俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



西穂独標
P1040222.jpg P1040214.jpg P1040218.jpg (写真はクリックして拡大して下さい)

 再び安房峠を越えて新穂高温泉へ向かった。
日曜日とて しらかば平・第2ロープウエイは整理券で1時間待ちであった。
アルペンホルンの野外演奏をしばし楽しむ。

P1040157.jpg P1040159.jpg
深山荘前の駐車場   アルペンホルンの野外演奏

 西穂山荘で落日を待ちながら熱燗で時を過ごす。
多くの方々が下山した後の日曜日の夕暮れは比較的静か。
かって妻の誕生日前日に蒲田温泉槍見館に泊り、翌日、真夏でも涼しいこの山荘で
祝杯を挙げたこともあった。

P1040163.jpg P1040167.jpg
西穂山荘への登山道から 飛騨側の西穂高岳を仰ぐ

P1040171.jpg P1040170.jpg P1040172.jpg P1040173.jpg
西穂山荘         霞沢岳          丸山への登り       夕方のテン場

P1040180.jpg P1040186.jpg
遠く白山に沈む落日   白山

 20人ほどで和やかな夕食。
関西や中京圏からの方々が多かった。
西穂高岳までという方は4~5人で ほとんどの方は独標まで。
病み上がりの私も西穂途中の独標までと決め、サブザックに詰め替える。

 翌 22(月)も晴天。
飛騨側の雲海が美しい。

P1040191.jpg P1040193.jpg
塩尻方面からの朝陽  高山市を包む雲海

 朝食を自炊後山荘を出て 久しぶりの稜線歩きを味わう。
前日、ロープウエイ山頂の登山口から山荘までの道で、3か月の空白が 結構身体に
きつい実感を持っていたので のんびり歩く。
飛騨側 大木場ノ辻~錫杖岳~クリヤノ頭~笠ヶ岳と続く朝陽に輝く峰々を横目に
丸山で まだ雲海に沈んでいる高山市街や逆光の霞沢岳、背後の焼岳とその奥の乗鞍岳
を楽しむ。

 西穂山荘から焼岳・中尾峠を経て 中尾温泉口へ降った昔を想い出す。
また歩けるようになったことが素直に嬉しく 想い出にも明るい色を染めてくれる。
登山口や山小屋は変化しても山そのものは変わらない。

P1040204.jpg P1040205.jpg
独標への稜線      丸山山頂

P1040206.jpg P1040209.jpg P1040211.jpg
丸山からの笠ヶ岳     逆光の霞沢岳      背後の焼岳と乗鞍岳

 先月、計画していて歩けなかった笠ヶ岳、いつ見ても美しく とりわけ厳冬期の白い笠の姿は
格別で、脳裏に焼き付いている。

P1040214_20121023135732.jpg
ピラミッドピークや独標(右)が近くなった。



ちょっとした岩場を攀じると 独標頂上、2701m。
久しぶりの西穂独標。
この先、ピラミッドピークを経て西穂高岳への岩稜が迫ってくる。
先行の2人が楽しんでいた。

 今回はここまで・・・と。また歩けるようになった身に感謝する。
西穂~奥穂間の歩いたことのない岩稜や よく歩いた鷲羽岳など黒部源流方面の峰々と
会話しながらコーヒーをたてる。
たったひとりの独標、眼下に光る梓川、そして焼岳を見下ろす。

P1040229.jpg P1040222_20121023141119.jpg P1040223.jpg
独標

P1040218_20121023141244.jpg P1040219.jpg P1040221.jpg P1040224.jpg
ピラミッドピーク~西穂高岳           西穂~奥穂       鷲羽岳方面
              ピラミッドピークへの登攀路

P1040228.jpg P1040230.jpg
眼下に光る梓川     焼岳を見下ろす


 下の尾根に登山者が登ってきたのを汐に独標を降りる。
蒼穹を切って小岩峰群の屹立している西穂高岳を見おさめた。

 信州上高地側の紅葉や蒲田川小鍋谷の紅葉、錫杖岳の岩壁を眺めながら
ハイマツ帯を降る。

P1040235.jpg P1040243.jpg P1040237.jpg
上高地           小鍋谷           錫杖岳

P1040238.jpg P1040239.jpg P1040244.jpg
ハイマツ帯を降る                秋色

 山荘に挨拶、下山する。
ともかくも少しでも歩けたことに満足し、中尾峠越えではなく短路のロープウエイ口へ。

P1040247.jpg P1040249.jpg
晩秋を感じさせる砂糖菓子にやっと出遭えた


(「山行クロニクル No.84」’12.10.21~10.22歩く 写真はクリックして拡大して下さい)

追記
 再び歩きはじめました。
 ご心配をいただきました皆さまに 厚く御礼を申し上げます(俄歩人)。











 

   















関連記事


この記事に対するコメント

ほんとうによかったです。
天候に恵まれ、絶好の快気祝い登山に
なったことと思います。
思い出とともに歩かれた久々の山行、
楽しまれたようですね。
独標まででいいから行ってみたいですね。
焼岳を見下ろしてみたいです。
【2012/10/23 19:52】 URL | ブル #- [ 編集]

おばんです(^^♪
再度の歩きに、・・・感涙してます。

素晴らしいロケを、
ありがとうございました。
【2012/10/23 21:18】 URL | masamsa #VMSHmFFI [ 編集]

ブルさん こんばんは
 西穂独標までと短い距離ですが、稜線を歩けたことが
嬉しい日でした。
焼岳や霞沢岳を見下ろしながらのコーヒーは
とりわけ美味しく感じました。
早々のコメントをありがとうございました。
【2012/10/23 21:45】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]

Re.おばんです、masamsaさん
 なによりも私自身、再び踏み出す日のことばかり考えておりました。
晴天に支えられた日でもありました。
早々のコメントをありがとうございました。
【2012/10/23 21:49】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]


 こんばんは!
素晴らしく嬉しい回復力ですね。
こんなに早く山歩きのレポを見せて戴けるとは思っていませんでした。

 西穂はまだ歩いた事がありません。
絶景を見せて頂き、まだまだ歩きたい所がいっぱいあるなあ・・・と
改めて感じました。
久しぶりの山生活、いつも以上に感慨深いものがあったでしょうね。
またボチボチ頑張って下さいね。
【2012/10/23 22:34】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]


おはようございます。
また歩けるようになってよかったですね。
私も持病があるので、登山に行くとかなり負担になるのですがやめられません。
私は独票までしか行ったことがないですが、眺めは素晴らしかったことを思い出しました。
また楽しみにしています。
【2012/10/24 07:30】 URL | S氏 #9jnonjpg [ 編集]


 短い日程と少しの歩き・・・、それでも素晴らしい天気のもと
素晴らしい気分に浸れた山歩きでした。
連れだって山へ向かう機会は少ないのですが、まだまだ自然の良さを
孫娘へ伝え残したいと思っています。
キレンゲショウマさん、いつもコメントをありがとうございました。
【2012/10/24 08:28】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]

こんにちは S氏さん
 お気遣いいただきありがとうございます。
澄みきった蒼穹のもと冷風を受けながら 稜線歩きを
楽しめた日でした。
 西穂途中とはいえ 独標からの景色もなかなかのものですよね。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
コメントをありがとうございました。
【2012/10/24 08:34】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]

はやっ
もぅ登山開始とは驚きました。
これからも、ず~っと素晴らしい景色を楽しませてください。
【2012/10/25 20:38】 URL | 九ちゃん #- [ 編集]

西穂いいですね~
こんばんわ…
ふらっとブログに寄って見たら西穂のレポでした…
標高の高い山では初雪の便りもあったようですが、紅葉の方はまだまだ
続きますし、体調を見ながらボチボチと楽しんでください…。
山歩きが再開出来たことが何より良かったと思います。
【2012/10/25 21:00】 URL | ひまじん #XGKBEyNQ [ 編集]

Re. はやっ
 この季節が好きなんです。
「これからも、ず~っと・・・」、私自身もまたそう願っております。
九ちゃんさんのような行動的な日々には追いつきませんが、
自然と向き合える日々を大事にしたいものです。
応援メッセージをありがとうございました。
【2012/10/25 21:02】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]

こんばんは ひまじんさん
 高妻山、尾瀬、そして私も好きな瑞牆山、また浅間隠山と
いつもの美しいレポを拝見しながら レスポンスもできず申し訳ありませんでした。
おっしゃる通り、ボチボチと再び山に向き合いたいと願っております。
 この西穂でも ロープウエイで荷物代を払って背負った13キロに体力負け、
翌日はサブザックに絞ったものの西穂高岳まで歩けず独標止まりが
現実でした。
 ありがとうございました。

【2012/10/25 21:35】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]


まずは、山への復帰、お慶び申し上げます。
俄歩人さんらしく、慎重でありながら、満足できるルートをお選びになり、
十分楽しまれたものと思います。

この稜線に、実は近づいたことがないのです。
一つは、ロープウエイからの混雑を嫌っていることがありますが、
このポジションの眺めも捨てがたいですね。

どういう機会に訪れたらいいのか、思案のしどころです。
【2012/10/28 01:01】 URL | devilman #- [ 編集]

僅かの稜線歩きで楽しめた雰囲気
 おっしゃるとおりです、devilmanさん。
休日日帰り行では朝一番のロープウエイが必要となりますね。
はやこの稜線にも雪が来たようで、白い笠が見られるかも知れません。
お気遣いありがとうございました。

 この先しばらくは林間逍遥となりそうで、雪山行は難しそうです。
devilmanさんのレポを楽しみに待っております。
【2012/10/28 09:08】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]

感性ストレッチ、心掛けます
 山眠る季節に入る前に 再び足を踏み出すことができるようになりました。
「自然と向き合える体力・自然を味わえる感性・自然に応えられる知性」を
ますます意識して過ごしたいと想い居ります。
 みちのこさん、拍手とメッセージをありがとうございました。
【2012/10/28 11:44】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]

山には何かが
 今晩は
 先週は上信県境の浅間山も初冠雪
 高山は、秋色から冬景色に替わり始める頃
 北アルプスも素晴らしい眺めですね
 歳と共に、少し間が空くと億劫になってしまいますが
 意を決して出かけると、また出かけたくなるのが不思議です
 お体を大切に、山歩きが続けられるよう祈念しております
【2012/10/28 20:21】 URL | noyama #B7q/.fmY [ 編集]

ありがとうございます、ラスカル・Jさん
 日々お忙しい中でもブログの更新がはじまり いささか休心しておりました。
北海道への家族旅行、大雪山行のレポは良かったですよ。
私もまた少しずつ歩みを進めたいと心しております。
拍手とコメントをありがとうございました。
 これからの六甲、楽しめそうですね。
【2012/10/28 21:04】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]

Re.山には何かが
 ラグビー観戦はまだしも ゴルフはひとりではなかなか楽しめなくなりました。
が、山だけはそのようなこともなく 気力と体力さえ復活できれば・・・。
noyamaさんの今回の守門岳のように 時と空がピタッとあえば、
素晴らしいひとときが待っていますから・・・。
お気遣いありがとうございます。
 この先しばらくは山歩きというより山籠りに近い姿になってしまうかも知れません。
コメントをありがとうございました。
【2012/10/28 21:13】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]


しばらくです。また歩き始められて安心しました。 これから寒くなっていきますので
無理は禁物ですね。

先日ミッキーさんと佐倉市民ハイキング(君津方面三石山)に参加してきました。登るというよりは里山のアスファルトの道を歩くだけで二人で疲れて帰って来ました。

11月は高尾山、鳩ノ巣渓谷を楽しむ予定でおります。  どうぞご自愛ください。
【2012/11/02 19:08】 URL | かんきち #- [ 編集]

こんばんは かんきちさん
 お気遣いありがとうございます。
11月末の高尾山は紅葉で大変な人出のことと思いますが楽しみですね。
懐かしい地名「鳩ノ巣渓谷」、昭和20年代の都心の小学生低学年の
遠足の地でした。私の記憶にも残っています。

 西穂高は短い歩きでしたが それでも稜線からの風情に
静かに過去を振り返る時を貰えたひとときでした。
コメントをありがとうございました。

【2012/11/02 20:13】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/127-533afb69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)