俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



 米国の「ルート66」は私達世代には懐かしいサウンドとストーリーを想い出させるが
2日ほど前に群馬県桐生市と栃木県佐野市を結ぶ県道「ルート66」を走った。
銘品を求めて桐生市を訪れたついでに カッコソウの鳴神山、アカヤシオの赤雪山の
登山口確認をするためであった。

 渡良瀬渓谷鉄道沿線から足尾を経て日光に至るルートは春秋に何回か訪れたことがあるが、
その南側の根本鳴神自然公園の小山塊周辺を訪うのは初めてであった。

静かな春

 この日はあまり時間がなく 黒川沿いの泉龍院裏の観音山への尾根を少し歩いて
春の雑木林の雰囲気を味わうにとどまった。

P1050399.jpg 泉龍院          (写真はクリックして拡大して下さい)

P1050400.jpg P1050402.jpg

P1050405.jpg 桐生川ダム(梅田湖)

 泉龍院近くで 菜の花を摘んでいた同世代の婦人に「筍はまだですか」と尋ねたら
「まだ早いですね しかしこの辺りは猪が多くなり 芽が出始めるとすぐ掘り返され食べられてしまって
なかなか手に入らなくなりました・・・」と淋しそうなつぶやきが返ってきた。



躍動する春

 海外(香港)生活も はや一年が過ぎた孫娘Meiが 春休みの一時帰国。
花見 土筆摘み・温泉・アスレチック・映画・食べ歩き・・・と 盛り沢山の足跡を残していった。

1148895_311451488980002_894962260_n.jpg

P1050390.jpg P1050382.jpg P1050387.jpg











関連記事


この記事に対するコメント
春爛漫
 こんにちは
 私が久しぶりの山歩きで赤雪山・仙人ケ岳を歩いているとき
 近くを通られたのですね
 これから、鳴神山・袈裟丸山・赤城山と東から西へ
 標高の低い順に大好きなアカヤシオが楽しめる季節となりました
 私も、今年から少し自由の効く生活が出来そうなので
 これからの人生楽しみにしております

 まだ、孫はいませんが
【2014/04/12 14:10】 URL | noyama #B7q/.fmY [ 編集]

Re.春爛漫
 こんにちは noyamaさん
 ご母堂の介護で何かとご多忙の由、それでも少し余裕を持たれ
山歩きを再開されると伺い 喜んでおります。
この季節になると 貴過去ログのアカヤシオの記事のあれこれが
想い出されます。
 時を得て袈裟丸山か鳴神山を歩いてみたいと思います。
コメントをありがとうございました。

 ご長女がご結婚されて?年、「じいじ」と呼ばれるのもそんなに
遠くないことでしょう・・・。
【2014/04/12 15:56】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


 おはようございます。
うわ~、Meiちゃんは随分お姉ちゃんになられたのですね。
成長されているお孫さまとのいい時間を過ごされましたね。

 カッコソウにアカヤシオ・・・
目を楽しませてくれるのはもうすぐですね。
ついこの前、大雪が・・・と言っていた気がするのですが、
春の花が咲き始めると、グングン時が進んで行く気がします。
ノンビリスローペースの私にはちょっと息苦しい気がします。
マイペース・・・ですね!
【2014/04/13 04:43】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]

こんにちは キレンゲショウマさん
 野趣あふれる自然の豊かな所にお住まいだと 季節の変わり目は
どんなにかドラマチックなことだろうと想いながら いつもレポを
拝見しております。
それにしても日本海側への遠征は報われましたね。

 香港からの豆台風は10日間ほど我が家に滞留しておりました。
低気圧ならぬかなりの高気圧でしたが…。
 今初夏は 念願の佐田岬を尋ね、帰途、キレンゲショウマで名高い
剣山にはまだ季節が届かないので、石鎚山か瓶ヶ森を歩いてみようと
計画しております。
 コメントをありがとうございました。
【2014/04/13 09:52】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


 こんばんは!
香港からの豆台風ですか? とても愛らしい豆台風さんですね!

 初夏には四国へお出掛けだとか・・・・・
出身地ながらそう歩いた事はないのですが、石鎚方面も良かったです。
スカイラインと言えばいいのでしょうか? 頂上がすぐそこに見える山並は
天気さえ良ければ、車ではなく歩いて思いっきり景色を楽しみたいような
道でした。 大いにお楽しみくださいね。
石鎚は以前とは別のコースからまた歩いてみたいと思っています。
【2014/04/21 03:42】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]

Re.「豆台風」
 遊びが大好きな孫娘、この春 香港日本人学校の4年生に
なりました。どうやら英語の特訓が始まりそうです。

 もう50年も昔になりますが、松山道後から高知桂浜へ抜けたのが
初めての四国でした。
以来、数度も訪れながらまだ歩いたことのない「佐田岬」と「石鎚山」を
今回は楽しみに計画をたてようと考えています。
メッセージをありがとうございました。
【2014/04/21 09:35】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


里山を歩くと猪が掘りかえした跡を
よく見ます。猪も増えているんですね。

お孫さん、どんどん大きくなりますね。
ちょっと会わないとびっくりなんてことも
ありそうですね。
【2014/04/27 15:06】 URL | ブル #- [ 編集]


 山裾では日常的に人とのせめぎ合いがおきているようで、
なかなか平和的に共存とはいかないようですね。
 猪突はいまだ変わりませんが孫娘も「うり坊」から成長しつつあります。
ブルさん、いつもコメントをありがとうございます。
残雪の北八つのレポ、続きを楽しみにしています。
【2014/04/28 08:31】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/150-d3ced67b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)