俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



奥州白河リゾートと二岐温泉
 近在の仲良し同世代三組の夫婦で、リゾートゴルフと温泉へ三日間の息抜き。
日頃の我儘を寛容してくれているそれぞれの妻女達への感謝と贖罪の意を込めて
もう5年ほど続いている初夏のイベントのひとつである。
(贖罪は我が家だけかもしれないが・・・)

 もはや昔の担荷力がなく、テントを担がない私としては 営業小屋の混雑する
盛夏は、北や南のアルプスを避け、稜線を爽やかに渡る秋風の頃まで
山靴を休ませている。

 東北道白河IC、「これより みちのく」の表示が
いつも一抹の寂しさを含んで迎えてくれる。
那須三山の最も北に位置する三本槍岳から、さらに須立山~旭岳(赤崩山)~甲子山
~大白森山~小白森山、そして二岐山へと縦走路が続いている。
いつかの秋に・・・と想いながらもいまだ歩けずにいるが、
この那須連山北端の二岐山を望む風のとおりみちとなっている高原に
太平洋クラブ白河リゾートがある。
フェアウエイへの乗用カート乗り入れ可で、温泉付き宿泊施設が整ったリゾートスタイルの
ゴルフ場である。

P1040094.jpg P7180006.jpg
太平洋クラブ白河リゾート(二岐山を望む)       (写真はクリックして拡大してください)

 スコア80代でラウンドするI氏やSi氏に交じって もはや100も切れなくなってしまった私、
妻女陣も含めていつもながら最も悪いスコア。それでも皆、一緒に遊んでくださる。

 二日間、標高1000mの涼風と戯れたあと、休息を求めて二岐山山麓に
位置する二岐温泉・大丸あすなろ荘へ。
森と渓に囲まれたこの静かな湯宿は、私が好む日本秘湯を守る会会員であり、
長男一家・次男夫婦も含めて過去何度もお世話になっている。
この宿のご主人は もう長いこと「秘湯を守る会」の会長を務めている。

二岐温泉・大丸あすなろ荘 (源泉58度 掛け流し)
P1040108.jpg P1040100.jpg P1040107.jpg P1040113.jpg
                 渓流露天風呂      岩床から          タマガワホトトギス
                                自噴する岩風呂


 ここはもう南会津への入り口、
翌日は 昨冬も訪れた会津西街道・大内宿を再び散策。
檜枝岐や那須山岳道路など それぞれの観光地へ向かうI氏夫妻、Si氏夫妻と別れ、
塩原温泉経由で帰宅した。

P7200028.jpg 大内宿の家並 (photo by Si氏)

「売らない、貸さない、壊さない」の自主住民憲章を作り、指定された重要伝統的建造物群の
景観保存に努めている。

P1040120.jpg P1040128.jpg P1040129.jpg(写真はクリックして拡大してください)









関連記事


この記事に対するコメント

何か、悠々自適が伝わってきそうな、雰囲気です。
最近のように酷暑ともいうべき夏の暑さでは、どこかに避暑をするしかないような気がします。
みちのくへの奥様方をお連れになった旅、うらやましい限りです。
ゴルフだけは縁もなく、興味もない世界ですが、
秘湯を守る会の提灯は、おなじみです。
旅に欠かせない、大変重要な要素ですよね。

俄歩人さんの穏やかな気持ちにさせてくれるブログ、いつも楽しみにしています。
【2012/07/28 22:45】 URL | devilman #- [ 編集]

ありがとうございます devilmanさん
 フリーな生活ゆえ自適ではありますが決して悠々ではありません。
が、残された日々を何とか心豊かにと願い、家族や友人達に恵まれた日常を
過ごしております。
 山間僻地に点在する秘湯を守る会の湯宿は もう長いこと私の登山や
周辺観光の基地として利用しています。
湯を循環せず消毒剤の臭気の無い源泉掛け流しの湯が旅の疲れを癒してくれます。
いつまで好きな山旅を続けられることでしょうか・・・。
コメントをありがとうございました。
【2012/07/29 08:51】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]

暑中お見舞い
 今晩は
 大混雑の北アルプスに出かけてきました

 福島原発事故以来、福島から栃木県北部は観光客も減少したことと思います
 一昨日は、福島県南相馬市桜井市長さんの話を聞く機会がありました
 福島復興のためにも福島県観光も重要と思いました

 大内宿のネギを箸代わりに食べる蕎麦
 味は忘れましたが、記憶に残る名物でした
  
【2012/08/05 20:55】 URL | noyama #B7q/.fmY [ 編集]

Re.暑中お見舞い
 こんばんは noyamaさん
北ア花街道のレポ、羨ましく且つ懐かしく拝見しました。
混雑すれども夏はやはり北アルプスですね。
 いい歳をして寝付きも寝相も悪い私としてはもう少し
我慢の日々です。
相馬の野馬追いも終わり 東北の夏祭りも今週いっぱいですね。
暑中見舞いをありがとうございました。
【2012/08/05 22:07】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]


 こんにちは!
季節にあう楽しみ方を大切にされていらっしゃる我歩人さん、
気のおけない仲間との時間、またその後の秘湯の湯への訪問、いいですね!

宿のHPも拝見しましたが、素敵な湯宿のようですね。
機会があったら行ってみたいな・・・と思いながら見せて頂きました。
この辺りもまだ訪ねた事のない地域です。

 季節がめぐって、どんなお山が登場するのか楽しみです。
【2012/08/06 13:04】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]

こんにちは
 もう何度もキレンゲショウマさんの山行記で参考にさせていただいている
毛無山、まだ 踏み出せないでいます。
(朝霧高原がススキの穂で埋まる頃にでも・・・)

 皆さんの夏の北アルプス行の記録を楽しませていただきながら
私もまた 過去の思い出を訪ねて、槍か穂高を歩こうかと思案しています。
夏の喧噪が去った小屋をひとつひとつのんびり泊り歩く・・・、
そんな旅にしたいと思います。
 コメントをありがとうございました。
【2012/08/06 14:48】 URL | 俄歩人  #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/123-815fbae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)