俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



羽生水郷
 海洋国家日本のなかで 奈良・滋賀・岐阜・長野・山梨・群馬・栃木
そして私の住む埼玉の8県が海に接していない いわば海の無い県である。
県北、利根川近くの羽生水郷にある「さいたま水族館」は
淡水魚ばかりを展示している個性的で小さな水族館。
埼玉の母なる河川、荒川をモデルに 上流域(イワナなど)、中流域(ウグイなど)、
下流域(アオウオなど) 約70種が展示されている。

 孫娘がまだ幼児の頃など 過去何回か訪れているが、
周辺の水郷公園の散策を兼ねて十年ぶりに訪れた。
ニッコウイワナ、ミヤコタナゴなど 日本的な美を楽しんだ後 水辺を散策。
「ミズカンナ」という珍しい外来種(アフリカ・北アメリカ原産)の湿生植物に出遭う。
その葉がカンナの葉と似ていることから名付けられたという。

DSC01114.jpg DSC01115.jpg ミズカンナ

羽生水郷の水辺

DSC01111.jpg DSC01116.jpg DSC01113.jpg


(写真はクリックして拡大してください   2017.7.9)