俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



四国剣山
「山行クロニクル No.95」

 石鎚登山の翌日、ひそかに期待していた「瓶ヶ森林道」を走りだす。
この林道、そのほとんどが森林限界を越えた標高の道で、なめらかにうねる笹原の
印象的な隆起平原を抱えた峰が 次々と眼に飛び込んでくる。

 よさこい峠・シラサ峠を過ぎ、瓶ヶ森(1896m)山腹で車を止め 笹原の縦走路を
歩きたかったが、この日は林道工事の時間規制がしかれ のんびりすることは
適わなかった。至極残念。

P1050618_2014052814265292e.jpg 林道から石鎚山を眺む       (写真はクリックして拡大して下さい)

 この地出身の版画家 畦地梅太郎氏の画文を想いうかべながら
自念子ノ頭(1702m)、東黒森(1735m)、伊予富士(1756m)と 朝陽を受けて
キラキラと輝く笹原が招く峰々を仰ぎつつ走り抜けるしかなかった。

P1050617.jpg P1050620.jpg P1050619.jpg P1050623.jpg
自念子ノ頭         伊予富士           アケボノツツジの尾根                      

 この瓶ヶ森・西黒森一帯は 機会を得て是非再訪したいものだ。

 瀬戸内西条市を隔てる寒風山を貫くトンネル手前で 心地よい瓶ヶ森林道は終わり、
194号線を経て国道439号線へ。
え!、これが国道? 対向車に出遭うたびどちらかが後退を余儀なくされる村道のような
幅員3m程度の「酷道439号」の京柱峠を抜け、山村、東祖谷の集落に入る。

 山と谷にひろがる風景こそ過疎そのものであるが、東京近郊の奥秩父や道志などと
同じく 西祖谷も東祖谷もその素朴な生活がテレビ画面に流れ過ぎている。
 ここ「祖谷のかずら橋」は いまや観光地そのもの。

P1050629.jpg P1050624.jpg P1050625.jpg P1050626.jpg 
祖谷のかずら橋

 この先 山中深く三嶺登山口に近い奥祖谷の二重かずら橋の方が、登山者やハイカーのみで
まだ幽谷の雰囲気に満ちていた。
剣山の登山口 見ノ越着。
背後の剣山は山腹に隠れて見えないが 拓けた西に小さくピラミダルな頂を持つ三嶺が
迎えてくれる。
 この三嶺(1893m)から高ノ瀬、次郎笈(1930m)、剣山(1955m)への縦走が好まれて
いると聞く。

P1050654.jpg 三嶺を望む

 5.23(金) 笹原光る剣山を歩く

 P1050630.jpg 登山口の剣神社

 まだ雲が山越えに至らず 灰色の空の下、ゆっくりと8時に宿を出る。
剣神社の登山口からリフト頂上の西島までのんびり50分。
9時から動きはじめたリフトの客2~3人とここで合流する。

P1050637.jpg 山頂部の登山道図

 陽が覗かないため花弁をまだ開かないミヤマカタバミともう目を開けたネコノメソウなどに
縁取られた「尾根道コース」を辿る。

P1050632.jpg P1050635.jpg

P1050631.jpg P1050634.jpg P1050636.jpg 尾根道コース 点描

 時折 射してくる陽光が風に靡く笹原を 光のうねりに変え、山頂を広く見せる。
木道が交叉する剣山(太郎笈)山頂 10時前着。
雲の切れ間に次郎笈への尾根道がとりわけ美しい。
この薫風に吹かれて歩いたら いかにも心地よさそう・・・。

剣山山頂
P1050639.jpg P1050646_2014052815325156d.jpg P1050641.jpg P1050647.jpg

P1050644.jpg P1050649.jpg 次郎笈への尾根道

P1050651.jpg たよりなくしまりのない雲海

 下山は「大剣道コース」を選び、大剣岩と大剣神社に詣でて降る。
谷越えに次郎笈から三嶺に続く稜線が眺められるこのルートの方が 往路の「尾根道コース」
よりもはるかに趣を感じる。

「大剣道コース」 点描
P1050652.jpg P1050653.jpg P1050654_20140528154534a03.jpg P1050659.jpg

P1050655.jpg P1050657.jpg 大剣岩(お塔岩)と大剣神社

 西島から先の降りはリフトで下山。座ったまま心地よいそよ風に吹かれ、
萌える若葉の視界を楽しんだ。
単峰としてはどこか物足りない剣山。
この峰だけであればせめてキレンゲショウマの咲く頃が望ましい。
やはり三嶺や次郎笈とともに笹原の尾根道を楽しむ山群なのであろう。

 下山後、徳島市へ移動。
藍染め・和三盆・なると金時・海産物などの名品を 踊りの模範演技を見せてくれる
「阿波おどり会館」で調達、翌日の帰京に備える。

 18(日)にこの徳島港についてから 四国を東西に横断往復、900キロの走行を
記録して 24(土)の東九フェリー「さうす」に乗船・・・
ひとり充足した四国路を後にした。

 今回は四国脊梁山脈(赤石系・石鎚系・剣山系)のうち 石鎚山と剣山の単峰を
それなりに歩くことができた。
「お遍路接待」という長い伝統が 心と立ち振る舞いの根っこにあるこの地の人々、
どこでもその優しさが感じられる日々であった。

P1050665.jpg 東九フェリー 「さうす」

P1050666.jpg 眉山を望む徳島港

P1050670.jpg P1050673.jpg 海路東京へ        (写真はクリックして拡大して下さい)










 


















 





関連記事


この記事に対するコメント

 四国の地で900kmですか・・・良く走られましたね、ホントにお疲れさまでした。
この辺りの国道はまさに「酷道」がピッタリの道ですね。 京柱峠を通られたのですね。
あのグニャグニャの長道は大変でしたでしょう?

アケボノツツジの尾根は素敵ですね。 今年はツツジがいいと聞いていますので
良かったですね。 

 剣山、やはりこの季節はお花も無く寂しいですね。
また機会がありましたらお花の季節に再訪してみて下さいね。
懐かしい風景を見せて戴きましてありがとうございました。
【2014/05/30 01:56】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]

こんにちは キレンゲショウマさん
 山のルートや瓶ヶ森一帯について 事前にキレンゲショウマさんに
相談しておけばよかった・・・と、反省しています。
シラサ峠の山荘にもう1泊してでも歩きたかった瓶ヶ森・・・。

 あの「酷道」、京柱峠越えはひとつの想い出となりそうです。
霧の中、青空のもと、それに朝陽に光るアケボノツツジ・・・と、三態の姿を
楽しむことができ、恵まれた山行でした。
 コメントをありがとうございました。

 「四国遍路」がはじまって 今年は1200年とか・・・
まわるなら「歩き遍路」を と思いますが、
寺社より山の自然の方が好きな私にとって、その心境に至るきっかけが
訪れることは無さそうです。

【2014/05/30 14:13】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

ご無沙汰しております
 ご無沙汰しております。こんにちは。  遠くまで出かけられたのですね。 四国には観光で愛媛に一度訪れたきり仲々縁のない場所です。

トップシーズンになってきましたが、私たちは例年通り3、4月は高尾山 
大垂水、日影とコースを変え5月は四尾連湖~蛾ヶ岳  一日目は市川本町~水明荘まで歩いて登りました。 次の日は蛾ヶ岳  瘦せ尾根が三か所ありましたが整備がされており
オトコヨウゾメ、ハルリンドウ、シロバナイナモリソウ、ワダソウ、ウツギ類とたくさんの植物に出会えました。只、残念な事に頂上はアブがいっぱいで早々に下りて来ました。

帰り甲府で時間がありましたので甲府城、街中散策・・・  NHK朝ドラ『花子とアン』の舞台になっているので賑ってる感じでした。八月初めに八甲田山に行きます。


いつもブログ楽しみに拝見しております。お元気でお気をつけて今年も色んな山にアタックして下さい。   
                 かんきち
【2014/06/03 18:49】 URL | かんきち #- [ 編集]

こんばんは かんきちさん
 当初、Yu氏夫妻から「かんきちさん」も誘って石鎚山へ・・・という話だったのですが、
長期間の遠征は無理かも ということで単独となりました。

 四尾連湖は私も懐かしい想い出があります。
まだこの辺りは何もない昭和30年代の終わり、青春時代の遠い一ページです。
夏の八甲田はさぞ暑いことでしょう、酸ケ湯温泉で汗を流して下さいね。

 孫娘が夏休みで一時帰国するのにあわせて 山へ連れて行くのを楽しみに
計画しております。
 コメントをありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願い致します。


【2014/06/03 19:27】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


こんにちは
またまた、羨ましい旅をされましたね
四国は中々訪れる機会が少なく石鎚山は未踏です
未だ雪があるんですね

少し暇ができたのですが
母の介護で思う様に出かけられなくなってしまいました
いつか愚妻を連れて、四国一周の旅を目論んでいます
【2014/06/05 11:04】 URL | Noyama #B7q/.fmY [ 編集]

noyamaさん こんにちは
 四国はよく訪れましたが この地の山を歩いたのは今回がはじめてです。
何となく佐田岬へ往ってみたくなり 帰りに脊梁山塊のひとつふたつを・・・と
旅に出ました。

 私達夫婦もそうでした 順送りの世界とはいえ介護の日常は大変ですよね。
どうかゆっくり企画を暖めておいてください。
コメントをありがとうございました。


【2014/06/05 12:42】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

ご無沙汰しています
ご無沙汰しています。8日間の長旅、お疲れさま。いつもながらの素晴らしい写真の数々、一枚々、拡大して楽しませて頂きました。小生も大学の卒業旅行でY・Hに宿泊し小豆島から四国に入り、最初に徳島の土柱を見物しました。大変、懐かしく思い出されます。いつまでも、その景観が残って欲しいと願っています。祖谷のかずら橋も素晴らしいですネ、高所恐怖症の小生には足がすくんでしまいます。又、石鎚山のアケボノツツジは美しいですネ。
是非、ミヤマキリシマの九重連山にも再度、お越し下さい、お待ちしています。
【2014/06/06 13:06】 URL | y.ito #- [ 編集]

九重連山はいつか再び訪れたいですね
 itoさん こちらこそご無沙汰しています。
今回の四国遠征は 九州九重とは異なり自走せず、往復とも
フェリーに委ねました。
 
 灰色の視界に淡く浮かび上がる石鎚山のアケボノツツジ、
歩きながら 雨に煙る大船山のミヤマキリシマを想いうかべました。
それに 帰途博多に泊り、皆さんと一献傾けたことも・・・。
 歩けるうちに九重連山は再訪したいと想っており
その時はきっとフェリーになるでしょう。
 コメントをありがとうございました。
【2014/06/06 13:49】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/153-b21dafd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/05/29 08:55)

徳島市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 ケノーベル エージェント【2014/05/29 08:55】