俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



森吉山
P1030903.jpg P1030901.jpg P1030923.jpg
森吉山            シラネアオイ        ヒナザクラ    (写真はクリックして拡大して下さい)

 この森吉山、秋田県の中央に位置し外輪山に囲まれた独立峰で ブナ林ーダケカンバ林ー
オオシラビソ林ー灌木林の垂直分布と花も動物も豊かな峰で全国的に知られている。
とりわけ地元の方々には「秋田山」と呼称されるほど馴染の深い峰だという。
つい10日前にも地元のブログ友人「masamsaのトコトコ散歩」(http://masamsa.blog95.fc2.com/)
のmasamsaさんとyuriyuriさんのレポで美しい景観が紹介されたばかりであった。

「山行クロニクル No.82」 森吉山      単独
’12.7.7(土)浦和=東北道・秋田道大曲IC=阿仁マタギの里(泊)
    7.8(日)森吉山阿仁ゴンドラ~石森~稚児平~山頂~山人平~山頂~石森~阿仁
          =田沢高原ホテル(泊)

 豪雨のため、当初予定した飯豊山・梅花皮岳への石転び沢雪渓の登攀を断念、転進し、
森吉山麓阿仁マタギの里へ。
翌日の森吉山、ブナやダケカンバ、オオシラビソなどの美しい樹林はゴンドラから眺めて堪能し
ショートカット。
石森から花々に彩られた阿仁コースを歩く。

登山道 点描
P1030945.jpg P1030904.jpg P1030908.jpg    P1030911.jpg


出遭った花々

P1030888.jpg P1030947.jpg P1030900.jpg P1030897.jpg
ギンリョウソウ       オオバキスミレ      ハクサンチドリ       イワイチョウ

P1030901_20120712141553.jpg P1030931.jpg P1030910.jpg P1030924.jpg
シラネアオイ        ゴゼンタチバナ      ハクサンフウロ       チングルマ

P1030905.jpg P1030923_20120712142558.jpg P1030899.jpg P1030938.jpg
アカモノ           ヒナザクラ         ウラジロヨウラク      タニウツギ

P1030944.jpg P1030941.jpg P1030940.jpg P1030926.jpg
ハクサンシャクナゲ    マイヅルソウ        ニッコウキスゲ      ミズバショウ


 久方ぶりの 憂いを滲ませたシラネアオイや純白の楚々とした風情のヒナザクラに満足。
山では白という気高い明るさが際立つ。
まだ比較的登頂者の少ない山頂で一服。ガスで遠望は効かないが、時折、目玉焼きのような朧に
かすんだ太陽が覗き視界が拓け、陸続と登頂してくる登山者の多さに吃驚。
そうそうにヒバクラ岳との中間に拡がる山人平へ残雪を降る。

P1030914.jpg P1030913.jpg P1030932.jpg
森吉山 山頂と三角点(1454m)          山人平とヒバクラ岳を眺む


山人平への道

P1030918.jpg P1030925.jpg P1030928.jpg P1030929.jpg

 チングルマの果穂に埋め尽くされた山人平、2週間前は見事なものだったろう。
イワカガミやヒナザクラの静かな花畑を楽しみ、再び山頂へ登り返す。
山頂は既に団体の登山者で溢れんばかり、さすが日曜日。
東北の花の名山のひとつ、森吉山。梅雨のささやかな晴れ間に花を求めて歩く人の多いこと。

 下山後、この日に秋田駒ケ岳を歩いていたブログ友人masamsa氏とyuriさんご夫妻に
秋田駒登山口「アルバこまくさ」でおめにかかることができた。
翌々日私も歩く予定の駒ケ岳について、毎年歩いていらっしゃるご夫妻に見所を伺う。
地元の峰々をこよなく愛していらっしゃる清々しいご夫妻であった。
この日は田沢高原ホテルに泊った。

 この森吉山、クマやクマゲラの生息する自然林が美しい。
機会を得て 再びゆっくり歩いてみたいと想う。

P1030885.jpg 阿仁マタギの里の夕暮れ  (写真はクリックして拡大して下さい)

















関連記事


この記事に対するコメント
おばんです(^^♪
当日はバタバタして、ゆっくりとお話したり、おもてなしも出来ず 大変恐縮してます・・。
次の来秋時には一緒に山入りをしたいですネ。
(日曜登山ですが・・・笑)
乳頭山、秋田駒のレポも楽しみに待ってます・・・。
へば~(^o^)/

ps: リンク貼らせて頂いてよろしいでしょうか・・・?!
【2012/07/12 19:17】 URL | masamsa #VMSHmFFI [ 編集]

昨夜、帰宅しました
 masamsaさん、yuriさん
車のトラブルでお忙しい中、手厚いおもてなしをありがとうございました。
北東北は旅心がくすぐられる私の好きな地域です。
またお目にかかれる折を楽しみにしております。
 拙ブログはコンデジでの記録で、とてもとてもmasamsaさんのように
詩情ある画像は撮れませんが、それでもリンクしていただければ
ありがたく存じます。
またの機会を楽しみに・・・。
【2012/07/12 19:48】 URL | 俄歩人 (がふと) #t3k.yir2 [ 編集]


早速、リンクさせて頂きます・・・、
ありがとうございます・・・(^o^)/
【2012/07/12 20:08】 URL | masamsa #VMSHmFFI [ 編集]


 森吉山、お花がいいと伺っています。
姉が秋田在住時に誘ってくれていたのですが、なかなか行けず、そろそろ・・・
と思った時に、「転勤になったよ」との電話にガッカリしました。
拠点があれば、色々と楽しめたのに・・・・・後の祭りです。

秋田駒は相方と出掛けたのですが、私の中で宿題を残している感じの山が
森吉山です。 その内に行ってみたいです。
ヒナザクラも大好きなお花です。
【2012/07/12 20:26】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]

北東北は花の山の宝庫ですね
 こんばんは キレンゲショウマさん
地元の方の言うところでは 焼石(ハクサンイチゲ)、秋田駒(エゾツツジとコマクサ)、
早池峰(ウスユキソウ)、なかでも森吉山(チングルマとヒナザクラ)が最高だそうです。
 時間的な余裕があれば 麓から美しい樹林を歩きたくなる峰でした。
これからはねぶたや竿灯など北東北は夏祭り一色に染まることでしょう。
コメントをありがとうございました。
【2012/07/12 21:38】 URL | 俄歩人 (がふと) #t3k.yir2 [ 編集]


こんばんは。
さすが花の名山、たくさんの花を
楽しまれたことと思います。
東北は遠くてなかなか行けませんが
いつか東北山巡りもしてみたいですね。
【2012/07/12 23:04】 URL | ブル #- [ 編集]


 こんばんは ブルさん
 スカッと晴れることもなく遠望の効かない梅雨空でしたが
森と湿原、数々の花を楽しむことができました。
ブログを通しての山友のひろがりもまた嬉しいものです。
コメントをありがとうございました。
【2012/07/12 23:22】 URL | 俄歩人 (がふと) #t3k.yir2 [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/07/13 16:32】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/120-a1d02bb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)