FC2ブログ
俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
雪山は2011年1月、
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ひまわり
IMG_3876.jpg photo by Mei (孫娘の作品)   写真はクリックして拡大してください

 「ひまわり畑が見たい」と 泊まりに来ていた孫娘Meiの頼みで、
5万本の花が見ごろを迎えた蓮田市の近郊を訪れた。

 外気温35度、厚化粧の暑苦しい同じ顔に 一斉に見つめられ、
一気に汗が噴き出す。

DSC01629.jpg DSC01630.jpg

 嬉々として写真を撮りまくる孫娘に付き添いながら、
妻も私も思い浮かべたのは マルチェロ・マストロヤンニとソフィア・ローレンの
イタリア映画「ひまわり」だった。
ロシアの広大な大地に地平線まで広がるひまわり畑・・・、
マンシーニの主題曲とともに甦る。

DSC01627.jpg


 あまりの暑さに 水辺が恋しくなり、道の駅「おおとね」のホテイアオイの群落、
羽生の淡水公園のミズカンナと食虫藻「ムジナモ」を見に立ち寄る。

DSC01636.jpg DSC01638.jpg DSC01639.jpg ホテイアオイ

DSC01641.jpg DSC01115_2018080311174526d.jpg ミズカンナ

DSC01647.jpg 貉藻 モウセンゴケ科の多年草・水生食虫植物

 男子の育児経験しかない私にとって ローティーンの女の子の扱いは難しい。
物言わぬメダカを買って帰った。

(2018.8.2 暑いひまわり畑)