俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



をくずれ水仙郷
P1030387.jpg                   (写真はクリックして拡大して下さい)

 今年もまた孫娘Meiのリクエストで千葉・房州の水仙の郷へ。
訪れた東京湾岸の日溜まりの水仙の郷、少し人工的な雰囲気が強く、斜面一杯に咲き誇るも
ナルシストの姿とはほど遠く、私の期待とは異なった。
それでも満足げなMei。

P1030375.jpg 日溜まりの「をくずれ水仙郷」

 孫娘の明るい声を聞きながらも、あの福井・越前海岸の寒風に凛として立つ、
日本水仙が偲ばれてならなかった。

P1030366.jpg P1030381.jpg P1030384_20111229193407.jpg 鴨と遊ぶ


 野草も花も そして樹木も人手にかかると美しさは際立つものの
どこか凛とした気高さに欠けてしまうような気がしてならない。

P1030368.jpg P1030378.jpg P1030377.jpg P1030367_20111229215936.jpg

 やはり寒風吹きすさぶ荒海の懸崖や山里の廃屋の傍らに人知れず咲き立つ姿が
この花に相応しいと想う。
我が家の正月の花は いつもこの日本水仙である。
(’11.12.29)





関連記事


この記事に対するコメント
おだやか。
いまだ大掃除に明け暮れてて、ちっともブログを見ていませんでした。
でも、いいですねぇ。心が和みます。
冬の華、関東の冬ばれの陽だまりの雰囲気が、とても暖かいです。
年末に、こういう余裕を持ちたいと思いつつ、自ら大掃除に熱を上げてしまうばかりです。

それはそうと、今年はいろいろとありがとうございました。
来年も、ぜひよろしくお願いいたします。
どこかでお会いできたら、もっといいですね。
【2011/12/31 12:22】 URL | devilman #- [ 編集]

devilmanさん 来年もよろしくお願い致します
 この年末もMeiのリクエストで南房総の水仙の郷を散策してきました。

 仕事も遊びもそして家事も 何でも現役時代は精一杯頑張ってください、
それが楽しいんです・・・、無職になると何となく張り合いが無くなってしまうものです。

 私の方こそ折々のメッセージをいただき一年間ありがとうございました。
ご家族皆様お揃いでよき年をお迎えくださいますよう祈り上げます。(俄歩人)
【2011/12/31 13:51】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


房総の管理された水仙はきれいだけれどやはり越前海岸の水仙の方がいいですね。阿蘇の深山霧島は綺麗で、観光客がたくさん行きますけど、九重の強風に這いつくばって咲く、小さな深山霧島がすきです。来年も楽しい記事をまっています。
【2011/12/31 21:30】 URL | ふくちゃん #- [ 編集]

おっしゃるとおりですね、ふくちゃんさん
 越し方を振り返る年の瀬、寒さ厳しき東北や北陸の風情が思い浮かぶ季節
でもあります。
今年も折々のコメントをいただきありがとうございました。

 厳しい環境の中、凛々しく気高く寒風に立ち向かう冬の花ほど
清々しい感がします。
手垢のつかないものを求める日本的心情なのでしょうね。
 よき年をお迎えくださいますよう祈り上げます。
【2011/12/31 22:29】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


あけましておめでとうございます。

房総にいらしたんですね。私も嵯峨山あたりに
行ってみようかなと思っています。
水仙はちょっと期待はずれだったかもしれませんが
お孫さんの笑顔があれば楽しいのだろうと推察します。

毎回温かいコメントをいただきありがたく思っています。
本年もよろしくお願いいたします。
【2012/01/01 14:47】 URL | ブル #- [ 編集]

ブルさん 新年おめでとうございます
 パワフルな行動の中にも繊細な心情がくみ取れる山行、
いつかBull's styleが・・・。
今年もまた一歩飛躍のレポが楽しめそうで期待しております。

 この1月は いつもの独り歩きの雪中彷徨か或いは
孫娘のスキー遊びに合わせた雪見行か、悩んでいるところです。
今年もどうぞよろしくお願い致します。


【2012/01/01 20:54】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

あけましておめでとうございます…
俄歩人さんには穏やかなお正月をお迎えになったことと思いますが、
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年は穏やかな元旦なのかなぁ~と思っていたら、予想外の地震が
あって少し驚きましたが、何とか平穏な年であったらと思っています。

どこかのお山でお会いすることがありましたら、その時にはよろしく
お願いいたします…。



【2012/01/02 18:31】 URL | ひまじん #LnDFHLa2 [ 編集]

今年もよろしくお願いします。
またお花摘みにつれていっていただきありがとうございます。
いま水仙の香りが部屋いっぱいに漂っています。
蕾が全部開き、満開です。
ことしもまた年末にツアーよろしくお願いします(⌒▽⌒)
Meiママより
【2012/01/02 20:19】 URL | ともぞう #- [ 編集]

年賀
明けましておめでとうございます!
今年も素晴らしい山紀行を楽しませて頂きますので宜しくお願いします。
【2012/01/02 21:24】 URL | 九ちゃん #- [ 編集]

ひまじんさん 新年おめでとうございます
 地震にはいささか吃驚しましたが、それ以外はここ浦和では
穏やかな新春を迎えました。
生憎の曇天で我が家からは冠雪の富士は望めませんでしたが
群馬の初春は如何でしたでしょうか・・・。

 今年も健脚の貴レポを楽しみにさせていただきます。
私も初心に帰って 山中に居る幸せを味わえるような山旅をしたいと
反省している昨今です。
 コメントをありがとうございました。
【2012/01/02 23:08】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

Meiは水仙が好きなようです
 嬉々として花の斜面を走り回っていました。
居合わせたアマチュアカメラマンの小父さんからモデルを頼まれ
恥じらいながらも注文に応じる姿は可愛かったですよ。

 このまま花を愛し そして自然が好きな子であってほしいと願っています。
花園に響き渡る子供の声ってやはり好いものです。
ともぞうさん、コメントをありがとう。
【2012/01/02 23:16】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

九ちゃんさん 新年おめでとうございます
 こちらこそ昨年も日々楽しませていただきありがとうございました。
故旧を懐かしむだけでなく新しい想い出作りの山旅をしたいと想いつつも・・・、
忸怩たる想いに捉われることが多くなりました。
今一度自分の独り歩きを振り返る年にしたいと想っております。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
【2012/01/02 23:25】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

謹賀新年
 明けまして おめでとうございます
 昨年は公私に亘り様々なことがあり、体調不良の時期もありましたが
 俄歩人様のコメントに気を取り直すこともしばしばありました
 そして、何か将来のあるべき姿を感じることが出来ました
 今年も宜しくお願いします
【2012/01/03 20:36】 URL | noyama #B7q/.fmY [ 編集]

あけましておめでとうございます noyamaさん
 昨年からまた再びご家族が増えるステージを迎えられたようですね。
体調にご留意され、山歩きを楽しまれますよう願っております。
 大晦日から明けて三が日の間、相手変われど主変わらずの酒精漬け、
自省すれどもここでも実行力が伴わなくなってきております。
こちらこそ今年もどうぞよろしくお願い致します。
【2012/01/04 00:08】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

明けましておめでとうございます
俄歩人さん、こんにちはv-290
水仙って派手さはないけどいい香りですね。
私も人工的な場所で育つ花々より
ふっと見つける野花の方が生命力溢れる美しさを感じます。
昨年は観光地よりも、自然の中の素晴らしさを山歩きを通して実感した一年でした。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
【2012/01/05 10:21】 URL | つる姫 #- [ 編集]

つる姫さん 新年おめでとうございます
 冬休みに入った孫娘の頼みで昨年末も 明るい房総の山里に
水仙を尋ねました。
素朴ながら自信に満ちた凛々しい立ち姿が美しい花ですね。

滅多に訪なうことができない九州の峰々のレポ、楽しみにしております。
こちらこそ今年もどうぞよろしくお願い致します。
【2012/01/05 11:49】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/107-e36f6fce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)