FC2ブログ
俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
雪山は2011年1月、
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



飯豊山麓
DSC01609.jpg 雪解が始まった飯豊連峰 (写真はクリックして拡大してください)

DSC01608.jpg 梅花皮(カイラギ)岳(左)と北股岳(右)の間に石転び沢雪渓

 既に10余年も経過してしまったが、飯豊連峰の北麓(山形県側)の飯豊温泉から
石転び沢雪渓を攀じ、梅花皮岳へとりつくため、あれこれ準備したことがあった。
もはや この最大斜度40度、標高差1000mを超える石転び沢を登攀する体力は
ある筈もなく、ただただ懐かしさのみで 山形県小国町まで車を走らせた。
 
 米沢北ICで高速道を降り 日本海側村上市へ向け113号線を小国町へ。
小国で飯豊連峰北麓登山口飯豊温泉へ向け玉川に沿って地方道15号線を南下、
ここまでさいたま浦和から約400キロ。

DSC01583.jpg 飯豊温泉への道

 登山口の温身平(ぬくみだいら)にある飯豊山荘は 今年は何故か7月からの営業とかで
少し手前の川入で梅花皮荘に宿をとった。

DSC01593.jpg 風呂 源泉51.7度 硫酸塩温泉 掛け流し

DSC01590.jpg DSC01588.jpg 露天風呂とその眺め


 翌朝、宿の周辺を散策
DSC01595.jpg DSC01594.jpg 宿の前の玉川と梅花皮岳・北股岳

 その後、大嵓尾根を経て飯豊本山へ
       石転び沢雪渓から梅花皮岳へ
       梶川尾根から門内岳へ
       丸森尾根から頼母木岳へ  と主要4コースの登山口が集中する温身平へ。


DSC01596.jpg 温身平(ぬくみだいら)への道

落ちついたブナ林にハルゼミの声が降り注ぐ 温身平

DSC01584.jpg

DSC01585.jpg DSC01597.jpg DSC01601.jpg DSC01602.jpg
                   マタタビの白い葉                 梶川尾根登山口


 温身平の散策後、
雪解の飯豊連峰の全容を眺めたく 樽口峠へ向かった。

DSC01609 (1) 樽口峠から飯豊連山を臨む

DSC01603.jpg DSC01604.jpg DSC01605.jpg DSC01606.jpg
いさいぐら尾根の奥に飯豊本山                北股岳~門内岳
                 烏帽子岳・梅花岳~北股岳              小独峰と地神山
                
 
 飯豊本山から地神山まで 見事な稜線が連なる。
あの飯豊の星、イイデリンドウも咲きだしたことだろう。
歩けなかった稜線への想いは結構深い。
かっての計画書を繙きながら 眺めいるひとときであった・・・。

DSC01610.jpg 石転び沢を詰めた稜線鞍部の梅花皮山荘もまだ営業していないと聞く

 帰途は 日本海側に出て 新潟県村上市の東日本東北道荒川胎内ICから
磐越道郡山JC経由で帰宅。 往復走行 約900キロ。

(2018.6.25~26 未踏の嶺を眺める)


800px-Gentiana_nipponica_var__robusta_3.jpg 飯豊の星:イイデリンドウ (ウイキペディアより)





 










入笠山
 白銀の蝙蝠・・・、蒼穹の彼方に浮かぶ残雪の高嶺を眺めて
ひとり歩き続けた来し方の懐かしき日々を想い返そうと、
八ヶ岳と南アルプスの展望を求めて入笠山へ。

 途中の中央道SAで 白根三山を見上げるも
かなり雪解けが進み「白銀の蝙蝠」ならぬ「星ガラス」が翼を
拡げたような風情。
晴れてはいても梅雨入り間近とて 蒼穹とはいかず
水蒸気を多量に含んだ大気は 煙ったように重たげに澱んでいた。

DSC01533.jpg 白根三山(写真はクリックして拡大してください)



DSC01546.jpg  この入笠山(1955m)、最初に歩いたのは昭和30年代、
富士見高原のサナトリウムに入院中の叔母を見舞った折で まだゴンドラも無かった。
最近では7年前の残雪期にも。
今回は事前に山荘に連絡を入れ、御所平まで車で入る。

御所平 小景
DSC01578.jpg DSC01576.jpg DSC01579.jpg DSC01577.jpg
入笠山を仰ぐ         ズミの咲き乱れる牧場                カラマツ林


登山道 点描

 ズミが咲き誇り、カラマツが緑に芽吹き、サルオガセも生気に溢れ
薫風に靡いていた。

DSC01535.jpg DSC01536.jpg DSC01553.jpg DSC01562.jpg
白さが美しいズミ(コナシ)の花             カラマツにスカーフのように靡くサルオガセ


 山頂からは 中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳連峰そして富士山。
北アルプスは霞み肉眼でしか確認できなかった。

DSC01541.jpg DSC01542.jpg DSC01543.jpg DSC01550.jpg
中央アルプス         南アルプス         八ヶ岳             富士山

DSC01549.jpg 入笠牧場方面



御所平の花畑を抜け、入笠湿原へ。

DSC01558.jpg DSC01556.jpg DSC01560.jpg
花畑               スズラン           ツマトリソウ
 ヨーロッパではスズランを天国への階段(13階段)と言われるが、
本当に13個の小花をつけていた。


DSC01565.jpg DSC01563.jpg DSC01567.jpg DSC01568.jpg

DSC01570.jpg DSC01571.jpg DSC01575.jpg
クリンソウ                           テンナンショウ

 至るところ、頭上にズミ、足下にシロバナヘビイチゴが咲き、
レンゲツツジは蕾が大きく膨らんでいた。

(2018.6.3 歩く)