俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



北の旅
 北の街ではもう 小さくて可愛い雪虫が舞っていた。
友は「あと1~2週間したら雪が降るだろう」と言った。
 妻を伴い 札幌に北の友人T氏夫妻を尋ね、札幌~道東(糠平・然別湖温泉・えりも岬)
~札幌~道央(中山峠・ニセコ昆布温泉・小樽)・・・と、一週間ほど
紅葉を愛で温泉でくつろぎ、山と海の味覚を味わう旅をした。

(写真はクリックして拡大して下さい)

P1050018.jpg P1050020.jpg 日勝峠の虹
この虹の麓に往きつくことができると願いが適う・・・と昔の人はいう。

P1050033.jpg P1050037.jpg P1050043.jpg 然別湖の朝

P1050039.jpg P1050050.jpg 
この季節、北海道はやはりナナカマドが似合う

P1050053.jpg P1050056.jpg
風とカモメと昆布だけの襟裳岬

P1050059.jpg 鵡川のししゃも
ここ2~3年、不漁とのことで名物のししゃものすだれ干しは淋しかった


 一度札幌まで戻り、カラマツ林で収穫した落葉きのこと鵡川のししゃもで乾杯!
台風(26号)が北海道沿岸へも近づく中、中山峠を越えニセコへ。
定山渓から中山峠は 一面の紅葉であった。
が、羊蹄山やニセコアンヌプリの頂は はや雪雲に覆われていた。
中腹のダケカンバの林の白木が美しい。

P1050060.jpg P1050062.jpg P1050073.jpg 
紅葉 点描         シラカバ            ダケカンバ                    

P1050065.jpg P1050070.jpg P1050074.jpg
羊蹄山           大湯沼             五色温泉

P1050083.jpg 雨に煙るにしん番屋(小樽)

 往路、千歳に着いた時は樽前山も恵庭岳も晩秋の姿であったが、
台風がオホーツクの寒気を呼び込んだ帰途の樽前山・恵庭岳は真っ白に美しく
冠雪していた。

 ひとつの峰にも登らず、友人夫妻とともに山麓や湖畔の湯にくつろぎ、山と海を味わい、
落葉きのこの収穫を子供のように楽しんだ北の旅であった(’13.10.12~10.17)。

P1050029.jpg   (写真はクリックして拡大して下さい)

















関連記事


この記事に対するコメント

秋の北海道は、先般亡くなった妻と、最後の旅行で行きたいね、と言っていたところです。
結局は、海外旅行となってしまいましたが、いつかは、こうした冬へ向かう北の大地を旅したいと思っています。
【2013/10/19 02:17】 URL | devilman #- [ 編集]

devilmanさん こんにちは
 北の大地で 紅葉から冠雪へと峰々が変化する一週間を過ごしました。
大雪トムラウシの白い王冠やニペソツの頂に想いを馳せ、
襟裳岬の風の唸りに身を震わせ カラマツ林の落葉きのこ狩りを
嬉々として楽しんだり・・・。

 コメントをありがとうございました。
奥穂から西穂への逆層の岩稜歩きの続きを楽しみにしております。
【2013/10/19 07:47】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]


こんにちは。
1週間の北海道旅行ですか。
いいですね。
紅葉に温泉、おしいいものに友。
最高ですね。
北海道、ゆっくりまわってみたいです。
山にも登ってみたいです。
【2013/10/19 14:43】 URL | ブル #- [ 編集]

こんばんは ブルさん
 湯と酒と友、紅葉から冠雪へと移ろい往く情景を愛でながら
ゆったりとくつろいだ一週間でした。
厳冬期には氷結した湖上の露天風呂やアイスバーを楽しめる然別湖の
晩秋の静けさは格別の雰囲気がありました。

 大雪や十勝の峰々を歩き廻ってからはや4年、また来年の夏には
再び北の山歩きを・・・と、想いを新たにしました。
 コメントをありがとうございました。
【2013/10/19 16:52】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]

おはようございます。
北東北を飛び越えて、
親しき友と北の大地を十二分に堪能されたようですね・・・。

雄大な北海道の旅、いつかは行ってみたいものです。
【2013/10/20 09:26】 URL | masamsa #VMSHmFFI [ 編集]

Re.おはようございます
 こんにちは masamsaさん、山歩きの再開、またこれから楽しみです。

今回の北海道では 山は眺めるだけで温泉三昧、
晩秋の雄大な情景と味覚を楽しんできました。
 間近に見る日高や大雪、ニセコなどの連山、またいつか歩こうと
誘われる日々でもありました。
 コメントをありがとうございました。
【2013/10/20 11:18】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]

懐かしい然別湖
シシャモで一杯ですか、素晴らしい旅行でしたネ、大学時代、北海道へユースホステル利用で旅した時、立寄った然別湖、思い出しました。湖岸まで原生林がせまる湖でボートに乗り透明度が良く湖底の木々が見え吸い込まれそうな気持ちになりました。道内で沢山の湖を回りましたが最も印象に残っています。お互い元気の間、楽しい思い出を作りましょう。
【2013/10/21 14:36】 URL | y.ito #- [ 編集]

おっしゃる通り 元気なうちに楽しい思い出を!
 こんばんは itoさん
 輸入物のカラフト産カペリンが「ししゃも」として国内に出回っていますが、
北海道南部の太平洋沿岸の一部でしか獲れない本物の「柳葉魚:ししゃも」は
さすがに美味、しかし、いまや高価すぎますね。
貴君の郷里 金沢の「干口子」を想いうかべました。

 現在の然別湖、いまも静かに趣のある風情を漂わせていましたよ。
ここから湖畔の森を巡り、糠平湖の廃線跡で私もまた昔日を振り返りました。
コメントをありがとうございました。
【2013/10/21 18:44】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]


こんにちわ…
秋の北海道はいいですね…
景色も綺麗だし食べ物は美味しいし、厳しい冬の前の癒しの季節かも
知れませんが、現役の時代に何回か出かけたことがあります…
山歩きでなくてもユックリ訪れたいところです

【2013/10/22 16:45】 URL | ひまじん #- [ 編集]

こんばんは ひまじんさん
 このペースですと今年も年間40回を越える山歩きを楽しまれること
でしょうね。
今回のレポ、戸隠山の写真は 特に素晴らしく感じました。
きっとご満足のいく山行だったからでしょう。
私もこの先、そんな山歩きを続けられたらと思っております。

 この季節の北の大地は 特産の味覚がおいしくなる時期です。
峰々は白く輝きはじめ これからは真綿のような独特の雪景色に
なることでしょう。
私は日本の北国が好きです。
 コメントをありがとうございました。


 
【2013/10/22 17:37】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]


北海道は2回行きましたがいずれも山ではなく最初はバイクでツーリング二回目は釣りでした、貴ブログをみて山もいいなと思いました、北海道は時間の制限のない時に行きたいですね、2ー3週間篭りたいです、(夏ですが)
【2013/10/23 00:47】 URL | jan #JalddpaA [ 編集]

janさん こんにちは
 相変わらずストイックに山深い源流での釣りを楽しんでおられますね。
これからはまた雪山行でしょうか・・・。

 北では 大雪高原の夏以来、再び 陸封されたオショロコマを賞味する機会に
恵まれました。こちらでは 刺身・塩焼き以外に天麩羅にすることも多いようです。勿論 骨酒も。
 もはや私には踏み入れそうもない日高の峰々は 鬱蒼とした原生林が
素晴らしかったです。
 コメントをありがとうございました。
【2013/10/23 08:33】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]


 こんにちは!
北の地をゆったりといい旅をされたのですね。
大きく掛かる綺麗な虹が俄歩人様達を歓迎されたみたいでとても素敵ですね。
虹と言えば・・・以前、自分の運転する車のサイドミラー辺りから連なる
不思議な虹を見た事がありました。

温泉・紅葉・美味しい食べ物・・・・・思わずゴクッとなるような内容でした。
然別湖はまだ行った事がありませんが、写真からは魅力的な様子が
伝わってきます。

キノコ採集、そのお味はまた格別だった事でしょうね。
【2013/10/24 11:20】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]


 運転する車のサイドミラー付近から天空に駆け上がる虹・・・
まさに現代の天女そのものですね!

 こんにちは キレンゲショウマさん
盛夏や厳冬に訪うことの多い地ですので、晩秋の静けさは久しぶりで
おおいに旅情を満喫することができました。
 ハナイグチですか、北海道では「落葉きのこ」の名で店頭に並ぶこの季節の
人気もので、結構な値段がついていました。
ナラタケはこの地では「ボリボリ」でした。
 コメントをありがとうございました。

【2013/10/24 13:25】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/142-e6691626
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)