俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



妙義山
 前日の笠丸山山頂で遭遇した春雷と雹の洗礼を塩ノ沢温泉の湯で洗い流した今日は
奇岩怪石が林立する山岳信仰の峰、西上州を代表する妙義山へ向かった。

 もとより我々パーティには歯が立たない金洞山や白雲山の山頂縦走ルートではなく
中之岳神社・石門めぐりと妙義神社への中間道を歩く予定。

P1030760.jpg 屏風岩の上部に金洞山、その右端に「鷹戻し」の懸崖 
(写真はクリックして拡大して下さい)

P1030803.jpg P1030789.jpg            P1030767.jpg
金洞山と手前に石門群の岩峰    妙義神社上部・白雲山             登山道図

「山行クロニクル No.80」 妙義山 (石門めぐりと中間道)
’12.5.7(月) 上野村・塩ノ沢温泉(前泊)=妙義山 中之岳駐車場~石門入口
           ~第一・第二・第四石門~大砲岩分岐~本読みの僧~第二見晴~大黒の滝
           ~第一見晴~妙義神社=中之岳駐車場=上信越道・関越道=浦和

 昨日の笠丸山に続き、友人Yu氏夫妻との三人パーティ。
妙義神社から金鶏山を迂回する紅葉ラインに入り まだ八重ざくらの咲き残る「さくらの里」近くの
中之岳駐車場に車を止める。

 稜線を創る岩峰群を仰ぎ深呼吸、五月晴れ、薫風も爽やか。
手前中腹の奇岩 新緑に彩られた石門群も興味深い。
いそいそと身支度を整え 石門入口まで自動車道を少し戻り、賑やかに登山道へ分け入る。

P1030768.jpg 石門群案内図

 すぐにクサリ場、まずは「かにのこてしらべ」、若葉に縁取られた第一石門をくぐり「かにの横ばい」、
さらに「たてばり」を攀じり 登降差の大きい第二石門を通過。
第三石門へのへつりは横目で眺めるにとどめ、窓に大砲岩を覗く第四石門前の広場で小休止。

P1030769.jpg P1030770.jpg DSC04805.jpg
第一石門          かにの横ばい    たてばり(第二石門上部)photo by Yu氏夫人

P1030772.jpg 第二石門降りのクサリ場を楽しむYu氏夫妻

P1030775.jpg 「片手さがり」の岩場 クサリの扱いも板についてきたYu氏夫妻

P1030777.jpg P1030778.jpg
第三石門へのへつり   第四石門前広場(奥に大砲岩を覗く)

 奇岩・大砲岩へは寄り道せず、この先は会話も弾む中間道を山野草や木々の芽吹きを
愛でながら坦々と歩く。
垂直の岩壁「鷹戻し」の頭を仰ぎ、オーバーハングした岩庇の下を潜り、
木段や鉄梯子の階段を辿ることしばし。
「大人場」への下山分岐にある東屋で昼食、大休止。
 長くて急なクサリの扱いに慣れたYu氏夫人も 紅潮した面持ちで この変化のある山道の
感想を語る。

P1030784.jpg P1030787.jpg P1030788.jpg P1030791.jpg
中間道 点描

 ここまで我々の往く手 妙義神社から歩いてくる何組かのパーティとすれ違うが
最後に石門くぐりの難所を越えるより、最初にこなした方がやはりYu氏夫人にとっては
よかったと思う。
 スミレ、ヒトリシズカ、チゴユリ、ホウチャクソウ、ハナイカダ、シャガなどを楽しみ
「本読みの僧」の石仏に手を合わせ、白雲山へ直登するタルワキ沢出合を過ぎると
「第二見晴」に立つ。

P1030783.jpg P1030799.jpg タルワキ沢出合付近の彩り(ヘビイチゴとヤマツツジ)

P1030792.jpg P1030793.jpg P1030789_20120511135402.jpg 第二見晴からの眺望

 その色調 濃淡、さまざまな緑に充足、採りたての山菜を味わうかのように大気を貪る。
さらに大黒の滝、第一見晴、「大」の字への分岐を経て妙義神社登山口へ。
度々の休憩を含めて約4時間強の変化に富んだ山歩きであった。
錦秋の頃、今度は「裏妙義」を・・・と誘われた山域である。

P1030797.jpg P1030800.jpg
大黒の滝      「大」の字への道           (写真はクリックして拡大してください)












                        






関連記事


この記事に対するコメント

 拍手とメッセージをありがとうございました。
相変わらず山を歩くことで日々を打っ遣っています。
かってよく歩いたみちのくの峰と海岸、サケマス船の不慮の事故で
女、子供、老人しかいない集落に涙したものでしたが、
さらに厳しい風情に足を踏み出せないでいます。
【2012/05/11 20:38】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


こんばんは。
妙義山は中間道だけでも
十分に楽しめるんですね。
西上州はまだ行ったことが
ないので、今年は足を運ぼう
と思っています。
【2012/05/11 20:57】 URL | ブル #- [ 編集]

ブルさん おすすめです
 いつもコメントをありがとうございます。
中間道は「関東ふれあいの道」で いわゆるハイカーのルートですが
それに「石門めぐり」、「大砲岩」、「大の字」への登降などを加えることによって
かなりの変化が楽しめます。
植生からして紅葉の季節がお薦めでしょう。

 私達のパーティでは 懸崖に長いクサリの連続の山頂ルートの走破は
困難でしたが、腕力のあるブルさんなら可能かも・・・。
頂上ルートは単独行を避け、ザイルワークやクライミングに長けた方と
パーティを組まれた方がよいでしょう。

【2012/05/11 22:18】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


妙義山は、車であれば自宅から手軽にアクセスできるところにあるのですが、
なんとなく、複雑で、地図を見ていてもルートのイメージがつかめず、
とにかく岩と鎖の山だろうな、と思って、手をこまねいていましたが、
こうして拝見すると、新緑や紅葉を愛でながら、緊張感もあり、歩きも楽しめそうだな、と
触発されつつあります。
近々行ってみるかもしれません。
ご紹介、ありがとうございました。
【2012/05/12 09:59】 URL | devilman #- [ 編集]

バリエーションも楽しめます
 こんにちは devilmanさん
いままさに全山緑に覆われたなかで適当に岩場も楽しめます。
幾つかの上級ルートを組み込むことや「裏妙義」との組み合わせなど
退屈しない岩峰だと思います。
コメントをありがとうございました。
【2012/05/12 10:40】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

花の西上州
 今晩は

 アカヤシオ咲く良い時期に西上州にこられました
 山村振興に熱心な上野村、幾つかの温泉宿がありますが
 塩ノ沢温泉やまびこ荘は、日航機事故で有名になった
 黒澤丈夫村長が皆の反対を押し切って作った
 全国で初めての公営の国民宿舎です

 奇岩怪石の山妙義も新緑が似合ってますね
 
【2012/05/12 20:06】 URL | noyama #B7q/.fmY [ 編集]

奇岩の西上州
 こんばんは noyamaさん
 確かに近接の南牧村と比べると 上野村は活気を感じましたし
源泉名を付けられるほどの天然成分が含まれないやまびこ荘の湯でしたが、
それでも清潔に管理されていて好感がもてました。

 名残りのアカヤシオと新緑の石門くぐりを賑やかに楽しむことが
できた二日間でした。
コメントをありがとうございました。
【2012/05/12 21:51】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


ご無沙汰しておりました。パソコンを使えない状態が続いていましたが、やっとプログを再開できる環境になりました。また覗きにまいります!それにしても、まさに山岳信仰の山といった感じですね。惚れ惚れする山容です。広島から兵庫に引っ越してきましたが兵庫にもよく似た山があります。雪彦山という岩峰で行ってみたいとウズウズしています。
【2012/05/12 23:45】 URL | Mr.ラスカル・J #- [ 編集]

地元兵庫へお帰りなさい
 こんばんは ラスカル・Jさん
 しばらく更新されていなかったので転勤後お忙しい日々と拝察しておりました。
姫路の夢前川上流にある雪彦山は 氷ノ山遠征の帰途 登山口まで立ち寄ったことが
あります。
福岡の英彦山、越後の弥彦山とならんで三彦山と称される修験者の聖なる山ですよね。
またご家族お揃いでの六甲めぐりなど楽しみに待っております。
 コメントをありがとうございました。
【2012/05/13 00:12】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

登山
こんにちは

ブログを見ながら妙義山登山の色々なこと思い出しています。お天気にも恵まれ
本当に気持ちの良い山歩きでした。 鎖の岩場もはじめての体験でしたが俄歩さん
のおっしゃる通り疲れる前だったのでスムースに登ったり、降りたりできました。
今度は秋田駒ガ岳登山を楽しみに足を鍛えようと思います。
【2012/05/15 14:09】 URL | ミッキー #- [ 編集]

ミッキーさん コメントをありがとうございました
 足の疲れはもう大丈夫ですか?
岩から身体を離してクサリを扱えるようになればもう大丈夫です。
雨に洗われた後の新緑の彩り、そして道々のひそやかな山野草に
癒されたひとときでしたね。

 東北遠征のあとは ここ4年ほど足を向けていない穂高方面か
槍から西鎌尾根を経て笠ヶ岳を歩こうかと考えています。
【2012/05/15 17:18】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

お久しぶりです
俄歩人さん、あいかわらずの山歩き、お元気そうですね。

わ~~地元の山にきてくれたのね。
妙義山は特異な山ですよね。
同じコースを歩いたこと、思い出します。

でも、写真を見せていただきながらこんなに危険なところを歩いたのかしらって・・・
驚きました。
第2見晴らしからの四股山~鹿岳の新緑がキレイですね。

4月26日に天狗岩に行ってきましたが、アカヤシオはまだ早かったようで、お花に会えませんでした。
帰路、塩ノ沢温泉で入浴して帰りましたよ~~。

笠丸山。アカヤシオ、ヒカゲツツジがきれいでしたね。

楽しみに時々お伺いしています。
ありがとう♪
【2012/05/18 18:25】 URL | popo #- [ 編集]

popoさん ありがとうございます
 時は容赦なく流れていきますが、いまだポツポツと歩いています。
この5月、立岩以来 久しぶりに西上州を訪れ、友人を案内しました。
伸び盛りの新緑を満喫、紅葉の頃には裏妙義を・・・と誘われました。

 例年訪れておられた北への旅は続いていらっしゃいますか?
「新日本紀行 再び」が終了、あの方の声も聞けなくなりましたね。

【2012/05/18 19:37】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


 こんばんは!
以前頂いた鋸岳のコメントで妙義山の存在を知り、とても気になっている山です。
まだ行く予定は無いのに何故か「山と高原地図 西上州」を購入し、眺めていました。
いつかあまり無理のないコースを歩きたいな、と思っています。
また素敵な山の紹介をお願いしますね。
【2012/06/03 01:01】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]

こんばんは キレンゲショウマさん
 そうですね。岩峰が本来お好きだとか・・・。
北や南のアルプスほどのスケールはありませんが、この西上州は
ミニ岩稜の宝庫です。
妙義山中間道は箱庭的風情、錦秋の頃がお薦めでしょう。

 学生時代、ハードな山歩きをされておられた方ゆえ
相方さんと麓の温泉を楽しみながら、再び 穂高や劔、五色ヶ原から
薬師岳など、・・・よわいを経てからなぞる青春の譜もまた
何ものにも代えがたいもののような気がします。
 コメントをありがとうございました。


【2012/06/03 20:34】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/117-55039bc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)