俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



肘折温泉
 山を歩いていない。
槍ヶ岳以来はや2ヶ月、想いはあるものの足を踏み出せないでいる。

 今年もあといくばくかで 北国の雪の中、のんびりと湯治の趣きを
楽しむ季節がやってくる。
青森の酸ケ湯、岩手の鉛や大沢、秋田の玉川・乳頭・後生掛・秋の宮、
宮城の鳴子など 温泉好きの私には かって訪れた東北の湯で
長逗留してみたい湯治の候補は沢山あるが、
今回は山の往き帰りにも立ち寄ったことのない 古くからの湯治場として
知られる山形の肘折温泉を訪れてみようと思い立った。

 大都会が好きな妻は「そう 鄙びたところへ湯治に行くの・・・」と
まったく興味を示さなかったが、「朝市もあるよ それに帰りは
日本海側サンセットラインを走ろうと思う」との言葉につられてついてきた。


例年より早い雪の訪れを迎えた肘折温泉       (写真はクリックして拡大して下さい)

P1050232.jpg P1050234.jpg P1050236.jpg

P1050231.jpg ナトリウム・塩化物・炭酸水素塩泉(源泉75度)

P1050238.jpg P1050240.jpg 朝市風景




P1050242.jpg P1050244.jpg 晩秋の最上川

P1050246.jpg P1050247.jpg 間近な冬を感じさせる雨の日本海



P1050249.jpg つるし柿用の渋柿

 帰途、つるし柿用の渋柿を買い いつものように吊るす準備をしたが、
例年 我が家へ遊びに来て嬉々としてもぎ取りほおばる孫娘は 遠くなってしまった。
(’13.11.17~11.18)











関連記事


この記事に対するコメント

こんばんは。
寒々とした海が日本海の冬を感じさせますね。
朝市の風景って落ち着きます。どことなく
懐かしい感じがするからでしょうか。
お孫さんが遠くにいるのはちょっと寂しいですね。
【2013/11/21 19:41】 URL | ブル #- [ 編集]

こんばんは ブルさん
 小さな湯治場の小さな朝市、それでもそれなりの温泉情緒が
ありました。
ベランダに吊るした干し柿は 冷たい風と秋の陽にさらされて
いますが、小さな手が伸びてくることは無さそうです。
やはり山を歩きたいですね。
 コメントをありがとうございました。
【2013/11/21 21:57】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]


 こんばんは!
鄙びた湯治湯、いいですねえ~。
朝市も地元の様子が感じられていいですね。
下駄をカラカラ鳴らしながら歩いてみたいものです。
地方へ行くと、地元のスーパーに立ち寄るのも楽しいです。

 今年は父の植えた柿を貰って来て、皮をむき干し柿にしました。
少し軟らかくなって来たので、完成が待たれます。

 何かにつけMeiちゃんを思い出してしまいますね。
早く会える機会が来るといいですね。
【2013/11/22 20:23】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]

こんばんは キレンゲショウマさん
 肘折は初めての湯でした。
泉質や温度は申し分ない湯ですが さいたま浦和からは
いささか不便な所です。

 小屋閉めの昨今 山を歩かない旅行記ばかりになってしまい
担荷力の衰えを痛感しております。

 亡き父上が育てた柿、想い出が蘇ってくることでしょう
コメントをありがとうございました。
【2013/11/22 21:44】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/144-8ed7a42e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)