小川沿いの道路わきには既に乗用車が20台以上、併せると平日でも相当な人数が
この小さな峰を歩いていることになる。狭い山頂は埋め尽くされてしまうことだろう。

 今年のヒカゲツツジの具合を尋ねると 残念そうに「冬の大雪により花つきも
よくなかったし、この4月初めの春の雪でさらにダメージを受けてしまった」と言う。
今回も駄目だったかと気落ちしたが、ともかく群生地まで確かめに往こうと
足を踏み出す。

P1060158.jpg P1060181.jpg P1060183.jpg 飯尾の里

 まさに春うらら、長閑な飯尾の里を抜け登山道に踏み入る。

登山道 点描
P1060160.jpg    P1060179.jpg P1060163.jpg P1060176.jpg

P1060162.jpg P1060178.jpg

 小さな沢を渡り フデリンドウやヒトリシズカ、スミレなどが縁取る小路を歩き
新緑を楽しみながら西尾根の急登をこなす。

 イワウチワの群生地に入るも やはり大雪のためか ウチワの葉も小さく 花は
既に終わっていた。わずかに咲き残った一株に見入る。

P1060175.jpg 名残りの一輪

 緑がかった淡い黄色のヒカゲツツジ、高嶺のキバナシャクナゲを彷彿とさせる花の姿で
シャクナゲ科に属する。
残念ながら 里人が教えてくれたような有様だった。

P1060166.jpg P1060168_20150423112506121.jpg P1060169.jpg

P1060171.jpg P1060172.jpg P1060173.jpg P1060167.jpg

 しばらくこのやるせない風情のなかに佇んだあと 踵を返した。
帰途は 鶴峠を越え 小菅村を散策、里山の幸を入手して帰宅した。
(’15.4.22 歩く)

追記:’12年のイワウチワ
P1030664_20150423113251021.jpg P1030644_20150423113344630.jpg        (写真はクリックして拡大してください)
 
















 

 
関連記事


この記事に対するコメント

日陰つつじは昔、日陰石楠花といってました。最近はまったく見てないです。お花みさせてもらいありがとうございます。
【2015/04/26 16:28】 URL | ふくちゃん #- [ 編集]

こんばんは ふくちゃんさん
 その後、体調の具合は良くなられたようですね。十分ご自愛くださいますよう
願っています。
石楠花のお好きなふくちゃんさん、雪やけしないもう少し優雅な姿を
お見せしたかったのですが・・・。
メッセージをありがとうございました。
【2015/04/26 20:57】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

山笑う
 今晩は
 ヒカゲツツジ&イワウチワ 良いですね
 今、西上州ではヒカゲツツジとアカヤシオの共演が楽しめる場所がありますが
 毎年、少なくなって心配です  

 坪山、未踏の地ですが興味津々
 叶うことなら来春の候補地にしたいと思います
【2015/04/27 19:37】 URL | noyama #B7q/.fmY [ 編集]

Re.山笑う
 上州でヒカゲツツジとアカヤシオの組み合わせというと
私は笠丸山を想い出します。

 低山しか歩けそうもなくなったこれから先、高嶺とは
異なった風情を求めて歩きたいと思うようになりました。
尾瀬で春スキーを楽しむ壮健なnoyamaさんには
坪山はちょっと物足りないかもしれませんね。
 いつもコメントをありがとうございます。
【2015/04/28 10:14】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/164-f1e22521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)