俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



大霧山
P1050253.jpg 大霧山           (写真はクリックして拡大して下さい)

 もうすぐ冬至。
日照の長短より 柚子湯に入るという習俗の方が身近に感じる日である。
先週の日曜日、近郊の低山の陽だまりハイキングと その山里に柚子を求めて
埼玉県内の武蔵丘陵へ・・・。
いまは埼玉県にあるただ一つの村となってしまった東秩父村の粥仁田峠へ向かった。

P1050251.jpg 東秩父村「栗和田」集落

 その南面の傾斜地にみかんや柚子を栽培している栗和田の小さな集落に
車を止め、大霧山の登山道へ分け入った。
峠に至る山道では 小さな子供の手をひく地元の若いお父さんやお爺さんの
幾組かとすれ違った。冬枯れの峠道を会話しながら散策する姿は好もしく
いずれもその後ろ姿は暖かかった。

P1050256.jpg P1050257.jpg 粥仁田峠への山道

 この辺りは外秩父七峰ハイキングトレイルが縦横に踏まれている中核で、
笠山(837m)、堂平山(875m)、大霧山(766m)の比企三山が
人気を集めている。
晴天微風の日曜日とあって 老若男女大勢のハイカーが楽しんでいた。

P1050259.jpg P1050260.jpg 粥仁田峠

 峠からは細くちょっとした急登が続き、標高766mの山頂へ。

P1050261.jpg P1050263.jpg P1050276.jpg 登山道

 低山ながら西と北に展望が拓け、甲武信岳などの奥秩父や八丁尾根が際立つ両神山、
そして榛名、谷川、赤城などの群馬の峰々、さらには日光白根山や男体山など
栃木の峰も望むことができた。
近くでは 高原牧場や堂平山の天文台が光っている。

P1050264.jpg P1050271.jpg 山頂にあったマユミの木

P1050266.jpg P1050267.jpg P1050268.jpg P1050272.jpg
山頂からの眺望

 下山後の栗和田集落で 木になっている小粒の真っ黄色の柚子を20個ほど
切り取って分けていただき、帰途についた。
近郊とはいえ 山道を歩くより往復の道中のほうが長い一日だった。('13.12.8歩く)

P1050277.jpg 近くの笠山  (山行クロニクル No.92  写真はクリックして拡大して下さい)


PS.
 大霧山:武蔵野通志に「山頂雲霧つねに絶えず 故に大霧の名あり・・・」
と記されていることが この山名の由来とされているが定かではないようだ。
 
 この比企三山を含む外秩父七峰42.195キロのトレイルを歩き通した
ブログ友人のdevilman氏(憧れは五ヶ国語ぺらぺらだったはずなのに)や
ブル氏(ぶるっちの山ある記)のレポに詳しい「大霧山」。
かって私も孫娘を連れて歩くための下見に この界隈を訪れたことがあったが、
頂に立ったのは初めて。
 
 この辺りの低山を結ぶトレイルは 冬枯れの陽だまりこそが相応しい。
裸木の樹間から覗く眼下の枯芝色の緩斜面、思わず寝そべって透き通った青空を
見上げてみたくなる。
遥かに過ぎ去った小学生の頃の正丸峠・伊豆ヶ岳や御岳山・日の出山などの
ハイキングを想い出した日でもあった。


















関連記事


この記事に対するコメント

こんばんは。
里山歩きが楽しい季節になってきましたね。
集落の雰囲気もいいですね。
このあたりはdevilmanさんのレポを見て
何度か足を運んでいますが、雪が降ったら
行きたいところです。早く雪が降らないかなと
心待ちにしているところです。
【2013/12/10 22:45】 URL | ブル #- [ 編集]



お馴染みの大霧山にお出でになったとのこと、ほかの方がこちらの近所の山に登られた記録は、気になりますね。


啓発されて、自分の大霧山の記録を探してみました。
確かにたくさんありましたが、そのうちでも、記憶の濃いものを
挙げてみたら、以下になりました。

http://cb250rsz.blog104.fc2.com/blog-entry-1179.html

http://cb250rsz.blog104.fc2.com/blog-entry-991.html

http://cb250rsz.blog104.fc2.com/blog-entry-977.html

http://cb250rsz.blog104.fc2.com/blog-entry-962.html

やっぱり、空気の澄んだ時が、大霧山の良い時ですね。

それに、冬晴れの日は、やはり一番でしょう。
関東の冬の楽しみですね。

ご紹介いただき、ありがとうございました。
【2013/12/10 23:43】 URL | devilman #- [ 編集]

いつもありがとうございます ブルさん
 武蔵から秩父にかけては 里山の起伏に沿って長閑な集落が
展開していますよね。
峠越えをしながらの陽だまりハイクが楽しいところです。

 もうすぐブルさんの近くの房総では水仙の季節、
例年孫娘を連れて歩いたあたりを訪れてみようと想っています。
コメントをありがとうございました。
【2013/12/11 08:57】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]

詳しいアドレスをありがとうございます
 来春は外秩父七峰42キロのロングトレイルを歩きとおす方が
増えるかもしれませんね。

 想い出すと あの頃は奥様が闘病されておられた頃でしょうか・・・、
寸暇を見つけては気分転換によくこの大霧山周辺へ
向かっていらっしゃってたようですね。
比企三山の中では最も雰囲気のある峰だと思います。
コメントをありがとうございました。
【2013/12/11 09:06】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]

比企三山歩きたいです…
こんばんわ…
大霧山の展望は素晴らしいですね…
自分にはとても外秩父七峰縦走コースは歩けそうにありませんが、
少し日が延びた季節に比企三山に挑戦したいと思っています。
天気が良くて展望の良い日になればいいんですけどね…
【2013/12/11 22:06】 URL | ひまじん #XGKBEyNQ [ 編集]

ひまじんさん こんにちは
 私の行動記録用のコンパクトデジカメでは上手く撮れませんが、
肉眼では 遠く奥志賀の岩菅山や浅間山、八ヶ岳の赤岳なども
その冠雪した白い頂がよく見えましたよ。

 またこの東秩父村は「和紙の里」で 趣味の和紙が揃っていますし、
帰途の立ち寄り温泉も2~3ヶ所あります。
 最近、裏高尾方面にも足を伸ばされていらっしゃいますが
この武蔵丘陵も歩いて楽しいところです、是非どうぞ。
コメントをありがとうございました。
【2013/12/12 09:24】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/146-80b076d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)