俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



比企三山
P1030409.jpg P1030410.jpg P1030405.jpg
笠山             堂平山            大霧山          (写真はクリックして拡大して下さい)

 私達世代の東京育ちには その響きが好もしい武蔵野台地、その西部に広がる奥多摩と
北に繋がる武蔵丘陵は、児童の頃、嬉々として大人たちに連れられて歩いた記憶が残る地域である。
いまにして想えば、往時は高麗や比企・騎西などその地名とともに帰化人の里としての風情を
残していたものである。

 この武蔵丘陵に比企三山がある。
笠山(837m)、堂平山(876m)、大霧山(766m)の三山、
毎年4月に行われる私鉄主催の外秩父七峰ハイキング(全行程 42.195キロ)に
含まれている。

 あまり意識したことは無いが三山というと、出羽三山、越後三山、白馬三山、立山三山、
白峰三山、荒川三山、鳳凰三山、伊予三山などが著名で、
関東地方には この比企三山の他、奥多摩三山、高水三山、上毛三山、日光三山などがあり、
その他全国的には枚挙にいとまがない。
今日は夕方までの空き時間利用での下見ゆえ、この地の峠から峠へと車を走らせた。

 比企三山を形作るこの小丘陵は、すぐ傍らを県道や林道が走り、
登山道はこの車道で細切れになっており いささか興を削がれる。
白石峠から堂平山へ。

P1030390.jpg 白石峠

P1030400.jpg P1030402.jpg 稜線のマユミとリョウブ

一等三角点の堂平山山頂からの眺望
P1030391.jpg 堂平山 山頂

P1030398.jpg P1030396.jpg P1030393.jpg P1030394.jpg
甲武信岳方面       両神山            浅間山           白銀の谷川連嶺

 堂平山から定峯峠へ降り 再び小集落の里を走り上がり、
秩父から江戸へ抜けた昔峠のひとつとして知られた粥仁田峠から大霧山を望いた。

P1030412.jpg 定峯峠

P1030413.jpg P1030417.jpg 粥仁田峠 残柿と大霧山

 この界隈、ユズやアオキ、アセビのような常緑樹とリョウブやツツジ、コナラなどの落葉樹の
混交林の良さが感じられる。
まだ雪の来ない稜線では 空には木々が落葉してヤドリギが目立ち、地にはマンリョウなどの
実が鮮やか、ドライフラワーも造形の美を見せてくれる。

 帰途、和紙で知られた小川町へ出て、和紙工房に立ち寄り
孫娘Meiへのみやげを整え何となくホッとする(今晩は我が家へ泊りに来る日)。
さらに梅林の里、越生へ走るが、まだ花芽は小さく 旧臘訪れた水仙とあわせて 
日本画でいう「双清」を愛でることはできなかった。

P1030421.jpg P1030422.jpg P1030424.jpg
                原料のコウゾとトロロアオイ



P1030428.jpg 私のホームコース・越生の日本カントリークラブのアウト1番ティから
真正面に笠山が見える。
地元のキャディさん達は「おっぱい山」と呼んでいた。
 やはり山はその高さ以上に 里から離れた奥深さが趣を濃くするのかも・・・、
と納得した下見行だった。(’12.1.13)
                                  (写真はクリックして拡大して下さい)




















関連記事


この記事に対するコメント

おいでになったのですね。
大変よい天気で、爽快な御気分だったのではないでしょうか。
比企三山といっても、知る人ぞ知るで、逆に言うと知らない人は知りません。
こちらに越して10年以上たって、初めて身近な山に登ることを始めました。
笠山の特徴的な山容には、心惹かれてはいたのですが・・

おっしゃるとおり、私も若いころにオートバイで奥武蔵グリーンラインを走り、まるで縦走コースに舗装道路がとおっているのに驚き、ハイキングコースであることに、嘆かわしく思ったものです。

七峰縦走、二年かけて完歩、というのもアリですから、今年はチャレンジなさったらいかがでしょうか。新緑と春の花で、とても楽しめる山歩きです。
【2012/01/14 15:07】 URL | devilman #- [ 編集]

devilmanさんの庭にお邪魔しました
 晴天の比企丘陵、まさに長閑な雰囲気でした。
堂平山に一等三角点があるとは思いもよりませんでしたし、
場所を選べば車の騒音もなく たおやかな稜線歩きが楽しめそうです。
 山域の風情としては 奥多摩より秩父という感じがしました。
そうそうのコメントをありがとうございました。
【2012/01/14 15:41】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

こんばんは
車の下見でも気持ち良かったのではないですか?下見ということは懐かしい思い出を胸に比企三山とよばれる山々を歩かれるのですね。わたしは兵庫県の出身で、小学校の校歌に出てくる六甲山を歩きたいなぁと最近よく考えています。私の生まれ育った街から見える山を娘と一緒に歩きたい。そんな思いです。俄歩人さんの比企三山の山行を楽しみにしています。
【2012/01/15 23:34】 URL | ラスカルJ #MmLr1izg [ 編集]

ラスカル・Jさん こんにちは
 この先、春の妖精たちが咲き始める頃に孫娘を連れて歩く丘陵を
探しておりました。
コメントをありがとうございました。
新春早々の雪山に続く ご家族の楽しげな三本木山行、拝見しました。
娘さんの笑顔がいつも印象に残ります。

 私も転勤で京都洛西在住の機会があり、六甲は残念ながら未踏でしたが
滋賀・比良山系を妻や息子達とよく歩いたものです。
【2012/01/16 10:04】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


こんばんは。
比企三山は私も気になっている山です。
大霧山には登っているので、堂平山と
笠山に近いうちに行きたいなと思い、
地図を眺めています。
お孫さんへのお土産もいろいろ迷われたのでは?
ほっとするという言葉に優しさを感じました。
【2012/01/16 22:28】 URL | ブル #- [ 編集]

こんにちは ブルさん
 孫娘のための下見でしたので 山頂は堂平山のみ、その他は
山頂直下の峠まででしたが、ブルさんの歩かれた大霧山の雰囲気が
最も良かったように思いました。
歩けばどのような峰でもそれなりの良さがあるものですが、
この界隈、舗装道路が傍らを走る登山道は ちょっと興が削がれました。

 残柿の朱とユズの黄が点在する山里に映えておりました。
コメントをありがとうございました。
(孫娘のみやげは 自分で作る小川和紙のしおり人形セットを
選びました)
【2012/01/17 14:06】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


俄歩人さんの山登りをいつも楽しく拝見しています。
孫娘さんを連れての山登りなどほほえましくて、
私もこんな素敵な人生を過ごしたいな~と思っています。

ところでずいぶん前からお願いしようと思っていたのですが、
俄歩人のブログをリンクさせていただいてもよろしいでしょうか。
【2012/01/21 16:13】 URL | ume #- [ 編集]

umeさん こんばんは
 孫娘Meiと同じように1号路であちこちひっかかって楽しんでいらっしゃった
恒例新年会登山、相変わらず軽妙洒脱のレポに笑みが浮かびました。
 ご丁寧にも嬉しいお申し出、こちらこそどうぞよろしくお願い致します。
拙ブログは基本的にリンクフリーです。

 東京にも小雪がちらつきはじめ、心は早く雪山へと急いている昨今です。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
【2012/01/21 18:03】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

寒波襲来
 今晩は
 比企三山、日溜まり山行に良い山のようですね。
 毛細血管が詰まってきたのか、寒い雪山では手足が氷のように冷たく痺れる様になってしまいました。
 今頃は、奥多摩か奥武蔵の山々が良い様です。
【2012/01/28 21:37】 URL | noyama #B7q/.fmY [ 編集]

こんにちは noyamaさん
 おっしゃるとおり寒さにはめっきり弱くなりました。
比較的暖かいさいたま市浦和周辺でも 2度ほど 5cm程度積雪し、
雪景色を少し楽しめました。
 あまり体調の良くない双方の老母の介護に追われ
只今、長駆の山行は自粛、皆さんの雪山詣でを楽しませていただいています。
 比企三山は 孫の春休みにでも一緒に歩こうと考えています。
【2012/01/29 11:07】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


 下見山行、Meiちゃんとの花散策を思い描きながらのお出掛けは
いつもの山とはまた違った感覚で楽しまれたのでしょうね?
お花の中を目を輝かせ楽しそうに歩かれるMeiちゃんの姿が想像されます。

 我々の世代の親は介護を必要とする年代になっていますね。
あまりご無理のありませんように・・・・・
【2012/02/01 02:02】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]

キレンゲショウマさん こんにちは
 白く輝く稜線どころか樹氷もシモバシラの造形も訪れることが
できない1月でした。
酒精片手に皆さんの雪山行をあれこれ楽しませていただいています。
 お気遣いいただきありがとうございました。
しばらくは山行ブログならぬ孫日記となってしまいそうです。
【2012/02/01 09:41】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/108-e62aa5f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)