俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



北奥千丈岳
 梅雨の晴れ間に金峰山でも・・・と山梨県牧丘と長野県川端下を結ぶ林道(川上牧丘林道)を
山梨県側から大弛峠まで走り上がった。
しかし、早朝の事故渋滞に巻き込まれ遅延。
3年振りになる景観優れた金峰山往復(’09年11月記 金峰山)を諦め、
手近の北奥千丈岳(2601m)まで、奥秩父の稜線漫歩を楽しむことにした。
この道(’10年11月記 奥秩父最高峰)も1年半ぶりである。

P1030849.jpg 周辺地図        (写真はクリックして拡大して下さい)

P1030844.jpg P1030859.jpg P1030874.jpg
大弛峠           北奥千丈岳を望む     山頂

 岩や雪、ハイマツと花々が彩る南北アルプスの高嶺と異なり、
奥秩父の鬱蒼たる森林の峰は シラビソやツガの針葉樹の森と林床の苔、そしてそれ故に
渓の美しさが際立つ山域。
この奥秩父にも北に位置する標高の高い金峰山や北奥千丈岳ではハイマツ帯も見ることができる。

前国師ヶ岳への登山道 点描
P1030854.jpg P1030855.jpg P1030856.jpg P1030858.jpg
金峰山・五丈石を覗きながら歩く            ハクサンシャクナゲ    小川山を眺む

P1030859_20120615201824.jpg 前国師ヶ岳から北奥千丈岳を眺める

 2500m前後の標高があるこの尾根は 色白のハクサンシャクナゲの群落、
関東周辺のあちこちで咲きだした艶やかなアズマシャクナゲより1ヶ月以上開花が遅く
まだ花芽は固い。
前国師ヶ岳山頂から指呼の間の北奥千丈岳を眺め、三繋平から縦走路を離れ、
まだ雪の残る登山道を山頂へ。

P1030864.jpg P1030865.jpg P1030867.jpg
             三繋平           まだ雪が消えない山頂直下

P1030869.jpg P1030874_20120615203138.jpg 北奥千丈岳 山頂

 甲武信岳から両門ノ頭、国師ヶ岳、大弛峠を経て金峰山への縦走路は
奥秩父好きの方々がよく歩かれる尾根道。
が、その縦走路から少し外れたこの北奥千丈岳は 奥秩父最高峰ながらいつも静かで 
岩とハイマツ、そしてシャクナゲに縁取られた山頂は 日本庭園の風情に満ちている。

山頂から今日の展望
P1030877.jpg 指呼の間の国師ヶ岳

P1030870.jpg 小川山方面

P1030871.jpg 朝日岳・金峰山方面

 この山頂からは あまり踏まれていない道、奥千丈岳を経てゴトメキ、黒金山への
石楠花新道が拓かれている。
新道といっても 大弛峠への登路が拓かれる以前は 乾徳山から国師ヶ岳に至るこのルートが
よく踏まれていたようである。
この道は いつかはと想いつつもまだ歩いたことが無い。

                                    P1030875.jpg 石楠花新道の切り明け

 山頂滞留40分、西から迫ってきた雨雲に追われるよう大弛峠へ戻った。
北奥千丈岳、2601mと関東近郊では金峰山や日光白根山よりも標高は高い峰であるが、
際立った特徴もなく縦走路から外れた ただただ静かな頂である。
(’12年6月14日(木)歩く         写真はクリックして拡大して下さい)

P1030880.jpg


























関連記事


この記事に対するコメント
静かな奥秩父
とても雰囲気のある写真、拝見して懐かしくなりました。
北奥千丈には、もう20年御無沙汰ですし、甲武信岳-金峰山の縦走をしたのは、さらに数年遡るかもしれませんね。最近、昨年夏の雲取山、ついこの間の白泰山や雁坂峠など、奥秩父に再び足を向けようかな、と思っているところでしたので、興味深く拝見しました。ありがとうございました。
剣徳山への道、廃道かと思っていましたが、最近のガイドにはコースが載っているようですね。
行ってみたいですね。
また、よろしくお願いします。

【2012/06/16 14:16】 URL | devilman #- [ 編集]

奥秩父の良さが秀でる時です
 こんにちは devilmanさん
この季節が最も美しく落ち着ける奥秩父、わずかな稜線散歩でしたが、
それなりに充足しました。
平日でも大弛峠は金峰山へ向かった方々の車で一杯、
出遅れた私は長野県側のダートに駐車しました。

 この夏の計画をいろいろ練っていらっしゃるようですね。
devilmanさんとは 北アルプス劔沢雪渓でのニアミスから はや2年が
過ぎてしまいましたが、私も7年振りに初秋の槍ヶ岳か或いは薬師岳方面を・・・
と計画しています。
 コメントをありがとうございました。


【2012/06/16 15:48】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


こんにちは。
大弛峠は相変わらずの混雑なんですね。
今年は金峰山を再訪したいと思っています。
そのときに国師ヶ岳と北奥千丈岳にも行こうかなと
思っていました。
静かな山歩きができそうなのでぜひ行ってみたいと
思いました。
【2012/06/16 16:15】 URL | ブル #- [ 編集]

いつも早出・健脚のブルさんなら 余裕でしょう
 こんにちは ブルさん
金峰山の素晴らしいところは 山頂からの景観もさることながら
私は やはり正規ルート、砂払ノ頭から千代ノ吹上げへの
ハイマツと岩稜の美しさだと思っています。
大弛峠から二度目ということであれば、是非とも山頂を越えて
この付近を散策されることをお薦めしたいと想います。
 コメントをありがとうございました。
【2012/06/16 16:57】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

絶景
2601mとは、スゲ~(>_<)
稜線に辿り着くまで・・・まして楽しまれるとは健脚者じゃないと到底無理でしょう。
井の中の蛙の質問ですが、登山口から稜線までの標高差は如何ほどでしょうか?
【2012/06/16 17:46】 URL | 九ちゃん #- [ 編集]

Re.絶景
 こんばんは 九ちゃんさん
 そうですね、九州では最高峰 九重連山の中岳でも1791mで
2000m以下ですから、2600mというと結構な高峰です。
ですが 山梨県と長野県を結ぶここ大弛峠(おおだるみとうげ)は車が通過できる
日本最高度の峠で 標高は2360mもあります。
今日の北奥千丈岳までは 標高差わずか300mしかありません。
したがって百名山の金峰山(2595m)へも 高齢者の方でも楽しめるルートに
なっており、人気の登山口のひとつです。
まさに九ちゃんさんの裏庭を歩く感じです。

 因みに、マイカーで行ける高度は富士山五合目駐車場に次いで高く、
北アルプスではシャトルバスで2700mまで登れる乗鞍岳畳平のようなところも
あります。まあ、九州でいえば阿蘇の中岳火口とか九重の牧の戸峠のような
感じです。
 コメントをありがとうございました。
機会をみて 遊びに来て下さい。
【2012/06/16 19:23】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/07/05 20:32】 | # [ 編集]

Re: おばんです(^^♪

ご連絡ありがとうございます。
貴ブログの方へ返信させていただきました。俄歩人
【2012/07/05 21:22】 URL | 俄歩人 (がふと) #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/07/06 18:56】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/119-9fed5115
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)