俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



雨飾山
P1030168.jpg           (写真はクリックして拡大して下さい)

 頚城山塊の西のはずれ新潟県と長野県の県境、火打山や妙高山などは歩いたことがあるが、
この山塊ではまだ未踏の 花の金山と紅葉の雨飾山がある。
小谷・妙高林道の金山登山口から乙見山峠を越えて妙高高原・笹が峰牧場へは
私の想い出に残る峠道である。

 金山(2245m)はやはり花の季節 初夏に歩く山、この季節はブナやダケカンバの
黄葉を求めて雨飾山(1963m)を訪れた。

「山行クロニクル No.72」 雨飾山     単独
’11.10.18(火) 浦和=中央道・長野道豊科IC=小谷村雨飾高原キャンプ場(車中泊)
    10.19(水) キャンプ場登山口~湿原~ブナ平~荒菅沢~笹平~山頂
             ~荒菅沢~登山口=糸魚川=名立(泊)

 糸魚川街道を小谷(おたり)温泉口で乙見山峠を越え笹が峰牧場を経て北国街道へ抜ける
小谷・妙高林道に入り、懐かしの小谷温泉を通過する。
この小谷温泉「山田旅館」、古く明治の時代、ドイツで開催された温泉博覧会に日本を代表する
温泉として4湯「別府・登別・草津・小谷」が選ばれ出品された由緒正しき湯、
この湯に惹かれ北アルプス行(山行クロニクルNo.12「室堂~五色ヶ原~薬師岳~折立 縦走」)
の帰りに泊ったことがある。

 今日は素通りし さらに山中の雨飾高原キャンプ場の駐車場まで入山した。
時刻はまだ3時半、登山中の車3台と今夜ここに泊る車も既に2台。
明日は晴天との新潟地方の予測故、明朝までには2ヶ所併せて50台ほど駐車できるスペースも
埋まってしまうものと思われる。

P1030102.jpg P1030103.jpg P1030108.jpg 駐車場周辺の秋模様

 キャンプ場や登山口付近を散策、とりどりの秋の色がはじける風情は さらに北へ北へと
旅情を誘う。
登山道とは異なる杣道で小さな腰篭に採取したきのこをいれた仙人と見まごう地元の年輩の方に
出遭った。長い間の山深い里の生活が育んだ風貌、いい顔をしていらっしゃる。
白く長い睫毛と小皺に囲まれた瞳には カントの哲学書でも読み終わった後のような物憂げな
けだるさをも宿している。
少し立ち話。
紅葉盛りの先週末の土日は400人を超える入山者があったそうな。
山頂直下の笹平から頂上への登山道は人で溢れ、山頂を踏めなかった人もあったという話。

 駐車場には清潔なトイレ付きの休憩舎があり、そこで夕食を自炊。
満天の星の下で早めの就寝。

P1030106.jpg 登山道図

 早朝5時、既に駐車場は満車状態。
やはり平日とて若い方々は少ないようだ。ヘッドランプの明かりで三々五々登山口へ向かっている。
軽い朝食を摂り、明るくなった6時30分 登山道へ分け入った。

P1030109.jpg P1030111.jpg 小川ながら岩魚も泳ぐ湿地帯

 大海川河畔の湿地帯を抜け ブナ林に入り高度を稼ぐ。
春夏秋冬いつの季節もブナの森は山を歩く者に落ち着きと感動を与えてくれる。
黄色と褐色のパッチワークのような早朝のブナ林は静かだった。

 眼下に荒菅沢を覗きこみ、眼前に布団菱といわれる岩肌を眺め、その上部に笹平への
ガレ場と雨飾山山頂を仰ぐ高みで小休止。
パステルカラーの中に朝の陽を浴びて輝くダケカンバの白木がとりわけ美しく
深まりゆく秋を感じさせてくれる。

P1030117.jpg P1030118.jpg 荒菅沢を覗きこむ

P1030114.jpg 笹平へのガレ場と雨飾山を仰ぐ

 いったん 荒菅沢まで一気に降ろされ、山登りの不条理を味わう。
ここからが笹平までの急登。

P1030119.jpg 沢から長方形の布団菱を見上げる

 鈍足ゆえ 何組もの健脚の方々をやり過ごし、急登のハシゴとガレ場をこなして笹平で一服。
指呼の間の山頂を眺める。

P1030124.jpg P1030127.jpg 笹平への急登

P1030132.jpg P1030130.jpg 笹平と笹平から眺めた山頂部

 小さな双耳のある雨飾山山頂、10時40分着。標準CTより遅れること1時間以上。
南峰に三角点と山頂標識があり、北峰には石仏と祠が鎮座している。
360度の展望。
北は 姫川河口と日本海、東に 荒々しい焼山と女性的な火打山、妙高山は金山に隠れて見えず、
南に 高妻山、南東遥かに南アルプス白峰三山が逆光に霞んでいる。
西は 北アルプスの連山、白馬岳が近く槍ヶ岳は遠い。

P1030139.jpg P1030153.jpg 南峰

P1030140.jpg P1030154.jpg 北峰

P1030144.jpg P1030146.jpg P1030147.jpg
姫川河口と日本海    焼山と火打山        尾根伝いに金山

P1030158.jpg P1030143.jpg P1030151.jpg
逆光の高妻山       北アルプスの連山

P1030148.jpg 緑の笹平を見下ろす

 この山頂の広さでは 週末は登山者で溢れ、頂上を踏めなかった方もいたという昨日の話を
十分納得した。南峰も北峰もそれぞれ30人程度で一杯になってしまう。

 パンとコーヒーでくつろぐ。
秋のやわらかな陽光、微風、眼下の秋色と笹平の緑、青空と日本海を分ける白い雲。
久方ぶりに絶巓に立ち、心の安らぎを噛みしめる。

 12時過ぎ 往路を再び降る。

P1030159.jpg P1030160.jpg P1030164.jpg 笹平からの降り

P1030168_20111021162425.jpg 山頂を振り返る

P1030171.jpg P1030172.jpg ブナ林で憩う

 登頂時より人の少なくなった下山道、木々や苔石も身近に感じられ 漂泊の秋の雰囲気に浸る。
平日でも50台以上、100人を超える登山者で賑わった紅葉の雨飾山。
まさに秋色深い一日であった。

 妙高高原側 笹が峰への林道状況を小谷村役場へ問い合わせたところ、まだ不通とのこと。
乙見山峠越えを諦め、この日は日本海の幸を求めてさらに北へ向かった。
                                 (写真はクリックして拡大して下さい)



































 

関連記事


この記事に対するコメント

こんばんは。
好天で展望も素晴らしいですね。
日本海まで見渡せるのもすてきです。

平日でもすごい混み方のようで
人気の百名山という感じですかね。

日本海方面には行ったことがないので
行ってみたくなりました。
【2011/10/22 00:24】 URL | ブル #- [ 編集]

こんにちは ブルさん
 今年はナナカマドの真紅がはやばやと枯れ落ち、ツツジや
カエデ類の少ない峰の錦秋はいまひとつの感がありました。
久しぶりに山頂に憩い、眺望を楽しむことができました。
早々のコメントをありがとうございました。

【2011/10/22 08:33】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

KYさん お久しぶりです
 拍手とメッセージをありがとうございました。
いまは BMW・Z4ではなく、ニッサン・ムラーノに乗っていますので
後部座席を倒すと縦2mX横1.6mのフラットな寝台が作れます。
車中泊でも結構快適ですよ。
 KYさんは 相変わらず上州方面を楽しまれているのですか?
【2011/10/23 08:46】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


ヤッホーって出そうです。
素晴らしい眺めの数々♪
到底登れない山を楽しませて頂き有り難うございました。

お天気に恵まれさぞかし紅葉を満喫されたことでしょう。
【2011/10/23 10:41】 URL | 九ちゃん #- [ 編集]

こんにちは 九ちゃんさん
 晴天・微風のもと 秋の山を楽しんできました。
が、九ちゃんさんの九重連山と同様、この秋はいまひとつの
錦でした。
ナナカマドははや落葉、カエデやツツジ類の赤も少なく
陽に映えるダケカンバの白木とブナの黄葉に癒されました。
 コメントをありがとうございました。
【2011/10/23 11:29】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


いいお写真を拝見でき、大変ありがとうございます。
妙高・黒姫、火打、雨飾り山などなどは、遠望することは以前よりしばしばありましたが、
実際に接近しようとしたことはありません。
ずいぶん前ですが、「山と渓谷」に雨飾り山に行くといつも雨が降る、との記事があり、
こんな天気の良いお写真には感激です。
それに、当たり前ですが、北アルプスの峰々、こんなに近くに見えるんですね。
向こうから見えるんだから、当たり前ですけどね。
それにしても、そんなに人気の山ですか・・
近年のブームでは、人気のない山なんて、ほんとうに望めそうにないですね。
【2011/10/23 23:17】 URL | devilman #- [ 編集]

好天紅葉
 今晩は
 19日の信州は天候に恵まれ、紅葉も盛りだった様ですね
 当日私が登った四阿山山頂から妙高と高妻山の間当たりに
 雨飾が見えたのでしょうけれどよくわかりませんでした
 そろそろ、紅葉の季節も終わり
 次はどちら方面へ出かけられるのでしょうか?
 次の山行を楽しみにしております
【2011/10/23 23:25】 URL | noyama #B7q/.fmY [ 編集]

こんばんは devilmanさん
 妙高・火打に比べると 途中の景観からしても雨飾は地味な山と
思いますが、中高年の深田百名山好みの影響が反映されているようです。

 予報通り晴天の秋ということもありましたが、平日でも100人を
越えていたようですから、あの小さく狭い山頂ではオーバーユースでしょう。
 いつもコメントをありがとうございます。
【2011/10/24 00:40】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]

今年は地味な紅葉でした
 noyamaさん こんばんは
やはり 大白川村から先の252号線は不通で、浅草岳や鬼ヶ面山への
登山口まで入れなかったようですね、残念。

 いつもコメントをありがとうございます。
尾根伝いの隣の金山の様子も知りたかったこともあり、
地味な山でしたが久しぶりに山頂まで登りました。
ピークに立ったのは 夏の鳥海山以来のことでした。

 次は 冠雪の富士を眺めて歩くか、京都の丹後半島方面へ遠征して
氷ノ山でも・・・と考えております。

【2011/10/24 00:51】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


 金山はお花の山なのですか? 
もう○○年も前の夏山合宿で山田温泉の前を通り、ふうふう言いながら
金山・天狗原山・焼山・火打山を縦走しました。
行けども行けども頂上は遠く、花の名前を教えてくれる先輩の声さえ煩わしく
感じていました。(その時は・・・) ミズバショウとキヌガサソウがその時の
記憶に残る名前です。
でも今となればその辺りが私がお花に嵌った原点かも知れません??

その時に雨飾山の名前も知り、3年ほど前に下は紅葉、上は雪の雨飾山に立てた
のが嬉しかったです。

とても古い記憶を呼び戻して下さった記事に・・・ありがとうございました。

麓から笹が峰に抜ける林道?、1度通ってみたいと思いつつも、まだ行った事が
ありません。いつかその内・・・・・ 
【2011/10/25 05:50】 URL | キレンゲショウマ #- [ 編集]

Re.夏合宿の記憶
 学生時代の夏合宿、遠い日の想い出ですね。
私も文系の軟弱サークルでしたが、笹が峰で合宿の折、この牧場を基点に
山好きたちと妙高・火打と歩いた青春の日の記憶が伴う山塊です。

 もはや 過去を振り返ることの多い日常にあって、初めての峰に立つことは
明日に期待する気概をもたらしてくれる・・・、
そんな想いを大事にしたいと考えています。
 キレンゲショウマさん コメントをありがとうございました。
【2011/10/25 09:38】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/101-426f4e92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)