俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



草津温泉
 北の友人T氏夫妻の来京を得て、上州と信州の県境 草津温泉への
小さな旅(’13.5.9~10)。

湯畑の昼と夜                          (写真はクリックして拡大して下さい)
      
P1040625.jpg P1040627.jpg P1040651.jpg P1040652.jpg


 夫婦二組、静かな湯宿で 含硫黄・マグネシウム、硫酸塩・塩化物泉の掛け流しの湯を
堪能した。

P1040632.jpg 宿の内湯

 熱い湯の流れる「西の河原」は桜がまだ満開、流れの苔の緑も鮮やか。
P1040618.jpg P1040622.jpg 西の河原

P1040645.jpg 湯もみ踊りも一興

 翌日は 草津白根山からまだ白銀の北アルプスの眺望を楽しみ、残雪の渋峠を越え
信州側渋温泉を散策、帰宅した。

P1040660.jpg P1040663.jpg P1040664.jpg
草津白根山        渋峠             横手山                              



P1040658.jpg          (写真はクリックして拡大して下さい) 





関連記事


この記事に対するコメント

            俄歩人さま

 ご友人夫妻とゆったりと温泉や雪の残る山並散策を楽しまれたの
ですね。 気の置けない仲間とのお時間はさぞお酒の方も進んだのでは
ないでしょうか?

仲間もさることながら・・・やっぱり温泉はいいものですね。
【2013/05/17 00:34】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]


 こんにちは キレンゲショウマさん
 友を迎えるとなるとやはり酒と湯、そして湯の町や峠の散策と
なってしまいがちです。
煌めくネオンの巷から遠くなったのは歳なのでしょう。
 コメントをありがとうございました。
大勢の「マゴタンズ」に囲まれ 賑やかな連休を過ごされたようですね。
【2013/05/17 15:08】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/05/23 22:20】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/05/27 18:31】 | # [ 編集]

こんばんは みちのこさん
 貴ブログ、このところお疲れ気味のような印象を受けております。ごめんなさい。
この草津での生活のご経験があるとのこと、きっとその当時と変わってしまったもの
変わらないもの・・・など、想いを馳せることも多いことでしょう。
私はよく友を案内しますが、草津はやはり関東地方を代表する湯のひとつと
思います。
 メッセージをありがとうございました。
【2013/06/08 19:21】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/137-4bf8adec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)