俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



尾白川渓谷
P1040287.jpg 白州の里から仰ぐ甲斐駒ケ岳 (写真はクリックして拡大して下さい)

 信州・北八ヶ岳西麓散策の翌日、晩秋の冷気に満ちた爽やかな高原を走り抜け、
甲州・甲斐駒ケ岳の麓 あの著名な黒戸尾根登山口へ向かった。
尾白川渓谷の秋模様を覗くためである。

P1040323.jpg 黒戸尾根と尾白川渓谷図

 甲斐駒ケ岳は かって北沢峠~仙水峠~駒津峰~摩利支天を経て登頂したことはあるが、
信仰に支えられた歴史あるこの黒戸尾根直登の道は歩いたことがない。
白州町竹宇の駒ケ岳神社から 標高差2200m、約10時間強の長丁場は
鳳凰三山の青木鉱泉から中道を経て標高差1700mの薬師岳で音をあげた私には
とても無理な突き上げである。
しかし、この由緒ある登山道には 歩く者に自己満足を与える何かがあるのだろう。

P1040290.jpg 登山口(白須口)

 登山口駐車場は 今日もまたこの黒戸尾根に挑む登山者の他、近場の日向山や
尾白川渓谷を楽しむ方々の車で半ば埋まっていた。

 駒ケ岳神社奥の尾白川に架かる吊橋を渡り、登山道に分け入る。
橋上から眺める周辺の紅葉は陽に輝いて美しい。
黒戸尾根への道を分かち 渓畔道を散策する。

P1040322.jpg P1040316.jpg P1040317.jpg
駒ケ岳神社       吊橋            尾根の紅葉

P1040295.jpg P1040309.jpg P1040310.jpg 渓谷登山道

 2時間ほど 滝と淵を覗き歩き、渓畔の秋模様を楽しむ。

P1040298.jpg P1040303.jpg P1040304.jpg

P1040299.jpg P1040311.jpg P1040314.jpg 滝と淵 点描

 それなりの秋の渓谷美を味わうが、
渓の川床と流量、滝の形状と落差、釜や淵の趣き、
いずれを比しても 西沢渓谷(’12年4月記)の渓谷美には届かない・・・
と、感じた。

P1040301.jpg P1040306.jpg P1040308.jpg P1040312.jpg
秋の色


「山行クロニクル No.85 北八ヶ岳および甲斐駒ケ岳の山麓逍遥」
’12.11.8~11.9 歩く (写真はクリックして拡大して下さい)

追記
 この秋は北海道・東北・中部・四国・九州も含めて 高嶺の錦絵が派手に
演出されたようである。
皆さんのHPやブログで拝見した数々のカットに嘆息し、心誘われた日々であった。
とりわけ赤と黄の鮮やかさが印象に残る年でもあった。

 東京ではこれから神宮外苑のイチョウ並木が見頃を迎えることだろう。
このイチョウ並木、毎年、関東地区大学ラグビー対抗戦Gの早慶戦から早明戦にかけて
鮮やかなピークとなる。
私には若き日を想い出す季節のひとコマでもある。

















関連記事


この記事に対するコメント

多少の差異はあるものの、今年の紅葉はどこも素晴らしいようです。
尾白方面は、学生時代に黒戸尾根を登ったきりで、その後訪れていません。
こんなに紅葉がきれいだと、さぞや混むことでしょうね。
【2012/11/13 02:18】 URL | devilman #- [ 編集]


 黒戸尾根登高のご経験は素晴らしいですね。
この尾根を歩かれた方の話は いつ聞いても味があるように思います。

 渓の水しぶきと沢の冷気の吹き抜ける渓谷は
時として想いもかけない美にめぐり遭えのが楽しみです。
devilmanさん いつもコメントをいただきありがとうございます。
【2012/11/13 08:57】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/11/27 01:29】 | # [ 編集]


 相方が諏訪時代の行き帰りに時折り立ち寄って 「ここからも登れるんだ~・・」
と知り、私にとって憧れのコースです。 いつかこちらからも登ってみたいと思いつつも、
いつか・・・は、段々遠くなりつつあります。 
でもこのブログを拝見し、その思いがまたフツフツと湧いて来そうな・・・・・?

 とは言え、この渓谷もまだ辿った事がありません。
まずは渓谷を楽しんでから・・・でしょうか? 夢を持つのは可能ですから・・・

 
【2012/11/28 01:52】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]


 諏訪通いで立ち寄った峰や峠もいずれ懐かしい想い出と
なられることでしょう。
ふだん富士や愛鷹、天子、御坂などの山塊を楽しんでおられるキレンゲショウマさんなら
この黒戸尾根も途中の七丈小屋泊りで十分満喫なされることと思います。
 最近荒れてしまった感のある尾白川渓谷、
近くの西沢渓谷のほうが 遥かにお薦めのように思いました。
コメントをありがとうございました。
【2012/11/28 10:30】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/129-31656725
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)